次回はいつ?楽天スーパーセール開催時期の傾向と分析




2014年には流通総額644億円を叩き出すまでになり、知名度も高まってきた楽天市場が開催する大規模セール「楽天スーパーセール」の開催時期についてです。

2014年3月に開催された楽天スーパーセールでは、コンタクトレンズ520万枚、トイレットペーパー約41万ロール、お米952トンと、その数字を見ただけでその売れ行きはとんでもないものであることが分かります。

過去の楽天スーパーセールの開催スケジュールを一覧化してみたところ、その開催時期にはある法則が存在することが分かりました。

スポンサードリンク

過去の楽天スーパーセール開催スケジュール一覧

年度 期間
2012年 3月4日(日)0:00~3月4日(日)23:59
2012年 6月3日(日)0:00~6月4日(月)01:59
2012年 12月2日(日)0:00~12月4日(火)01:59
2013年 3月3日(日)0:00~3月5日(火)01:59
2013年 6月2日(日)0:00~6月5日(水)01:59
2013年 9月1日(日)0:00~9月4日(水)01:59
2014年 3月2日(日)0:00~3月6日(木)03:59
2014年 6月1日(日)0:00~6月5日(木)03:59
2014年 8月31日(日)0:00~9月3日(水)01:59
2014年 11月30日(日)0:00~12月3日(水)01:59
2015年 3月1日(土)0:00~3月5日(木)03:59
2015年 5月30日(土)19:00~6月4日(木)01:59

楽天スーパーセール開催時期の傾向

最初の楽天スーパーセールは2012年3月4日に1日限定のセールとして開催されました。

これまでの開催時期の傾向としては、毎年3月・6月・9月・12月と3倍数となる月の第一週目の日曜日(開始時間0時)から開催されているため、今後もこのスケジュールが続くと予想されます。

期間については年々増えている傾向があり、2012年は1日限定から3日間という期間でしたが、2014年には5日間まで増えました。

他にも終了時間帯も伸びています。2013年には1時59分という終了時間が続いていたのですが、2014年にはこれが3時59分まで伸びました。

3月・6月・9月・12月に開催される理由

物販の世界ではモノが売れないニッパチ(2月・8月)という言葉が存在します。

2月にモノが売れない理由として、12月のクリスマスや1月の正月といった購買意欲が年間を通して最大に高まる月の反動で出費を抑えようとし、購買意欲がどうしても落ち込んでしまうと言われています。

また、2月は他の月に比べると日数が少ないため、どうしても月商という観点ではその数字は落ちてしまいます。

8月にモノが売れない理由として、お盆休みという長期休暇がある点と熱さによる購買意欲の低下が挙げられています。

もちろんジュースやアイスはよく売れる時期です。

このニッパチ(2月・8月)はあくまで傾向であるため、すべての業界がそうだとは限らないのですが、楽天スーパーセールの開催月は見事にこのニッパチ(2月・8月)が避けられています。

現在開催中の楽天スーパーセールをチェックする


スポンサードリンク

関連記事

メール楽天から大量に届く迷惑メールの配信を停止する方法
箱楽天市場で買った商品を駅のロッカーで受け取ることが出来る楽天BOX
money楽天スーパーポイントを使って全額支払う際の消費税と送料
本新品が送料無料で半額!楽天ブックスのバーゲン本の探し方
楽天楽天スーパーセールのポイントが付与される時期・タイミング

楽天市場


当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ