レターパックライトとプラスのスピードは速達並み?お届け日数の検証




追加料金を払って速達にするというオプションがないレターパックライトとレターパックプラス。巷ではレターパックの配達スピード、配達日数は速達と同等の速さと言われていますが実際のところどうなのか。これを検証しました。

検証に入る前にレターパックライトとレターパックプラスの違いですが、以下のようになっています。大きな違いは料金がレターパックライトは全国どこに送っても360円、レターパックプラスは全国どこに送っても510円という点です。

名称 料金 サイズ 重量 厚さ 配達方法
レターパックプラス 一律510円 A4 4kg以内 無制限 対面手渡し
レターパックライト 一律360円 A4 4kg以内 3cm以内 ポスト投函

この違いがもたらすものが、今回の検証で分かるはずです。

スポンサードリンク


検証方法

レターパックライトとプラスは本当に速達並みの速さで届くのか、これを検証するために使用したものが、郵便局公式の「お届け日数の検索結果」です。



上記の情報を使用し、10パターンほど速達で送られたものとレターパックで送られたものを比較すれば、レターパックライトとプラスは本当に速達並みの速さで届くのかが分かるはずです。

検証結果

以下、東京都(23区内)、午前中に差し出した場合の速達利用の郵便物(手紙・はがき・大型郵便物)、レターパックプラス、それぞれのお届け日数です。比較用にゆうメールを速達ではなく通常発送した場合の日数も入れています。

差出元 差出先 速達利用の郵便物 レターパックプラス ゆうメール
東京都 北海道 翌日午前 翌日午前 翌々日
東京都 宮城県 翌日午前 翌日午前 翌日
東京都 神奈川県 翌日午前 翌日午前 翌日
東京都 新潟県 翌日午前 翌日午前 翌日
東京都 愛知県 翌日午前 翌日午前 翌日
東京都 大阪府 翌日午前 翌日午前 翌日
東京都 広島県 翌日午前 翌日午前 翌々日
東京都 香川県 翌日午前 翌日午前 翌々日
東京都 福岡県 翌日午前 翌日午前 翌々日
東京都 沖縄県 翌日午前 翌日午前 翌々日

まとめ

1.レターパックプラスのスピードが速達並みであることは間違いない。

2.お届け日数の検索結果に正確な日数表示がなく、レターパックライトのスピードが速達並みであるという保証はない。(一般的に速達並みの日数で送られることもあれば、上記ゆうメールと同様の日数で送られることがある)

関連:レターパックの専用封筒を安く大量に買う方法


スポンサードリンク


関連記事

29ゆうパックは速達で送れる?郵便局から速達で発送出来る郵便サービス
03日本郵便のレターパックプラスとレターパックライト 改善点と疑問点が混在している
レターパックライトレターパックの専用封筒を安く大量に買う方法
メール便と同じ安い料金で3cmまで送れるクリックポスト
31郵便物の受け取りを拒否する方法!ハガキ、ゆうパック、ゆうメール等
213速達を超える!ヤマト運輸のクロネコ宅急便を翌日の朝に届ける方法
28クロネコメール便を速達で送って翌日に届けるための時間と距離
133エクスパックが完全に終了!2015年4月1日から払い戻し不可能に
1-vert8使わなくなったレターパックを切手に交換する方法とその手数料
レターパックライト350円と500円のレターパックに切手を貼り増税後も使う方法

Amazonの人気記事

Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 Amazonタイムセールの開催スケジュール Amazonのあわせ買い対象商品を簡単に探す方法 Amazonポイント還元対象商品を検索する方法 Kindle本を安く買うためにブックマークしたい情報

今年最後の楽天スーパーセール


この記事を共有する

このページの先頭へ