ゆうパックなど日本郵便から貴重品や現金を送る方法とその補償




郵便局から送ることが出来る日本郵便のゆうパックや普通郵便で貴重品や現金を送る方法とその補償についてです。

数十万円もする商品を宅配便で送るというのは誰にとっても不安なものです。そんな不安を少しでも解消するため、事前に発送事故を限りなく減らすため、日本郵便の発送サービスを使って貴重品を送る際に気をつけておくべきポイントをご紹介します。

郵便受けに届けられた郵便物の盗難、運送中の郵便物破損、など発送事故の事例は沢山あります。どんなに安い郵便物でもこのような被害には遭いたいわけもなく、ましてや貴重品の場合は絶対に避けたいところです。

スポンサーリンク

損害賠償の対象にならないサービス

まず事前に知っておくべきポイントが、日本郵便のサービスの中には万が一発送事故に遭っても損害賠償を受けることが出来ないものがあります。

補償がないサービス 補償があるサービス
× 定形郵便 ○ ゆうパック
× 定形外郵便
× レターパックライト
× レターパックプラス
× ゆうメール
× クリックポスト
× ゆうパケット

定形郵便、定形外郵便、レターパックライト、レターパックプラス、ゆうメール、クリックポスト、ゆうパケットに何のオプションも付けずに通常発送し発送事故に遭った場合、損害賠償を受けることが出来ません。

レターパックプラスを除く上記サービスは、玄関先の手渡しではなく、郵便受けに届けられるという貴重品を送るには非常に危ない特徴があります。

何のオプションも付けなくてもゆうパックの場合は30万円までの補償が付いており、ゆうパックはレターパックプラスと同様に玄関先での対面手渡しで非常に安全な送り方であることが分かります。

セキュリティサービス

セキュリティサービスはゆうパックを対象としたオプションの補償サービスです。

ゆうパックの場合は30万円までの補償が付いてくるのですが、通常の運賃に加えて370円を支払うことにより、その損害賠償額を50万円まで増やすことが出来ます。

セキュリティサービスを付与した郵便物の金額が50万円以下の場合は、50万円ではなく、その郵便物の金額分補償されます。

ゆうパックを送ることが出来るローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニでこのサービスを利用することが出来ません。セキュリティサービスを付与する際は集荷または郵便窓口を利用しましょう。

また、セキュリティサービスを付与した商品でも複数口割引、郵便局への持ち込み割引は適用されます。

関連:ゆうパックセキュリティサービスの料金・伝票・着払いなど基本的なやり方

現金書留

現金書留は補償を付与するものではなく、現金を日本で唯一送ることが出来る送り方です。

サービス 現金書留の料金
定形郵便定形外郵便 運賃+430円(10万円以上は5,000円ごと+10円)

こちらは現金を送る場合専用で、それ以外の郵便物には対応していません。

入学祝いなどのお祝い金を送る場合、フリマアプリやネットオークションで送料の不足分や返金代金を送る場合に利用されています。

現金書留の損害賠償額は50万円までですが、補償額の申し出をしなかった場合は1万円となってしまうため、事前に申し出を行う必要があります。

関連:コンビニで買える?現金書留の専用封筒を手に入れる方法

一般書留

定形郵便、定形外郵便、ゆうメールを対象とした補償サービスです。

サービス 一般書留の料金
定形郵便定形外郵便 運賃+430円(10万円以上は5万円ごと+21円)
ゆうメール 運賃+370円(10万円以上は5万円ごと+21円)

一般書留はゆうパックのセキュリティサービスと同様のサービスで、郵便物が破損した場合、盗難にあったりして届かなかった場合にその金額を補償してもらうことが出来ます。

一般書留の損害賠償額は500万円までですが、補償額の申し出をしなかった場合は10万円となってしまうため、事前に申し出を行う必要があります。

簡易書留

定形郵便、定形外郵便、ゆうメールを対象とした補償サービスです。

サービス 簡易書留の料金
定形郵便定形外郵便 運賃+310円
ゆうメール 運賃+310円

一般書留や現金書留に比べて安く、簡易書留の損害要償額は5万円までとなっており、5万円以内の貴重品を送る場合には簡易書留を利用することになります。

通常の普通郵便は平日と土曜日だけの配達なのですが、現金書留、一般書留、簡易書留は日曜日や休日も配達されます。

また、現金書留・一般書留・簡易書留どれも補償以外に配送中の荷物が今どこにあるのか追跡機能が付くため、荷物の受取人は安心して荷物を受け取ることが出来ると言えます。

関連:料金や賠償額など簡易書留と一般書留の違い


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

速達郵便ゆうパックは速達で送れる?郵便局から速達で発送出来る郵便サービス
郵便配達土曜日や日曜日や祝日でも配達される日本郵便のサービス一覧
郵便局本人以外開封禁止にする本人限定受取郵便で送る方法とその受け取り方
NO郵便物の受け取りを拒否する方法と受け取り拒否されたときの対処法
カレンダー配達日指定で郵便局からゆうパックや定形外郵便を送る方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ