2014年4月1日の郵便料金改定による値上げ前後の料金比較


 
2014年4月1日に消費税率が5%から8%に上がることを受けて、日本郵便(郵便局)のはがき、ゆうパック、ゆうメール、レターパック、定形郵便、定形外郵便などの郵便サービス、そして各種オプションサービスが値上げとなります。

今回の郵便料金の変更により、既に購入済みの切手やレターパックの専用封筒などはどうなるのか等の問題も出てくるため、料金だけでなく、各サービスの補足も出来る限り入れています。

この投稿の続きを読む »

郵便物の受け取りを拒否する方法!ハガキ、ゆうパック、ゆうメール等


 
郵便局から送られてきたハガキ、ゆうパック、ゆうメールなど日本郵便の郵便物の受け取りを拒否する方法についてです。

受け取りたくない理由として、不要なダイレクトメールが届いた、注文した覚えがない郵便物が届いた、詐欺まがいな郵便物が届いたなどが挙げられますが、このように正当な理由があれば受け取りを拒否することが出来ます。

ちなみに受け取りを拒否した郵便物は今後送られてこないというメリットがあります。

この投稿の続きを読む »

荷物を送って当日に届ける方法!当日配達ゆうパックと飛脚即配便の比較


 
荷物を当日に送り届ける方法として、日本郵便の当日配達ゆうパック、佐川急便の飛脚即配便があります。両者の料金や条件などを比較しました。

まず多くの人が利用する郵便局から送ることができる日本郵便の当日配達ゆうパックは追加の手数料はかからず、通常のゆうパックと同じ料金で利用することができて、事前の契約も不要で、個人の方でも利用することができます。

日本郵便、佐川急便で荷物を当日中に送るためには、午前中の差し出しを行わなければなりません。当日配達ゆうパックの場合は郵便局に12時までに差し出して、17時以降21時までに配達されるという形になります。

また、利用出来る地域も限られています。佐川急便の場合は事前に電話等で各営業所への確認を行う必要があります。日本郵便の場合は利用出来る郵便局とその配達先が決まっています。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


このページの先頭へ