Amazonギフト券のおつりは貰えるのか




これまでの商品券というとお釣りが貰えないものが一般的でなんとしてもその商品券の金額ギリギリの買い物をする必要がありましたが、Amazonギフト券は金額ギリギリまで買い物をする必要はありません。

Amazonギフト券の場合はこれまでの商品券と同様にお釣りはもらうことが出来ませんが、Amazonのアカウントに登録することでギフト券使用後の残高を今後の買い物で使用することが出来ます

Amazonギフト券を貰った場合や購入した場合はまずは自分のアカウントに登録しましょう。まだAmazonのアカウントを持っていない人は無料で登録することが出来るのでこれ機に登録しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

Amazonギフト券の登録方法



1.Amazonのアカウントサービスにアクセス

AmazonのアカウントサービスはAmazonの会員の人が注文した商品の確認などを行うことが出来るページで、またAmazonに登録していない人は上記のページにアクセスし、「初めて利用します」から登録することが出来ます。

2.支払い方法の設定(クレジットカード・Amazonギフト券)欄にある「アカウントに登録する」をクリック

3.Amazonギフト券番号を入力し「アカウントに登録する」ボタンをクリック

ここに登録しておくことで、5000円のAmazonギフト券で2000円の商品を購入した場合は残高として3000円残ります。

Amazonギフト券は100円単位や1000円単位でしか使えないというわけではなく、1円単位で使えるためかなり便利です。

注意点としてAmazonギフト券ではなく、商品代金が割引されるクーポンコードについては支払い時に入力するものなのでアカウントに登録することは出来ません。

また、Amazonギフト券には1〜3年ほどの有効期限があり、その期間はギフト券のタイプ(カードタイプやレシートタイプなど)によって違いますので事前に確認しておくと良いでしょう。

関連:Amazonギフト券の残高と有効期限を確認する方法

商品券におつりが出来ない理由

Amazonギフト券は使用後の残高を次回の買い物で使うことが出来ますが、商品券の中には1000円の商品券で100円の商品を購入してもお釣りが貰えないものがあります。

その理由は商品を販売しているデパートなどからすると、入ってくるものが商品券であって現金ではないため、現金でのお釣りを渡してもお店側に何のメリットがないからです。

また、その商品券をお店側が現金に換金しようとするといくらか手数料が取られてしまうのです。

関連:Amazonギフト券をクレジットカード支払いで買う方法


スポンサードリンク

関連記事

amazonギフト券コンビニやイオンなどAmazonギフト券を買える場所8個
amazonギフト券Amazonギフト券の残高と有効期限を確認する方法
amazonギフト券Amazonギフト券とAmazonポイントの違い4個
amazonギフト券Amazonギフト券をクレジットカード支払いで買う方法
amazonギフト券Amazonギフト券の使い方!アカウント登録が必要
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ