韓国企業?eBay?Qoo10の運営企業について




ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10(キューテン)の運営会社についてです。

販売されている商品を見ているとやけに韓国コスメや韓国ファッションといった商品が多いことに気付きます。またページデザインも楽天市場やヤフーショッピングのような国内の同業他社と比べても何となく違うなと感じます。

どこの国の企業なのか確認しようとしても、Qoo10の運営者情報として載っているものとしては運営会社は「ジオシス合同会社」、運営統括責任者は「金 孝種」、所在地は東京都港区となっており、ホームページ上にはどこにも日本の企業とも外国の企業とも書かれていません。

スポンサードリンク

運営は韓国人とeBayの合弁会社

韓国にはGmarketと呼ばれる大手の通販サイトがあります。日本で言えば楽天のようなものです。

日本のQoo10、つまり運営会社であるジオシス合同会社は、このGmarketの創業者であるク・ヨンベと米国の大手オークションサイトeBayが約50%ずつ出資する形で日本法人を設立したものになります。

元々はGmarketの流れを汲む日本法人でしたので日本でもGmarketという名前で運営されていましたが、その後Qoo10と名前を変え現在に至ります。名前の変更に際してGmarketから内容の変更はありませんでした。

そんなわけで本家のGmarketで出品をしている韓国企業がQoo10でも多く出品しているので、Qoo10では韓国コスメや韓国ファッションに関する商品が非常に多く、また発送元が韓国であることもよくあるということです。

GmarketとeBayの関係

韓国の本家Gmarketは元々韓国の企業でした。通販事業で成功し、アメリカの株式市場NASDAQにするほどの成長を見せました。

しかしその後、米国大手オークションサイトeBayに買収され子会社となりました。

そのため現在は韓国のGmarketを運営しているのはeBay KoreaというeBayの韓国法人となっています。

また日本のQoo10は元々Gmarketという名前でしたが、Gmarketの創業者とeBayの合弁企業ですので実はeBay Koreaや韓国のGmarketの子会社や分社というわけではありません。

ちなみに日本法人と同時期にシンガポールにも現地法人が作られており、こちらも出資者は日本法人と同様にク・ヨンベとeBayです。

Qoo10のサイト自体はその2か国に加えインドネシアやマレーシア、香港や中国でも開設され運営されています。

楽しいショッピングを!【Qoo10】(旧:Gmarket)


スポンサードリンク

関連記事

iphoneQoo10の対象年齢!20歳未満の未成年への年齢制限など
ハピタス経由でQoo10を利用する方法とメリット
プレゼントQoo10の料金がお得になる割引クーポンの獲得方法と使い方
現金Qoo10のQmoneyでの支払方法とチャージ方法
ペンQoo10で領収書を発行してもらう方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ