佐川急便で次の日の朝に送る!飛脚ジャストタイム便の料金やサイズ



送った荷物を翌日の朝に届けることが出来て、さらに配達時間も午前9時から指定することが出来る、佐川急便の宅配サービス「飛脚ジャストタイム便」の料金や利用可能サイズについてです。

佐川急便のサービスには法人しか利用出来ないものもありますが、飛脚ジャストタイム便の場合は個人でも法人でも利用可能な発送方法ですが、荷物の受取人は法人である必要があります。

この飛脚ジャストタイム便はクール便にも対応しており、運賃にクール料金を加算することで冷凍食品の発送も可能です。

また、万が一指定した時間帯に届かなかった場合は送料が全額返金してもらえるため、重要な荷物をすぐにより確実に届けたい場合に利用するメリットがあります。

この投稿の続きを読む »

速達を超える!ヤマト運輸のクロネコ宅急便を翌日の朝に届ける方法



仕事で使う資料など次の日の朝までに届けたい荷物がある方にヤマト運輸のクロネコ宅急便にあるオプションを付けることをおすすめします。

そのオプションとは「宅急便タイムサービス」と呼ばれているヤマト運輸のサービスの中のひとつで、個人の方でも法人の方でも事前の登録など無く利用することが出来ます。

営業所により締め切り時間の多少の違いはあるものの、基本的に夕方の5時までに荷物を出せば翌朝10時までに配達してもらえます。

この投稿の続きを読む »

ゆうパックは速達で送れる?郵便局から速達で発送出来る郵便サービス



ゆうパック・ゆうメール・ゆうパケット・定形郵便・定形外郵便・クリックポスト・ミニレター・スマートレターといった郵便局から送ることが出来る日本郵便の送り方の中で速達を利用できる送り方と速達を利用できない送り方についてです。

多くの発送方法がある日本郵便ですが、オプションに速達を付与できる送り方と付与できない送り方があります。

また速達にすることで配達日数が早くなるだけでなく、平日と土曜日だけでなく日曜日と祝日も配達が行われるなどメリットがありますのでそのメリットについてもしっかりと解説します。

この投稿の続きを読む »

クロネコメール便を速達で送って翌日に届けるための時間と距離



ヤマト運輸のクロネコメール便では通常の料金にプラス100円の速達を利用することで送るものを次の日に届けることが可能です。

ただしクロネコメール便を速達で送った場合のすべての荷物が翌日に届くのではなく、送るものを出す時間という条件、どの県からどの県に送るのかという条件があります。

この2つの条件をどちらも満たすことによりクロネコメール便を速達で送って翌日に届けることが可能になります。

(注意)クロネコメール便は2015年3月をもちましてサービスが廃止となりました。

この投稿の続きを読む »

配達時間帯指定郵便を翌日に届ける方法と速達との違い



配達時間帯指定郵便を翌日の朝・お昼・夕方に届けるには何時までに送れば良いのか、そして別のオプションサービスである速達との違いを比較します。

配達時間帯指定郵便は、普通郵便(定形・定形外郵便)の送料に追加のオプション料金を支払うことで利用することが出来る送り方で、配達日と配達時間帯の両方を指定することが出来ます。

元々はモーニング10(翌朝10時郵便)という名前のサービスだったのですが、平成25年10月1日にこのサービスが終了し、配達時間帯指定郵便となった歴史があります。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 2 of 212

このページの先頭へ