ゆうパックの調査中の意味と問い合わせ用の電話番号



郵便局から発送されたゆうパックを追跡番号を使って追跡したときに表示される配送履歴「調査中」とは何を意味するのか、「調査中」の原因を確認するための問い合わせ用の電話番号についてです。

郵便局の追跡サービスを利用してゆうパックの荷物を追跡すると、「引受」→「通過」→「到着」→「お届け先にお届け済み」というステータス遷移が基本的な流れとなります。

郵便局に荷物が差し出されたら「引受」、途中で経由した郵便局があれば「通過」、配達を担当する郵便局に到着すれば「到着」、配達が完了すれば「お届け先にお届け済み」です。

この投稿の続きを読む »

レターパックの受け取り方法と受け取り拒否をする方法



郵便局とコンビニで専用封筒が販売されている青い封筒のレターパックライトと赤い封筒のレターパックプラスは対面手渡しなのか、それとも郵便受けへのポスト投函なのか、レターパックの受け取り方法と受け取り拒否をする方法についてです。

日本郵便の発送方法の中には、玄関先で対面手渡しで受け取りサインをする受け取り方、自宅の郵便受けに投函され受け取る受け取り方のものがます。

今回のレターパックライトとレターパックプラスはそれぞれ受け取り方が違います。

この投稿の続きを読む »

ゆうメールの規格内と規格外の違い



封筒に中身が見えるようにハサミで切れ込みを入れ、切手を貼り、郵便局の窓口への差し出しまたは郵便ポストから投函して送る日本郵便のゆうメールの規格内と規格外の違いの比較です。

ゆうメールの規格内と規格外の違いはサイズと料金にあり、重量ごとに全国一律の料金が設定されています。

郵便局の窓口から差し出す場合はその場でチェックをしてもらうことが出来るため問題ないのですが、ゆうメールを郵便ポストに投函する場合は事前にそのゆうメールが規格内か規格外が自分でチェックしその料金分の切手を貼る必要があります。

この投稿の続きを読む »

定形外郵便の規格内と規格外の違い



封筒に切手を貼り、郵便局の窓口への差し出しまたは郵便ポストから投函して送る日本郵便の定形外郵便の規格内と規格外の違いの比較と、規格内と規格外に分かれている理由についてです。

普通郵便の中でも定形郵便には規格内と規格外の区分がないのですが、定形郵便よりも重量が重いものを送ることが出来る定形外郵便には規格内と規格外という区分があります。

この定形外郵便の規格内と規格外の違いはサイズと料金にあります。

郵便局の窓口から差し出す場合はその場でチェックをしてもらうことが出来るため問題ないのですが、郵便ポストに投函する場合は事前に定形外郵便が規格内か規格外が自分でチェックしその料金分の切手を貼る必要があります。

この投稿の続きを読む »

必着の郵便を当日会社に直接投函できない理由と対策



履歴書やエントリーシート(ES)など、必着日当日に届けるのが間に合わない場面で、電車圏内・徒歩圏内ということで会社に直接持って行き投函することが出来ない理由とその対策についてです。

基本的に履歴書・エントリーシート(ES)などは郵送が厳守となっているはずですので、直接持って行くのはこのルールを破ることになり、不採用になる可能性が高いです。

しかし大企業は無理なのですが、中小企業で会社によっては採用まで十分辿りつける可能性があります。

中小企業やベンチャー企業は人材が慢性的に不足しており、より多くの求人者と接し面談をしたいという思いがあるため、いちいちそんなルールを気にしないというところは多いです。

そして何よりも就職活動は「行動力」「自主性」「判断力」の勝負でもありますので、形式に捉われず果敢に挑戦する気持ちが大切です。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 4112345

このページの先頭へ