Amazonの納品書が入っていない理由と納品書の印刷方法




Amazonで注文した商品が届いたときの梱包のダンボール内に納品書が入っていない理由、納品書の印刷方法、納品書の再発行方法についてです。

プリンターが自宅にない人でもPDFファイルにしてコンビニで印刷することが出来ますので、そのやり方も解説します。

納品書とは商品の詳細について書かれている書類のことです。ネット通販では納品書と商品を同梱するのが普通ですが、Amazonで買った商品には納品書が入っていないことがあります。

スポンサーリンク

納品書が入っていない理由

商品に納品書を添付しない理由として、Amazonのヘルプページ「納品書がない場合」では環境への負荷を軽減するためだと発表しています。

それと、これは表向きの理由ではありませんが、コスト削減のためでもあるでしょう。

Amazonは、商品の納品書が必要な場合は、web上で発行している領収書で代用することを推奨しています。

納品書の印刷方法

注文履歴から、納品書の代わりに領収書を印刷することができます。

この領収書は、メーカーに修理などのサービスを依頼するときに必要となる証明書としても利用できるので、どうしても納品書でなければならないというわけでないのであれば、領収書を印刷し、代用しましょう。

印刷の仕方は、以下の通りです。

◼︎自宅にプリンターがある場合

1.アカウントサービスの「注文履歴」より、該当の注文の「領収書/購入明細書」をクリックします。



2.領収書が表示されます。「このページを印刷してご利用ください。」という文字をクリックしましょう。



必要に応じて印刷の設定を行い、印刷します。

◼︎自宅にプリンターがない場合

1.領収書を表示するところまでは、自宅にプリンターがある場合と同じです。

2.印刷の設定をするウィンドウの下部に表示されるプルダウンで、「PDFとして保存」を選択し、PDFにして保存します。



3.プリントサービスのあるコンビニで、PDFにした領収書を印刷しましょう。おすすめは、セブンイレブンのネットプリントというサービスです。

コンビニのセブンイレブンのネットプリントでは、パソコンなどから印刷したいファイルをウェブ上に登録したあと、発行されたプリント予約番号を、セブンイレブンに設置されているマルチコピー機に入力するだけで、印刷することができます。



料金は、1枚20円〜となっています。

◼︎領収書ではなく納品書が必要な場合

会社の経費で商品を購入した場合など、領収書ではなく納品書が必要になるケースもあるでしょう。

このような場合は、Amazonに要求すれば、納品書を郵送してもらうことが可能です。納品書の請求の仕方は、次の項で解説します。

納品書の再発行について

納品書を発行してほしい、もしくは再発行してほしいとき、納品書を請求するための専用フォームは設けられていないので、Amazonカスタマーサービスから、納品書を郵送してほしいという旨を伝えるといいでしょう。

1.カスタマーサービスにアクセスし、Eメール・電話・チャットの中から、希望に合った問い合わせ方法を選びましょう。ここでは、Eメールでの問い合わせ方法をご紹介します。急いでいる人は、電話やチャットで問い合わせたほうがいいでしょう。



2.「注文内容について」をタップします。



これまでの注文が表示されるので、該当の注文を選択し、次の画面へ。

3.テキストボックスが表示されます。



「納品書を郵送してほしい」といった内容のメッセージを入力したら、「Eメールを送信」ボタンをタップ。無事にメッセージを送信することができたら、登録しているEメールアドレスに、Amazonから返信が来るのを待ちましょう。

納品書は、届くまでに最大で1週間ほどかかることがあります。

また、注文する商品に納品書が入っているのか、入っていないのかということは、商品が実際に届くまでわかりません。

納品書が必要だと事前にわかっているのなら、納品書が商品に同封されていない可能性を見越して、時間に余裕を持って注文するようにしましょう。


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

a0027_002337_mAmazonアソシエイト紹介料率変更から読み解くアマゾンの思惑
ダンボーAmazonタイムセールのカテゴリ・曜日・時間別開催スケジュール
amazonギフト券Amazonギフト券とAmazonポイントの違い4個
検索Amazonポイント還元対象商品を検索する方法
amazon簡単!AmazonのEメールアドレスとパスワードを変更する方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ