レターパックのサイズと厚さ3cmを超えてサイズオーバーで返送されたときの対処法



青い封筒のレターパックライトのサイズ、赤い封筒のレターパックプラスのサイズ、それぞれの最大サイズの限界とサイズオーバーで返送されたらどうすれば良いのか対処法についてです。

レターパックは郵便局の窓口かコンビニのローソンやミニストップで専用封筒を購入し送る荷物を入れ、郵便局の窓口か街中にある郵便ポストに投函するだけで送ることができる手軽な送り方です。

茶封筒で送る普通郵便よりも大きいサイズの荷物、ダンボールで大きな荷物を送るゆうパックよりも小さいサイズの荷物を送るのに利用されています。

レターパックにはレターパックライトとレターパックプラスの2種類がありますので、このページでは混同することがないように、それぞれのサイズについて分けて解説します。

この投稿の続きを読む »

ゆうパックや書留郵便の「お届け先休日等のため保管」の意味



ゆうパック・ゆうパケット・クリックポスト・簡易書留・一般書留など日本郵便で発送された郵便物を追跡したときに表示される「お届け先休日等のため保管」の意味と、すぐに配達してもらうための対策についてです。

日本郵便の追跡サービスを利用して荷物を追跡すると、「引受」→「通過」→「到着」→「お届け先にお届け済み」という流れが基本的な流れとなります。

郵便局に荷物が差し出されたら「引受」、途中で経由した郵便局があれば「通過」、配達を担当する郵便局に到着すれば「到着」、配達が完了すれば「お届け先にお届け済み」です。

今回の「お届け先休日等のため保管」が追跡結果に表示されてしまった場合には、そのままにしておくと今日中に「お届け先にお届け済み」になることはありません。

この投稿の続きを読む »

クリックポストのサイズとサイズオーバーで返送されたときの対処法



日本郵便のクリックポストはどのくらいのサイズの荷物を送ることが出来るのか、もしクリックポストがサイズオーバーで返送されたらどうすれば良いのか、クリックポストのサイズに関するページです。

郵便ポストから差し出すことが出来る日本郵便の送り方には普通郵便やレターパックなどありますが、クリックポストは同じサイズだと普通郵便やレターパックよりも安く送ることが出来るため、非常に人気のある送り方となっています。

しかし郵便ポストから送るクリックポストだからこそそのサイズには注意しなければならなく、もし郵便ポストに投函したクリックポストがサイズオーバーしていたら差出人のところに返送されるリスクがあります。

この投稿の続きを読む »

ゆうパック・レターパック・郵便の「窓口でお渡し」の意味



郵便局から発送されたゆうパック・レターパックライト・レターパックプラス・簡易書留郵便・一般書留郵便を追跡したときに表示される「窓口でお渡し」の意味についてです。

日本郵便の追跡サービスを利用して荷物を追跡すると、「引受」→「通過」→「到着」→「お届け先にお届け済み」という流れが基本的な流れとなります。

郵便局に荷物が差し出されたら「引受」、途中で経由した郵便局があれば「通過」、配達を担当する郵便局に到着すれば「到着」、配達が完了すれば「お届け先にお届け済み」となります。

この投稿の続きを読む »

「配達希望受付」と「インターネット・IVR」の意味



郵便局から送られた日本郵便のゆうパック・レターパックプラス・書留郵便などを追跡したときに追跡結果に表示される「配達希望受付」と「インターネット・IVR」の意味についてです。

追跡とは、フリマアプリのメルカリ・フリル・ラクマ、ネット通販のAmazon・楽天市場・ヤフオクなどで購入した商品や家族・知人から送られた荷物が今どこにあるのか追跡番号から問い合わせることを言います。

日本郵便の追跡結果はストレートで配達まで向かうと「引受」→「中継」→「到着」→「お届け先にお届け済み」という流れになります。

「引受」は差出人から荷物が差し出された、「中継」は途中で経由した郵便局、「到着」は配達を担当する最寄りの郵便局に荷物が届いた、「お届け先にお届け済み」は配達が完了したことを意味しています。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 3712345

このページの先頭へ