Amazonの配送先住所の変更方法と間違えた住所に送られたときの対処法




Amazonに登録している配送先住所の変更方法、登録情報に誤りがあり間違えた住所に送られたときの対処法についてです。

Amazonに配送先住所を間違って登録してしまったり、引っ越しで住所が変わった場合でも、簡単に変更することができます。

住所の訂正が間に合わず、間違った住所に送られるようなことがあっても、対処法があるので心配する必要はありません。

スポンサーリンク

配送先住所の変更方法

公式サイトのヘルプページ「アドレス帳の内容の変更」にある通り、Amazonに登録している配送先住所の変更と削除の方法は以下の通りです。

1.Amazonにログインした状態で、「アカウントサービス」の「支払い&住所」より、「アドレス帳の管理」を選択します。



2.「アドレス帳を管理」画面になり、現在登録している配送先情報が表示されます。配送先情報の下にある「変更」ボタンをタップしましょう。



3.住所や氏名、電話番号などが変更できます。変更したいところをタップし、正しい情報に入力し直しましょう。会社名は、入力しなくてもかまいません。



訂正し終えたら、「変更を保存」ボタンをタップします。無事に「住所が入力されました」というメッセージが表示されたら完了です。

住所1と住所2とは

住所を編集する画面には、「住所1」と「住所2」という入力欄があります。入力欄が2つあると、住所をどこで区切ればいいのかわからず、混乱してしまう人が多いですが、あまり難しく考える必要はありません。

1つの欄に入力できるのは全角16字までなので、マンションに住んでいるなどの事情で住所が長めになってしまう人は、住所1に入りきらなければ続きを住所2に書く、という風に使います。

住所1に16字分ぎっしり入力しなければならないというわけではないので、住所2に移るのは区切りのいいところでかまいません。

住所が短い人でも、町名まで住所1に入力し、「◯丁目×番△号」の部分は住所2に入力するという風に、住所1と住所2の両方に入力する使い方ができます。もちろん、わざわざ分けて入力するのは面倒だと思う人は、住所1にだけ入力してもいいでしょう。

住所1と住所2の書き方に厳格な決まりはありません。配送業者の人にわかってもらえさえすれば、商品を届けてもらうことができます。

ちなみに、住所2に住所ではなく「不在時宅配ボックス希望」と入力すると、宅配ボックスに届けてもらえるという裏技もあります。せっかく宅配ボックスを設置したのに、宅配業者が使ってくれなくて困っている人は、試してみてください。

住所が入力欄に入らない場合や文字化けする場合の対処法

Amazonで住所を入力しようとしても、正常に入力できないことがあります。例えば、旧漢字・全角記号・全角数字・半角カタカナなど、特殊文字を入力すると、文字化けが起こります。住所を入力するときは、特殊文字を使わないようにしましょう。

また、入力した住所が途中で途切れてしまうことがありますが、これは文字数がオーバーしている可能性が考えられます。1つの入力欄に入力できるのは、全角16字までです。住所が長い場合は住所2に書くなどして、文字数の上限を超えないように気をつけましょう。

その他、何らかの不具合で住所を正常に入力できない場合は、ブラウザを再起動したり、パソコンやスマホの電源を再起動したりするという対処法があります。それでも解決しなければ、Amazonカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

関連:購入者専用!Amazonに電話やメールで問い合わせる方法

間違えた住所に送られたときの対処法

まず「アカウントサービス」の「注文履歴」から、注文した商品のステータスを確認しましょう。

「未発送」ならば、住所を変更すれば訂正後の住所に発送してもらえます(ただし、お届け予定日が変更になることがあります)。

しかし、商品のステータスがすでに「出荷準備中」もしくは「発送済み」になっている場合、登録住所を変更しても間に合いません。商品は、訂正前の住所に発送されてしまいます。

この場合の対処法ですが、「出荷準備中」ならばキャンセルリクエストをして商品を一旦キャンセルし、住所を訂正してからもう一度注文し直すのが、最も手っ取り早い方法です。

しかし、キャンセルリクエストは必ず受け付けてもらえるわけではないので、キャンセルすることができず、商品が発送されてしまうことがあります。

関連:Amazonでキャンセルリクエストができない理由

商品が「発送済み」になった場合は、Amazonではなくヤマト運輸などの配送業者に連絡します。発送後にAmazonから届く発送完了メールには、問い合わせ番号が記載されているはずです。

国名や都道府県名が間違っていると、配送業者に大きな手間をかけてしまうかもしれませんが、アパートの部屋番号を入力し忘れたなど、ちょっとした間違いであれば、すぐに対応してもらえるでしょう。

住所に誤りがあるにも関わらず、何も対処をしないままだと、配送不可商品として、AmazonやAmazonマーケットプレイスの出品者の元に、送り返されてしまうことがあります。

こうなった場合でも、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品であれば、出品者が訂正後の住所に再発送してくれるなど、親切に対応してもらえるケースもあるでしょう。

しかしAmazonは、マーケットプレイスの出品者に対して、商品が配送先不明で返ってきた場合は購入者に事情を説明し、返金するようにという規定を定めています。

実際にどのように対応するのかは出品者によって変わりますが、全ての出品者が再発送に応じてくれるわけではないということを、覚えておきましょう。

また、Amazon.co.jpが発送する商品も、再発送はしてもらえず、商品代金は返金されることになっています。商品を再発送をしてもらえない場合、正しい住所を登録したあと、再び注文し直すといいでしょう。

関連:住所などの宛先を間違えて郵便物や宅配便を送ってしまった際の対処法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

amazonギフト券Amazonギフト券Eメールタイプの送り方と届いたか確認する方法
amazonスマホ・iPhoneでも可能!Amazonで90%オフの激安商品を探す方法
amazonAmazonで代金引換(代引き)を確実に使える商品を探す方法
amazonチェックした商品などAmazonの閲覧履歴を削除する方法
キャンセルAmazonで受け取り拒否をする方法!返金方法やペナルティについても
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ