佐川急便の京都中継センターがある場所の住所と配達までの日数



佐川急便から発送された荷物を追跡番号を使い追跡した際、輸送中と合わせて表示される京都中継センターはどこにあるのか、佐川急便の京都中継センターがある場所の住所と配達までの日数についてです。

佐川急便の荷物を追跡したときに表示されるステータスは「集荷」→「輸送中」→「配達中」→「配達完了」と遷移し、「輸送中」は今回の京都中継センターや関西中継センターなど、佐川急便の中継センターと合わせて表示されます。

この「輸送中」とは文字通り、佐川急便の京都中継センターを経由したことを意味しており、「配達中」と「配達完了」のステータスを経て配達先に荷物が届けられます。

この投稿の続きを読む »

佐川急便の該当なしの意味と該当なしから変わらないときの対策



佐川急便の荷物を追跡番号から追跡した時に「恐れ入りますが、お問い合せ送り状NOをお確かめください。」と合わせて表示される「該当なし」の意味と、「該当なし」から変わらないときの対策についてです。

佐川急便の追跡結果は正常に荷物が動きだすと「荷物受付」→「集荷」→「輸送中」→「配達中」→「配達完了」という荷物状況が時間が経つごとに順番に表示されるようになります。

つまり今回の「該当なし」はまだ荷物が動いていないことを意味しています。

この投稿の続きを読む »

佐川急便の持戻りの意味と不在票がない場合の対処法



佐川急便で配送中の荷物を追跡番号を使って追跡したときに表示される持戻りの意味と持戻りなのに郵便受けに不在票が投函されていない場合の対処法についてです。

佐川急便の追跡結果で持戻りと表示された場合、合わせて「持戻り(再配達受付)」や「配達営業所(サービスセンター等)へお荷物を持ち帰っております。」といった文言が表示されます。

このときに不在連絡票が郵便受けに投函されていれば再配達をスムーズに行うことが出来るのですが、佐川急便では持戻りとなったときに不在票が投函されないことがあります。

この投稿の続きを読む »

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期!飛脚宅配便の改定後料金を完全解説



飛脚宅配便・飛脚クール便・飛脚メール便といったサービスを展開する佐川急便が料金を2017年に値上げする理由、いつから値上げとなるのかその時期、そして改定後の料金を解説します。

佐川急便はヤマト運輸と日本郵便とは違い、個人の荷物よりも法人の荷物を中心に配送をしている宅配業者であるため、多くの方にとって佐川急便の2017年の値上げは影響はありません。

今回の佐川急便が値上げをするのは、大口契約をしている法人のみで、個人の方の送料に変更はありません。

この投稿の続きを読む »

佐川急便の保管期間の延長方法と保管期限が過ぎたときの対処法



佐川急便の飛脚宅配便・飛脚クール便などを営業所止めで送った場合や不在票が投函され佐川急便の支店に荷物が保管されている場合に保管期間を延長してもらう方法についてです。

佐川急便では指定した営業所止めで送った荷物はもちろんのこと、一度配達したけど不在だったときは最寄りの支店に保管されます。

支店の保管料はもちろん無料なのですが、保管期間というものが設定されており、この保管期間が過ぎてしまうと大変なことになってしまいますので、このページで保管期間の確認と保管期間の延長方法をしっかりと確認しておきましょう。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 1112345

このページの先頭へ