コープデリとパルシステムの違い15項目徹底比較



東京都や千葉県など関東で利用することが出来る2つの生協の宅配サービス「コープデリ」と「パルシステム」の違いについてです。

複数人で利用するグループ宅配は1人で利用する個人宅配よりも手数料が安くなるため、近所に住んでいる方に誘われた場合などは選択の余地なくどちらかの生協に加入することになると思いますが、個人で生協の宅配を利用する場合にはそうはいきません。

ここでは「コープデリ」と「パルシステム」2つの生協の特徴を15の項目に分け比較しました。

この投稿の続きを読む »

生協の宅配コープデリにログイン出来ないときの対処法



注文用紙を使わずに生協で商品を注文することが出来たり、次の週に届く商品を事前にチェックすることが出来たりいくら購入したかを確認することが出来る生協の宅配コープデリの会員ページeフレンズにログイン出来ないときの対処法です。

eフレンズはPC(パソコン)だけでなく、iPhoneやAndroidといったスマートフォンからでも利用することが出来ます。

eフレンズにログインするためには事前に登録した会員コードとパスワードが2つが必要で、分からなくなってしまった場合の対応はそれぞれ違います。

この投稿の続きを読む »

生協の宅配を利用中に引越しが決まったときの対処法



転勤することになった場合や家やマンションを購入することになった場合など生協の宅配利用中に引越しが決まったときの対処法です。

生協の宅配の退会理由で一番多いのが今回の引越しによる退会なのですが、引越し先によっては必ずしも退会する必要はありません。

まずは引越し先が現在加入している生協の配達範囲内なのか配達範囲外なのかを確認しましょう。

この投稿の続きを読む »

生協の宅配の基本手数料と配達手数料の違い



生協の宅配を利用する際に必ず発生する基本手数料と配達手数料の仕組みとその違いについて分かりやすくご説明します。

基本手数料と配達手数料は加入している生協によって料金は異なりますが、大体どちらも100円ほどとなっています。

いくつか例を出すと、東京都のコープみらいの基本手数料が80円で配達手数料が100円、長野県のコープながのの基本手数料が100円で配達手数料が100円、群馬県のコープぐんまの基本手数料が91円で配達手数料が100円です。

この投稿の続きを読む »

生協の宅配の出資金を増やす方法とそのメリットデメリット



東京都や大阪府だけでなく日本全国にあるどの生協でも加入時に1口500円や1,000円といった額を支払わなければならないのですが、生協の宅配では出資する金額を増やすことが出来ます。

ちなみにどの生協でも加入時に支払ってもらった出資金や増資してもらった出資金で運営(実店舗の運営など)が成り立っており、入会金や寄付金ではないため出資したお金は退会時に全額返金される仕組みとなっています。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 212

このページの先頭へ