かんたんフリルパックをコンビニのファミリーマートから送る方法




iPhoneやAndroidといったスマートフォンで利用することが出来るフリマアプリのフリル(fril)の出品者限定で利用できる格安の配送方法のかんたんフリルパックをコンビニのファミリーマートから発送する方法、料金、そしてFamiポートの操作方法についてです。

かんたんフリルパックは、ヤマト運輸とフリルが提携した配送サービスです。

内容としては、ヤマト運輸の既存のサービスである「ネコポス」「宅急便」「宅急便コンパクト」の三種類の配送方法をフリルの出品商品に限り通常価格よりもかなり格安で利用できるというものです。

発送できる場所としてはヤマト運輸の営業所だけでなくコンビニ(ファミリーマート、サークルKサンクス)からも発送することができます。

ヤマト運輸と提携しているコンビニでもセブンイレブンやデイリーヤマザキやポプラといったコンビニからは発送できない点には注意が必要です。

これらの発送拠点のうち、特にファミリーマートは店舗数も多く、またサークルKサンクスが順次ファミリーマートへと変更されていくことも決まっているため、かんたんフリルパックを利用するのであれば是非とも押さえておきたい発送元であると言えます。

スポンサーリンク

かんたんフリルパックをファミリーマートから発送する方法

かんたんフリルパックをファミリーマートから発送する手順は、営業所からの発送方法と端末の操作が違う程度の差しかありません。

またネコポス、宅急便コンパクト、宅急便による違いもほぼありません。

宅急便コンパクトは発送のために専用ボックスが必要となりますが、ヤマト運輸の営業所だけでなくファミリーマートでも購入することが可能です。

具体的な出品からの手順は以下の通りです。

1.商品を出品する際に配送料の負担者の項目で「送料込み(出品者が負担)」を選択し、発送方法の項目で「かんたんフリルパック」を選択する

かんたんフリルパックは送料負担者が出品者である場合のみ利用できる発送方法ですので、「送料込み(出品者が負担)」を選択します。

これを選択すると発送方法で「かんたんフリルパック」を選択できるようになりますので選択しましょう。

2.他の項目を入力し、出品を完了する

その他の項目に関して、注意点としては出品価格が挙げられます。かんたんフリルパックを利用する際には、それぞれの発送方法に応じて最低出品価格が設定されており、それ以下の価格で出品し購入されてしまった場合にはかんたんフリルパックを利用することができません。

最低出品価格は、宅急便だと1500円、宅急便コンパクトだと450円、ネコポスはいくらで出品しても大丈夫です。この点にのみ気を付けて項目を入力し、出品を完了させましょう。

3.商品が購入され、支払いが完了したら取引画面からQRコードを作成する

購入者が支払いを完了したら、取引画面からQRコードを作成します。

QRコードは「発送方法」と「発送場所」を選択すると自動で生成されます。ここでは発送場所は「ファミリーマート」を選択します。

4.現地へ商品とスマホを持って行き、端末を操作して商品を発送する

商品を梱包し、先ほど生成したQRコードを表示できるスマホと共に発送場所であるファミリーマートへ持って行き、現地でFamiポート端末を操作して商品を発送します。

代金は売上金から天引きされますので、間違って現地で支払わないように注意しましょう。

以上が具体的な手順となります。

Famiポートの操作方法

かんたんフリルパックを送るためのFamiポートの操作方法は以下の通りです。

1.トップ画面から「配送サービス」をタップします。

2.FRILの表記がある「ヤマト運輸」のボタンをタップします。

3.QRコードを読み取らせます。

4.送り状内容が表示されますので、確認して「OK」をタップします。

5.申込券が出力されますので、商品と券をスタッフに渡します。

かんたんフリルパックの料金

かんたんフリルパックをファミリーマートから発送するのに特に追加料金などはかかりません。どの配送方法も配送距離に関係なく一定料金です。宅急便のみサイズによる価格の差があります。

ネコポス:210円(税込)

宅急便コンパクト:380円(税込)+専用ボックス65円(税込)

宅急便60サイズ(2kgまで):580円(税込)
宅急便80サイズ(5kgまで):680円(税込)
宅急便100サイズ(10kgまで):900円(税込)
宅急便120サイズ(15kgまで):1000円(税込)
宅急便140サイズ(20kgまで):1200円(税込)
宅急便160サイズ(25kgまで):1300円(税込)

注意点として、宅急便は各サイズ重量による制限があります。例えば梱包サイズが60サイズであっても重量が5kgであれば80サイズの料金となりますし10kgであれば100サイズの料金となります。

はこBoonとの使い分け

ファミリーマートでは、かんたんフリルパック以外にもはこBoonという配送方法を取り扱っています。

はこBoonは、Yahoo!とヤマト運輸とファミリーマートが提携した配送サービスです。

宅急便やゆうパックは、配送エリアと商品の大きさと重量によって配送料金が決まる仕組みになっていますが、はこBoonに関しては配送エリアと重量のみによって価格が決まるという点が他のサービスと大きく異なる点であり、また全体的な価格も比較的安めに設定されています。

関連:はこBOONの送り方

しかしかんたんフリルパックと比べてみた場合、はこBOONよりかんたんフリルパックの方が安く使いやすいサービスとなっています。

ただし商品の大きさは関係ないというはこBoonの性質上、バルーンアートのような大きさの割に重量が非常に軽いという商品の場合にははこBoonの方が安くなる場合が多いです。

また、それ以外でも60サイズ(はこBoonはサイズではなく2kg以下)、同県内の配送という条件であればはこBoonの方が安いです。

この例外以外ではかんたんフリルパックを利用した方が安くなりますので、基本的にはそちらを使う方が良いでしょう。

関連:かんたんフリルパックの梱包方法


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

ヤマト運輸かんたんフリルパックのネコポスの発送方法と料金
ヤマト運輸宅急便コンパクトかんたんフリルパックの宅急便コンパクトの発送方法と料金
梱包かんたんフリルパックの梱包方法
サークルKサンクスかんたんフリルパックをサークルKサンクスから送る方法
ヤマト運輸かんたんフリルパックを着払いで送る方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ