ヤフネコパックの宅急便とはこBOONの比較




ヤフオクとヤマト運輸(クロネコヤマト)が連携し、ヤフオクでヤマト運輸のサービスを通常料金よりも安く送ることが出来るヤフネコパックの宅急便とはこBOONの比較についてです。

ヤフネコパックもはこBOONもYahoo!とヤマト運輸が提携したサービスであり、ファミリーマートから発送できるという点が共通の配送方法です。

またヤマト運輸の宅急便や日本郵便のゆうパックなど「宅配便」のカテゴリーに属する配送方法は国内にいくつかありますが、はこBOONはその中でも梱包サイズに依らず重量でのみ料金が決まるという独自の料金体系の宅配便となっています。

ヤフネコパックの宅急便とはこBOONは料金的にもかなり近いものがあるため、それぞれの特徴を確認し発送したい商品にはどちらが適しているのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

サイズと重量の比較

ヤフネコパックの宅急便とはこBOONで発送できるサイズと重量の一覧です。

宅急便では縦横高さの3辺を合計したサイズで価格が決定します。また上限重量もそれぞれのサイズ規格に対応して設定されており、サイズと重量の両方の項目を満たすサイズ規格がその商品の発送サイズとなります。

一方ではこBOONでは料金は重量のみで変化し、梱包のサイズは3辺合計160cmまで発送することができます。

以下がそれぞれのサイズと重量の一覧です。

宅急便
60サイズ:3辺合計60cmまで 2kgまで
80サイズ:3辺合計80cmまで 5kgまで
100サイズ:3辺合計100cmまで 10kgまで
120サイズ:3辺合計120cmまで 15kgまで
140サイズ:3辺合計140cmまで 20kgまで
160サイズ:3辺合計160cmまで 25kgまで

はこBOON
2kg:3辺合計160cmまで 2kgまで
5kg:3辺合計160cmまで 5kgまで
10kg:3辺合計160cmまで 10kgまで
15kg:3辺合計160cmまで 15kgまで
20kg:3辺合計160cmまで 20kgまで
25kg:3辺合計160cmまで 25kgまで

宅急便の60サイズとはこBOONの2kg、80サイズと5kgなどそれぞれが対応していますが、はこBOONのサイズ規格は宅急便のサイズ規格から3辺合計の制限を取り除いたような設定となっているため、言ってしまえばはこBOONの規格は宅急便の完全上位互換となっています。

ですのでこの点では、はこBOONの方が優れているといえます。

送料の比較

以下に挙げるのは一例として東京から各地へ発送する場合の各サイズごとの配送料金の一覧です。

ヤフネコパック宅急便
60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ
北海道 896円 1112円 1307円 1523円 1728円 1933円
東北 594円 799円 1004円 1210円 1415円 1620円
関東 486円 799円 1004円 1210円 1415円 1620円
信越 594円 799円 1004円 1210円 1415円 1620円
北陸 594円 799円 1004円 1210円 1415円 1620円
中部 594円 799円 1004円 1210円 1415円 1620円
関西 691円 896円 1112円 1307円 1523円 1728円
中国 799円 1004円 1210円 1415円 1620円 1825円
四国 799円 1004円 1210円 1415円 1620円 1825円
九州 1004円 1210円 1415円 1620円 1825円 2030円
沖縄 1112円 1307円 1523円 1728円 1933円 2138円

はこBOON
2kg 5kg 10kg 15kg 20kg 25kg
北海道 906円 1112円 1317円 1523円 1728円 1935円
東北 597円 803円 1008円 1214円 1421円 1626円
東京 494円 701円 906円 1112円 1317円 1523円
関東 597円 803円 1008円 1214円 1421円 1626円
信越 597円 803円 1008円 1214円 1421円 1626円
北陸 597円 803円 1008円 1214円 1421円 1626円
中部 597円 803円 1008円 1214円 1421円 1626円
関西 701円 906円 1112円 1317円 1523円 1728円
中国 803円 1008円 1214円 1421円 1626円 1831円
四国 803円 1008円 1214円 1421円 1626円 1831円
九州 1008円 1214円 1421円 1626円 1831円 2037円
沖縄 1112円 1317円 1523円 1728円 1935円 2140円

60サイズ = 2kg、80サイズ = 5kg、100サイズ = 10kg、120サイズ = 15kg、140サイズ = 20kg、160サイズ = 25kgとして両者を対応させた場合、全体的に数円ずつ程度ヤフネコパックの宅急便の方が安くなっています。

県外同エリア(東京の例だと東京都以外の関東)へ60サイズ2kg以下の商品を発送する場合だけ100円程度ヤフネコ宅急便が安くなっています。

しかし軽量大型の商品の場合、例えば3辺合計120cmで5kgのような商品の場合、宅急便では120サイズですがはこBOONでは5kg規格ですので圧倒的にはこBOONの方が安くなります。

逆に重量小型商品の場合、例えば3辺合計80cmで20kgのような商品の場合、宅急便では140サイズですがはこBOONでは20kg規格ですので、配送料にほとんど差はありません。

ですので一概には宅急便の方が安いといえないどころか、はこBOONの方が安くなることの方が多く料金的にもはこBOONの方が優れている可能性が高いといえます。

発送手続きの手間の比較

続いて発送手続きの手間の比較です。ヤフネコパックもはこBOONもどちらもYahoo!とヤマト運輸とファミリーマート(ヤフネコはファミマ発送の場合)が提携しているサービスですので手続きは似ているところが多いです。

それぞれの手続きの概略は以下の通りです。

ヤフネコ宅急便

氏名や住所は自動入力。ただし発送は営業所またはコンビニへの持ち込みが必要かつ端末を操作して自身で送り状を作成する必要あり。支払いはヤフオクのシステム手数料として計上されYahoo!ウォレットから支払う。

はこBOON

氏名や住所は手動入力。ただし発送はファミリーマートへの持ち込みが必要かつ事前にインターネットで商品登録を行った上でFamiポート端末を操作して自身で送り状を作成する必要あり。支払いはYahoo!ウォレットから支払う。

どちらの場合でも手間自体はそこまで大きく変わりませんが、若干はこBOONの方が手間がかかるといえます。

またヤフネコパックはファミリーマートなどのコンビニまたはヤマト運輸の営業所から発送できるのに対し、はこBOONは発送拠点がファミリーマート限定ですので、近隣にファミリーマートがないという場合にははこBOONの発送の手間が大幅に上がります。

関連:ヤフネコパックをヤマト運輸の営業所から送る方法

その他の差異

ここまで挙げてきたもの以外の差異で大きいものとしては、配送日数が挙げられます。

東京から関東など近隣への配送の場合には、どちらを利用しても発送の翌日には配達されます。

しかし東京から沖縄、東京から北海道のように距離がある場合にはかなり差があります。

ヤフネコパックの宅急便の場合、どれだけ距離があっても発送の翌々日には到着します(離島や山間部を除く)。

しかしはこBOONの場合、東京→沖縄の場合には約10日、東京→北海道でも4日程度かかります。

これはヤフネコパックは航空運輸をしているのに対し、はこBOONは全て陸送および海送ですので沖縄などに商品を届ける場合には大幅に差が開くという訳です。

補償や追跡という部分では大きな差はありません。

関連:ヤフネコパックの配送日数!土曜日・日曜日・祝日の配達についても

それぞれの使い分け

ヤフネコ宅急便とはこBOONの大きな差は料金体系と配送日数の差です。

軽量大型の商品、例えばバルーンアートを膨らませたまま運ぶ場合や冬物衣類の配送に関しては料金に大きく差が開きますので、はこBOONがおすすめです。

またそこまで露骨に軽量という訳では無くても、大きさの割に軽いという商品であれば、はこBOONの方が安くなることが多いです。

しかし配送距離がある場合には配送日数の違いが顕著になるのでヤフネコパック宅急便を利用した方がいいこともあります。特に本州から沖縄や北海道の場合にはヤフネコ宅急便をお勧めします。

関連:ヤフネコパックの宅急便の出品方法・送り方・料金


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

ヤマト運輸ヤフネコパックで送れるものと送れないもの
カレンダーヤフネコパックの配送日数!土曜日・日曜日・祝日の配達についても
電話ヤフネコパックの問い合わせ先の電話番号とメールアドレス
ヤマト運輸ヤフネコパックをコンビニ受け取りか営業所止めで送る方法
amazonダンボールヤフネコパックの梱包方法と専用ボックスの購入方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ