無印良品週間10%OFFクーポンから見える無印良品ネットストアへの意気込み



 
後から大量にメールが届くのが嫌で避けていた無料メルマガという媒体、無印良品のメルマガ会員に珍しくなりまして、すごく勉強になりましたので備忘録として残させて頂きます。

近年はLINEでの集客が主流になりはじめていますが、まだまだメールマガジンという媒体での集客は行われています。

なぜ私は無印良品のメルマガ会員になったのか、まずはその理由からです。

スポンサードリンク

無印良品のメルマガ会員になった理由

そりゃあ、何のメリットもないのに後から「ただいま安いですよ!」的なメールが届くであろうメルマガ会員にはなりません。未読メールが増えて作業効率が落ちるのもめんどくさいですからね。

ではなぜメルマガ会員なったのか?

それはタイミングです。恋愛と同じですね。フィーリング、タイミング、ハプニング。恋愛における重要な三大要素です(今だけは恋愛コンサルタントでいさせてくれ)

ここから少し私事となりますが、布団カバーに謎の汁やらが付着していることに気が付きまして、なんてこったい、お母さんが遊びに来たらマジで怒られるということで、これを機に変えることにしました。

持っている布団カバー全部、ついでにバスタオルも全部(スポーツで言う若手主体に変える感覚です)

 
で、価格は1万円くらい。この価格を提示されると同タイミングでレジのお姉さんに10%OFFになるという言葉を聞かされちゃあマジでなんてこったい状態です。1万円の10%OFFってことはすげえ安くなるじゃねえかと!これは行くしかねえと!

たった1,000円じゃねえかと思った人はこの本を読みましょう。

 
by カエレバ
 
 

無印良品ネットストア

で、無事10%OFFクーポンを手に入れました。
 
 
で、無事メルマガも届きました(来るな!(○ノ`・_●・)ノ⌒)
このメールマガジンを見て気付きましたよ。恥ずかしながらこのメールマガジンを見るまで、メルマガの内容は実店舗の内容だと思っていましたが、ネットストアの内容でした。(クーポンにMUJI.netと記載済み)

お姉さん、静かにしろい。俺には10%OFFしか見えねえ状態だったのでしょう。

個人的には、ネットストアの会員になることで実店舗の価格が10%OFFになるというのは意外で、ネットストアの会員を集めるためにそこまでする必要があるのか、という印象を受けました。

ということで、少し調べてみました。

無印良品週間10%OFFの歴史は長い

まず行き着いたのはこちらのサイトです。
 

無印良品週間10%OFFの法則 – SNAPMAN


結構昔からやってるんですね。2003年というと自分が高校生の時代だったのですが、実店舗の無印はよく行っていたのですが、ネットショップは知りませんでしたね。

以下、上記サイトより引用。無印商品週間がいつ、どの時期に行われたのか丸分かりです。開催されすぎワロタ(笑)

 
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年            
2012年          
2011年          
2010年          
2009年          
2008年          
2007年          
2006年          
2005年    
2004年        
2003年            
 

次に行き着いたのが株式会社良品計画のWEB事業部長奥谷孝司さんのインタビュー記事です。

色々勉強になるというか、再認識させられることが書いてありました。
 

ネットストアは過去十年間にかけて、売上は右肩上がりで伸びてきました。ただ、2006年くらいから成長率が落ちてきました。これまでの売上の伸び方というのは、広告にお金をかけ、そして「無印良品週間」という10%OFFキャンペーンをはじめとするイベントでどんどん会員を増やしてきたことで成り立っていました。

 
自分が知らないうちに売上げは右肩上がりで、自分が知らないうちに成長率が落ちていたみたいです。そこから10%OFFキャンペーン、twitterやFacebookなどのソーシャルメディアの活用で挽回したようですが、2006年くらいに行ったことも興味深いですね。
 

弊社には「6:4の法則」という指標があります。ネットストアの会員数は290万人ですが、過去二年間のうち一回でもネットストアで買い物をしたことがある人は4割しかいないのです。つまり、6割の人は過去二年間に渡って買い物をしていない。さらに、アクティブユーザーは15~16%程度です。つまり、ほとんどの人が無印良品の商品をネットストアでは買っていないということです。その理由として、配送料がかかることや、全国に無印良品は約360店舗もあるので、ネットでわざわざ買わなくても実際にお店に行く方が早いということが挙げられます。それにも関わらず、今までのネットストアはCRMに力を入れず、受身の姿勢でした。

 
日本全国に展開している無印良品ならではの悩みで、店舗が全国に360もあるからわざわざネットで買う必要はない。同じネットショップでもアマゾンとは違い、MUJI.netは無印の商品を買うという前提条件が付くために、店舗が全国に360もあるからわざわざネットで買う必要はない、が成り立つのだと納得しました。
 

最近の取り組みとして、今年の6月に有楽町店で実施した「FUKU-BIKI(福引)キャンペーン」があります。店舗でバーコードをかざすと、福引が一回できます。また、引き換えた参加券は、 3,000円以上のお買い物の際に10&OFFになるクーポンとして使うことができる、というものです。なんと一店舗だけで1700万円の売上が出ました。クーポンの使用率は77.3%にも上りました。また、キャンペーンに参加してくれたお客さんの客単価はとても高いということも分かりました。

 無印良品ネットストアにおけるCRM戦略

さらに調べていくうちに上記でインタビューを受けていた株式会社良品計画のWEB事業部長奥谷孝司さんが作成されたPDFファイルを見つけました。こちらも合わせて読むと勉強になります。

こういった企業の集客プラン的な資料を見ると、自分のやっていることなんて遊びなんだなと思っちゃいますね。簡単に言うと、そこまでガチで考えてねえ、ってやつでしゅ。

 
上記のPDFファイル9ページ目の「60%以上がネットを利用しないのにメンバーでいてくれているという事」っていう幽霊会員に対する感謝の念、前向きな姿勢には笑えました。

余談ですが、スポーツジムの運営では、いかにこの幽霊館員を増やすことが出来るか、が鍵になっているようです。特に退会率の少ない高齢者。スポーツジムは月額課金なんでそりゃ重要ですね。


スポンサードリンク

関連記事

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ