DVDせどりのジャンル別仕入れ基準完全版


 
どのようなジャンルが売れやすいのか、そのジャンルに膨大な数のDVD・ブルーレイの中からどのような商品を狙えば良いのかなど、DVD・ブルーレイを仕入れる際の仕入基準をまとめています。

今回取り上げているDVD・ブルーレイのジャンルはスポーツ・フィットネス、お笑い・バラエティ、キッズ・ファミリー、ミュージック、アニメ、ホビー・実用、ドキュメンタリーです。

スポーツジャンルの仕入れ基準

スポーツ・フィットネスというジャンルは、その名の通りで、サッカー、野球、ラグビーなどのスポーツや、ダイエットなどのDVDを指しています。

このジャンルは最初に持ってきた理由としては、非常にせどり向きであり、個人的にも好きだからです。そのため、これまで扱ってきた数もこのジャンルが多くなっています。

まずはヨガ。

ヨガなどの動きを学ぶジャンルについては圧倒的にDVDが強く、ヨガのように映像が必要なジャンルのDVDは狙い目となります。ヨガに関してはアマゾン最安値が高いものはないのですが、全体的にアマゾンランキングが良く、回転は速いです。

ヨガのDVDがせどりに向いているのであれば、ダイエットに関連するDVDは全てアツいのでは?と思われていまいそうですが、実際はそうでもありません。

今はどうか分かりませんが、ヤフーオークションにおいては、ダイエットというキーワードだけで探しに行っても、そのライバルの多さから利益の出せる商品を落札することは難しいです。

確かにアマゾンマーケットプレイスにおいて、ダイエット関連のDVDがアツいことは間違いなのですが、それ以上にライバルが多すぎるというのは、電脳せどりにおいて厳しいものがあります。

次にバレエ。

バレーボールではないです。舞台で踊る方のバレエです。ここ最近バレエは若い女性の間では流行っているようで、知人にも習いに行っている人がいます。ただし、全体的にアマゾンランキングが悪い点がネックです。

次にダンス。

1年以上前に数多く扱っていたシリーズがあるのでご紹介しておきます。最近はアマゾンマーケットプレイスの最安値がありえないほど落ち込んでしまっているため手を出していませんが、いつか役に立つかもしれません。

今でも安定した人気があるので覚えておいて損はないでしょう。ダンス・スタイル・シリーズです。

最後に野球です。

やはり人気スポーツということもあって、アマゾンランキングが良いDVDが多いです。

特に熱闘甲子園などの高校野球はかなりの人気でライバルも多いのですが、たまにチェックするようにしています。せどりの世界では、プロ野球よりも高校野球が狙い目となってきます。

同じような人気スポーツであってもサッカーとゴルフ、そしてプロレスはあまりせどり向き(電脳せどり)ではありません

その理由として、サッカーとゴルフの場合はアマゾン最安値の安い商品が大量に出回っていること。プロレスの場合はアマゾン最安値は高いのですが、仕入れの際にライバルが多いということと、おまけとして付いてくるDVDが大量に出回っていることです。

お笑い・バラエティDVDの仕入れ基準

お笑い・バラエティというジャンルは、お笑い芸人が出ているテレビ番組を収録したDVDのことです。

最初に知っておかなければいけないことはこのジャンルは商品数が恐ろしく少ないということです。アマゾンマーケットプレイスに登録されているお笑い・バラエティのDVDは6,000点しかありません。

その反面、市場に出回る1点あたりの商品数は多く、古いDVDだとその出品者数の多さから1円のものが当たり前のように存在します。他のジャンルには古いDVDでも一部プレミア化しているものもありますが、このジャンルにはないですね。

古いDVDのアマゾン最安値は安い、新しいDVDのアマゾン最安値は高い。分かりやすくて良いです。

つまり、必然的に若干新しめだったり、人気番組のDVDを狙う必要があるのですが、その場合どうしてもライバルが多くなってしまいます。いかにして人気DVDを仕入れることが出来るか。

まず、普通のオークション形式の場合だと必然的に価格が上昇し、とても利益が出せる代物ではなくなってしまいます。攻め方としては、単品だと即決で抜くか、複数で出品されているものを抜くかの2択となります。

複数で出品されているものでも、同一商品で複数出品されているものは上記で挙げた通常のオークション形式と同様厳しいです。さらに深いところを突くと、別商品の複数出品かつ1円商品の多いシリーズが狙い目です。

このジャンルには6,000点しかないということ、回転が速いということ。この2つの観点を考えると、あらかじめアマゾン最安値の高いリスト作っておいて、毎日ちょいちょい検索していけば不良在庫のない電脳せどりが可能です。

とは言え、このジャンルだけでは大きな利益を出す事は不可能です。

キッズ・ファミリーDVDの仕入れ基準

小さいお子さんがいらっしゃる方は家にあるのはではないでしょうか。子供向けDVD。

このジャンルで有名なのはディズニーで、商品数もアマゾン最安値が安いものから高いものまで大量に出回っています。商品数が多い理由は、パブリックドメインDVDが大量に出回っていることが、その1つの要因と言われています。

実はパブリックドメインDVDというのが厄介で、特に電脳せどりの場合、ディズニー社が販売したDVDと、このパブリックドメインDVDの見分けが付かず、効率は下がります。

もちろん、その商品数の多さから利益の出せる商品は見つかるとは思いますが、時間的観点から考えると、結果的に狙い目ではなくなってしまいます。

ちなみにパブリックドメインDVDは著作権の保有期間が満了したDVDを指し、コンビニや書店、あとドンキ・ホーテなんかに置いてある激安DVDのことを指します。海賊版DVDとは違い、パブリックドメインDVDは合法です。

ディズニーのパブリックドメインDVDを販売したことで有名になったのはアプロック社です。ファンタジアなどのディズニー作品を500円という低価格で販売したりしています。定価です。

パッケージにしっかりとパブリック・ドメインと明記しているので分かりやすいのですが、こういった低価格の商品が大量に出回ってしまうと、せどらーの立場からすると厄介です。

電脳せどり初心者の方は狙っても問題ないとは将来的な脱却は考えておいた方が良いというのが僕の考えです。以前やっていた手法を書いておきます。

ディズニー作品の場合は「ディズニー」というキーワードで検索するよりも「ターザン」などの商品名で検索した方が圧倒的に価格差のある商品が見つかります。感覚的には100倍くらい違うと言っても過言ではありません。

これまで本やCDでも取り上げましたが、おかあさんといっしょはDVDは強いです。このジャンルで狙い目を聞かれたら間違いなくこれでしょう。

ただし、電脳に限るです。

最後に、このジャンルには全体的にせどり向きの商品が数多く存在しています。おそらく僕自身が知らない商品もまだまだあります。電脳せどり初心者の方にはこのジャンルから始めてみると良いかもしれません。

ミュージックDVDの仕入れ基準

いきなりですが、薄利多売という手法ではまず仕入れることが出来ないジャンルです。まあせどり向きではありません。せどり向きではないと言っても、新品せどりの方の成功例もあるので言葉に語弊が生じますが、あくまで自分の手法ではという意味です。

新しいDVDはライバルが多く、仕入れ値が上がってしまうのは当たり前のことで、このジャンルに関して言えば、アマゾンマーケットプレイスよりもヤフーオークションの方が相場が高いという印象さえも持っています。

さらに人気アーティストであっても、市場に多く出回る数が多いため、必然的に価格競争が起き、古いDVDのアマゾン最安値は500円などの安値になっていることが多いです。

また、DVDに限らずCDでもそうなのですが、初回限定版の方が通常版よりはアマゾン最安値が高くなるのですが、ヤフーオークションや楽天オークションで「初回限定版」で検索しても、アマゾンマーケットプレイスとの価格差のある商品はまずないです。「ビッグキーワード(嵐など)+即決」も同様です。

あと、DVD−BOXやブルーレイBOXについても何度かチェックしていますが、価格差のありそうな高単価なDVDさえも厳しい状況です。

以上。(短かっ!)

アニメDVDの仕入れ基準

アニメのDVDですね。このジャンルは電脳せどりには残念ながら向きません。

その理由としてはレンタルアップの商品が恐ろしいほど多いため、仕入れの効率が悪くなってしまうからです。あと、商品数が多いわけですが、全体的に言えることはアマゾン最安値が安いです。そのため避けるジャンルの1つとなっています。

そうは言ってもやはり狙い目は存在するわけですが、このジャンルはガンダムだけです。ガンダムだけとは言ってもその数はかなり多く、アマゾンには800点ほどのDVDが登録されています。

まず、このガンダムのDVDに関してですが、仕入れ値が上がります。

仕入れ値は上がりますが、確実に売れることが出来るという印象を持っています。そうは言ってもせどりに100%はないので資金が余裕がない方にとっては難しく、せどり中堅者さんが飛躍するためのメディアなんじゃないですかね。

今回はその中での狙い目をご紹介していきます。

●G−SELECTION DVD−BOX

誰もが手にしやすいスペシャルプライスDVD−BOXとして、2010年から売り出された作品なのですが、現在のDVD−BOXせどりの鉄板商品です。仕入れやすくて売れやすいってやつです。

そんなに数は多くありません。

仕入れ値を高くすればするほどリスクも高くなるわけですが、大きな利幅を狙い仕入れ値を上げるとするならば、このガンダムのDVDをおすすめします。

ホビー・実用DVDの仕入れ基準

ホビー・実用というジャンルなのですが、その内容は、アート、趣味、教養、暮らし、健康、フィットネス、旅、鉄道、楽器、とほんと色々なものが混ざり合っています。

その中にはせどり向きのジャンルがかなり眠っているため、今回はそういったものを掘り起こしてみます。

□乗り物系

せどり向きです。これに関しては、アマゾン最安値が高値にキープしているということではなく、出品者が少ない、仕入れやすい。そういった観点からですね。

このジャンルに関しては、たまに出品者切れを起こしていることがあります。その理由と、売れ残りが少ないという過去の経験から、アマゾンランキングは無視して仕入れを行うことが多いジャンルとなっています。

・電車

電車関連は売れやすいですし、出品者が少ないためにアマゾン最安値も2,000円を超えるものが圧倒的に多いです。あとは仕入値とのご相談という感じになりますが、電脳せどりでは他のジャンルに比べると圧倒的に仕入れやすくなっています。おそらく、電脳せどり素人さんでも、それなりに結果が出ます。

デメリットもお伝えしておくと、電車にはラストラン系や世界の車窓からというテレビ番組があるのですが、全体的に見るとこの2シリーズのアマゾン最安値は低い傾向があります。

ラストラン系はファンにとっては堪らない一作となるような気がしますが、意外と安いといった感じです。

・モノレール

こちらは、上記で挙げた電車や新幹線とは違い、商品数こそ少ないのですが、たまに仕入れる機会があるので、覚えておいて損はないでしょう。

乗り物に関して言えば、電車や新幹線には劣りますが、飛行機もまた狙い目となります。

他にも自衛隊の戦車や戦闘機はどうなのかということになります。ドイツだったり海外にも戦車や戦闘機はあります。しかし、上記で挙げたものに比べるとかなり見劣りします。

旅行系のDVDに関して、残念ながらこれも微妙です。本はアツいのですが、DVDは微妙といった具合です。なんというか商品数が絶対的に少ないですし、狙い目も「世界ふれあい街歩き」シリーズしかないのですが、このシリーズもまた、過去に1回しか仕入れたことがありません。商品数の少なさとライバルの多さがにじみ出ています。

アートのDVDに関して、ようは芸術作品であったり、・・・と何か言おうとしたのですが、正直よく分からない、っていうか芸術なんて知らないため止めておきますが、このジャンルは掘り出し物が見つかることがあります。

出品者数はかなり少ないためせどり向きとも言えるでしょう。

高校生のとき、まさか将来自分がネイルを語るとは思いもしませんでした。しかも、男ばかりの世界で、男が男に対してネイルを語るなんて悲しすぎます。ということでネイルアツいです。

ネイルに関して注意すべき点は、ジャンルがDVDではなく、ヘルス&ビューティーとなります。そういうわけで、アマゾンランキングもヘルス&ビューティーに属します。

ヘルス&ビューティーというジャンルに関しては更なる注意点があります。実は通常のマーケットプレイス出品者が出品出来るものと出品出来ないものがあります。ようは出品制限が掛けられており、仕入れたは良いけど出品出来ないという事態が発生してしまいます。つまり、仕入れる前に出品出来るかの確認が必要です。

ちなみに出品制限に関して、アマゾンではこのように書かれています。

「Amazonでは、特定商品の販売を禁止しています。また、一部の商品カテゴリーには、事前に承認された出品者のみ出品が可能です。なお、海外のAmazonウェブサイトで販売されている商品に対し、Amazon.co.jpでは出品できません。」

ドキュメンタリーDVDの仕入れ基準

アマゾンマーケットプレイスにおいて、ドキュメンタリーDVDは歴史・戦争、社会・時事、ネイチャー・動物、スポーツ、宇宙・サイエンス、紀行・旅、風景・BGM、アート・ファッション、芸能・メイキング、音楽の10ジャンルに分かれています。

ホビー・実用編に引き続き今回も色々なジャンルのものが混ざり合っているため、その中からせどり向きの商品を中心にドキュメンタリーというジャンルの傾向分析を行います。

アマゾンのジャンル分けの仕様から、スポーツなど、これまでのジャンル別傾向分析と被ってしまっているジャンルは省略します。消去法で行きます。

このジャンルを分析するにあたり、シリーズで見た方が良いです。

もちろんどのジャンルでも電脳せどりで仕入れやすい(商品数が多い)シリーズと電脳せどりで仕入れにくい(商品数が少ない)があるわけですが、このジャンルは特にはっきりとしています。

ということで今回はシリーズに着目していきます。

「その時歴史が動いた」シリーズ

2000年から2009年までの9年間に渡りNHKで放送されていたドキュメンタリー番組です。このシリーズはDVDだけではなく書籍もあるのですが、書籍は1円本が目立ち、せどり向きではありません。

「プロジェクトX 挑戦者たち」シリーズ

2000年から2005年までの5年間に渡りNHKで放送されていたドキュメンタリー番組です。こちらもNHKと、ドキュメンタリーといえばNHKって感じですね。

その他DVDの仕入れ基準

・アイドル

こちらのジャンルは苦手で、名前を知っておかなければならないのですが、全く知識がないため、手を出せていないという状況です。また、無名アイドルDVDを大量買いし、あまりの売れ行きの悪さに頭を抱えました。

・ステージ

劇団四季やオペラ座の怪人といった僕のようにミュージカルを知らない人でも聞いたことのある有名シリーズがありますが、両者ともちょっと厳しいですね。数が少なく、ライバルを多いといった状況です。

問題は宝塚歌劇のDVDで、あくまで個人的な経験談となりますがまあ売れません。たまに熱狂的なファンの方が出待ちをしているのを見掛けるので、一見アツそうなのですが、まあ売れません。

こういうのは簡単に仕入れることが出来るからタチが悪いんです。

関連:CDせどりのジャンル別仕入れ基準完全版

CDせどりのジャンル別仕入れ基準完全版



どのようなジャンルが売れやすいのか、そのジャンルに膨大な数のCDの中からどのような商品を狙えば良いのかなど、CDを仕入れる際の仕入基準をまとめています。

今回取り上げているCDのジャンルはJ-POP、サウンドトラック、ヒーリング・ニューエイジ、キッズ・ファミリー、ダンス・エレクトロニカ、歌謡曲・演歌、スポーツ・カルチャーです。

J-POPの仕入れ基準

J-POPというと広いジャンルとなってしまうため、ここで言うJ-POPはAKB48、浜崎あゆみ、ミスターチルドレンといった方々が出されているCDに限定します。アニメやクラシック、オルゴールなどのジャンルは除外しています。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

J-POPは小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまります。

でもこのジャンルはせどり向きではないです。特に薄利多売のせどりには向きません。

せどりに向かない1つ目の理由は販売数の多さです。

アマゾンマーケットプレイスでは市場に出回る数が多ければ多いほど出品者数が増え、その結果として激しい価格競争が起きてしまいます。そのため少し年度が古くなると1円CDが多くなります。

せどりに向かない2つ目の理由は需要の多さです。

J-POPの場合、1円になる前に仕入れて売らなければいけないのですが、発売された当初はライバルも多く仕入れ値が上がってしまうために仕入れることがまず出来ません。有名アーティストになればなるほど厳しくなります。

このジャンルがせどりに向かないということが前提となりますが、狙い目としては「自分の知らないアーティスト」はチェックしてみると良いかもしれません。

自分の知らないアーティストという言葉は非常に曖昧な表現ではありますが・・・。

サウンドトラックの仕入れ基準

サウンドトラックというのは、テレビドラマや映画などで流れる音を集めたもので、「サントラ」とも呼ばれています。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

サウンドトラックは小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまります。このジャンルはせどり向きです。

サウンドトラックをゲーム・アニメ、パチンコ・スロット、日本ドラマ・映画、海外ドラマ・映画、演劇・ミュージカルの5ジャンルに分けて傾向を見ていきます。

● ゲーム・アニメのサウンドトラックについて。

一番好きなので最初に持って来ました。ブックオフのことはまったく分かりませんが、ヤフオク→アマゾンの電脳せどりの場合は利益の出せる商品が見つかりやすいです。

ゲームの王道サウンドトラックはファイナルファンタジーで間違いないです。1987年から現在に至るまで数多くのシリーズが発売されており、1度プレイしたことのある人であれば、あの綺麗な音楽を覚えているのではないかと。

もちろん、かなり昔に発売されたファイナルファンタジー5マンボdeチョコボのような長方形のシングルCDは厳しいですが、2004年に発売されたFINAL FANTASY VII ORIGINAL SOUNDTRACKなどは現在でも中古の最安値が2,000円以上をキープしています。

他にもゲームのサウンドトラックの狙い目はスーパーロボット対戦、ウイニングイレブン、ドラゴンクエスト、ビートマニア、戦国無双、龍が如く、ロックマン、モンスターハンターなど。

アニメの王道サウンドトラックはディズニーです。

ディズニーがアニメかアニメではないのかは微妙なラインなのですが、とりあえずディズニーのサウンドトラックは人気です。

ファイナルファンタジーと同じく、ディズニーのサウンドトラックも発売日が10年以上も前なのですが、現在でも最安値が高めに推移しているのが特徴的です。

アニメのサウンドトラックは狙い目が多過ぎて逆に紹介しきれないほどなのですが、ポケモン、ガンダム、ドラゴンボール、セーラームーン、ドラえもん、アルプスの少女ハイジ、クレヨンしんちゃんルパン三世、聖闘士星矢、銀河鉄道999、宇宙戦艦ヤマト、ウルトラマン・・・。

逆に人気がありますがアマゾンマーケットプレイスの最低価格が低くなっているものもあります。ワンピース、ナルト、とっとこハム太郎、幽☆遊☆白書、タッチ、アンパンマン、エヴァンゲリオン・・・。

● パチンコ・スロットのサウンドトラックについて。

まずは実際にアマゾンマーケットプレイスにはどのような商品があるのかご紹介します。

残念ながらパチンコやスロットは数年前に比べて人気がかなり落ちています。

実際に僕も行かなくなりましたし、特にスロットは爆発力が減ってしまい面白くなくなってしまいました。これについては個人的な感想になってしまいますが。

でも全国規模で見てみると、パチンコやスロットをやっている方は多く、実際に打っている機種の大当たり中に流れるBGMは根強い人気を誇っています。

ただし、過去に大ヒットした機種に関しては、サウンドトラックもその分市場に出回っていて、アマゾンマーケットプレイスでも1円になっているものがあります。ちょっと古い吉宗のサウンドトラックなんかがその典型的な例です。

狙い目としては、ここ3年以内に出された機種のサウンドトラックになります。ホールを賑わしている人気機種よりは、そこまで人気のない機種の方が仕入れやすくなっています。

● 日本ドラマ・映画のサウンドトラックについて。

ドラマの最後によく宣伝されていることもあり、日本ドラマのサウンドトラックは売れやすいです。

ただし、最近まで放送されていたドラマなどはライバルが多くなかなか仕入れることが出来ないという現実があります。値付けも強気です。さらに販売数も多くアマゾンマーケットプレイスで1円となっている商品も目立ちます。

狙い目としては、映画の方になります。アマゾンマーケットプレイスの傾向としても、ドラマよりも映画の方が出品者数も少なく、アマゾン最安値も高くなっています。

例えば1リットルの涙のサウンドトラック。

ドラマ版と映画版の現在の数を比較してみると、ドラマの方が最安値220円、映画の方が最安値1,629円となっています。

また、映画だとジブリ関連のサウンドトラックもアツいです。古いものでも継続した人気があり、こちらも継続してチェックしていれば仕入れる機会は生まれてきます。

最近のものよりはかなり前に放送された風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタ、となりのトトロ、魔女の宅急便、紅の豚、耳をすませば、あたりですね。

● 海外ドラマ・映画のサウンドトラックについて。

海外のドラマなんかは数年前から日本でもかなり人気です。

海外のCDに関して、最初に知っておかなければいけないことは、国内盤と輸入盤が存在するということです。これはせどりをする上では重要なポイントとなります。

(1) 国内盤の特徴

CDせどりをしている人なら知っている人も多いと思いますが、日本のCDには再販制度というものがあります。日本では書籍や雑誌にもこの再販制度が定められています。

再販制度とは、一定期間定価販売を義務付ける制度です。例えば書籍であれば、出版社が定価を決めて、アマゾンなどの販売業者は指定された価格で販売しなればいけないということになっています。

CDに関しては、帯に定価販売をする期間が記載されています。2012年12月31日まで定価販売が禁止されているCDだったら帯に「12.12.31 (再) 」のような表示があります。

値段に関しては、輸入盤よりも国内盤の方が高いです。輸入盤と国内盤で定価が2倍近く変わるものもあります。また、国内盤には輸入盤にはないボーナストラックが追加されていることもあります。

(2) 輸入盤の特徴

日本の再販制度が適用されておらず定価がありません。日本盤よりも安く、為替状況によっても値段が変化します。

また、帯や歌詞カードが付いていないものが多いです。国内盤に歌詞カードが付いている理由は、再販制度により輸入盤よりも価格が高くなってしまうため日本語訳で付けられています。国内盤にボーナストラックが追加されている理由も価格によるものですね。

● 演劇・ミュージカルのサウンドトラックについて。

このジャンルはかなり異質なジャンルで、新しいCDがまったくなく、アマゾン最安値も1,000円を超えるものが多く、非常にせどり向きのジャンルとなっています。

分かりやすいジャンルでもあり、オペラ座の怪人と劇団四季に関するCDだけを覚えておけば問題ないです。日本国内というかヤフーオークションでは、この2種類がメインに動いています。

ヒーリング・ニューエイジの仕入れ基準

ヒーリング・ニューエイジというのは、病院などで流れている心を癒す音楽です。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

ヒーリング・ニューエイジは小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまります。このジャンルに関しては1万円を超えるような価格で売れたことはないです。

全体的に少し特徴がありまして、新しいければ新しいほど良いに越したことはないのですが、2000年やそれ以前に発売されたものでも、アマゾン最安値、アマゾンランキング、両方とも良いものが多いです。つまりせどり向きのジャンルとなります。

仕入れやすい激アツの狙い目があります。それは赤ちゃんに聞かせるようなCDです。

鉄板にも関わらずなかなか仕入れることが出来ないのがヨガ系のCDです。

数年前は仕入れやすかったのですが、ここ最近は厳しい状態が続いています。

キッズ・ファミリーの仕入れ基準

キッズ・ファミリーというのは、まあアンパンマンです。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

キッズ・ファミリーは小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまります。このジャンルはせどり向きのジャンルです。

狙い目で激アツではあるが、あまりせどり向きではないのが、先ほども名前が出ましたアンパンマンのCDです。せどり向きではない理由として、人気がありすぎてなかなか仕入れることが出来ないことが挙げられます。

アマゾンマーケットプレイスにあるアンパンマンのCDは他のCDとは異なる特徴があります。2000年あたりに発売されたCDでもアマゾンランキングが良いのは普通のことなのですが、新品の出品者がかなり多いという特徴があります。

個人的に好きなのがセーラームーンです。この言葉を実家の母に聞かれたらもう帰ってこなくて良いと言われるかもしれません。せどり向きなので好きです。(一応)

このセーラームーンのCDの特徴はアマゾンランキングはそこまで良いとは言えないが、1ヶ月~3ヶ月で売れています。何よりも仕入れやすいです。あと、万超えもある点も特徴の1つです。あとあと、全体的に古い商品しかないためせどり向きであると言えます。

キッズと言えばこれも忘れてはいけません。キッズせどりの王道ミッフィーさんです。昔から現在に掛けて、どんどん新作が発売されています。

また、ヒーローモノのCDも良いですね。

日本の伝統音楽・芸能の仕入れ基準

日本の伝統音楽・芸能というのは、落語や宗教といったジャンルです。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

日本の伝統音楽・芸能は大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品の商品に当てはまります。あまりブログやメルマガには取り上げられないジャンルですが、非常にせどり向きのジャンルです。

せどり向きのジャンルである理由として、出品者数が少ないジャンルであること、そして古い商品でも売れることが挙げられます。

このジャンルで誰でも知っている有名人は綾小路きみまろさんで、この方のCDに関しては、仕入れる際にライバルが多く、アマゾンマーケットプレイスの出品者数も多いです。そうなると必然的にアマゾン最安値は落ちていきます。つまり狙い目ではありません。

落語にはかなりせどり向きのシリーズがあります。朝日名人会ライヴシリーズと落語名人会シリーズです。電脳せどりで比較的仕入れやすく、アマゾンマーケットプレイスには出品者があまりいない商品です。

まずは、朝日名人会ライヴシリーズです。このシリーズはかなり商品数が多いのです。

次に、落語名人会シリーズです。こちらはアマゾンマーケットプレイスのカタログが手抜きです(笑)

この2つのシリーズの特徴として、レビューの入りも良いことが挙げられます。それぞれのシリーズの商品のレビューを見てみましょう。

まずは、朝日名人会ライヴシリーズ。

「掛取万歳を最初に聞いたのは飛行機の中での出来事 こんな腹を抱えて笑う話があるのかそれでいて歌のうまさの凄さと言ったら文句なし!飛行機の中でもあっちこっちで笑い声が聞こえるほどもう、待ってました~! 芸は身を助ける!」

次に、落語名人会シリーズ。

「この噺は、ばらばらにやるものだという先入観が私にはあった。特に「中」は死に絶えた話と思った。師匠自身がまくらで触れてるように、上中下を一気に演じる意味があるかは、最初は疑問であった。しかし、独演会で自由に時間が使える中で一気にこの噺を演じられると、全ての登場人物の心の葛藤が一気に明確になっていくように思える。この噺は、この実験的口演によって、一味違った、しかし大きな変革を遂げたと思う。すばらしい!」

日本的な感じと言いますか、風情のあるレビューですね。残念ながら僕自身は落語は無知であるため語ることは出来ません。上記のシリーズだけではなく、落語系のCDは全体的にアツいので是非チェックしてみて下さい。

ダンス・エレクトロニカの仕入れ基準

ダンス・エレクトロニカというのはご存知の方も多いと思いますがハウスやトランスといったクラブミュージックのことです。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

正直このジャンルは大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品に当てはまりますが、全体的にせどり向きのジャンルではないです。特にヤフオク系電脳せどりにおいてはです。

このジャンルといえばDJ~さん系のCDが沢山存在するのですがその多くはインポート系で、売れ残りを覚悟して仕入れを行わなければならないことが多く、全く手を出していません。かと言ってこういった俺様価格系の商品も大事な戦力となるわけで、その切り分けが難しいところです。

そんな厳しいジャンルとは言えども狙い目はあるわけで、ピンポイントとなりますが、日頃から狙い続けている商品はあるのでご紹介しておきます。

まずは頭文字D。ユーロビート系CDの有名所ですが、ヤフーオークションでも数多く出品されており、かなり仕入れやすいと思われます。

次にビートマニア。中学生の頃に流行っていたのを思い出しますが、今でも流行っているようですね。

人気商品で新品のないものは俺様価格になりやすい傾向があります。

アマゾンマーケットプレイス上のすべての商品にこの傾向があればせどらーはウハウハなのですが、残念ながらそう上手くは動いてくれません。

歌謡曲・演歌の仕入れ基準

演歌がどのようなジャンルなのかはご存知だと思いますが、歌謡曲とJ-POPの区別は曖昧ですね。1990年以前の音楽は歌謡曲だという認識ですが、はっきりとした分け方は無いようです。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

このジャンルは小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品です。全体的にアマゾンランキングも高く、売れるスピードも早いです。ただし、アマゾン最低価格がJ-POP同様低い商品が多く、残念ながらあまりせどり向きではありません。

古い商品が多く、CD以外のレコードやカセットなどが紛れ込んでしまうため、仕入れの効率が落ちてしまいます。タイトルに「LP」などのキーワードを入れて
くれない出品者の方も多いです。このジャンルを狙うよりは、他のせどり向きのジャンルを狙った方が良いです。

とは言っても狙い目はあるのでご紹介します。全体的に「ベスト」または「全曲集」という名前のCDはアマゾン最安値が高い傾向があります。

そして、このジャンルの鉄板は間違いなく美空ひばりです。

アマゾンマーケットプレイスにおいて、美空ひばりさんのCDの最安値は高く、ほとんどのCDはアマゾン最安値が1,000円以上です。アマゾンランキングは良いものから悪いものまであります。ただ、悪いものであっても半年経っても売れないということはないと思います。

次に80年代ベストや90年代ベストといったように昔の曲をまとめたオムニバスアルバムです。

10年ほど前に発売されたCDであってもアマゾンランキングが良いのが特徴的です。

スポーツ・カルチャーの仕入れ基準

スポーツ・カルチャーというジャンルは、野球やサッカーはもちろんのこと、学校の音楽だったり、人が成長していく過程で必ず聞く音楽のことです。いわゆる文化というやつですね。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

このジャンルは小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品です。このジャンルは恐ろしいほどせどり向きのジャンルなので、数多くの商品を扱っています。

まずはキッズ番組「おかあさんといっしょ」に体操のお兄さんとして出ていた佐藤弘道さん(ひろみちお兄さん)。この方のCDはどれも人気があります。

ただし、ひろみちお兄さんの場合は体操系だけで、ひろみちお兄さんが単体で出しているシングルCDは残念ながらせどり向きではありません。

シングルCDに関してはひろみちお兄さんに限らず全体的に言えることです。

幼稚園の体操や運動会などの教材用CDは全体的にアマゾンランキングが高く、アマゾン最安値も高いです。古いCDであっても人気があるという特徴があり、非常にせどり向きです。

でも幼稚園の体操や運動会のCDの一番の特徴はアマゾンカスタマーレビューがどれも良いという点ですね。アマゾンカスタマーレビューは購入層、どのような人が購入するかによって大きく変わってきますが、このジャンルの購入者さんは心がおおらかな人が多いようです。見習いたいところです。

学校関係で言うと、さらに狙い目があります。吹奏楽のCDで、今のところライバルが少ないジャンルとなっています。

アマゾンランキングは良いCDが少ないのですが、好きな人は好きそうですね。マニアの方もいるようなので、俺様価格狙いにはちょうど良いジャンルです。

電車もおそらくこのジャンルだと思うのでご紹介しておきます。

東京や大阪に住んでいる人だったら当たり前のように普段から電車を利用していると思いますが、山口県などの田舎だと電車には縁が無いかと思います。

過去に電車オタクが話題になりましたが、それもあってか電車関係のCDの需要も高まっています。

本せどりのジャンル別仕入れ基準完全版



どのようなジャンルが売れやすいのか、そのジャンルに膨大な数の本の中からどのような商品を狙えば良いのかなど、本を仕入れる際の仕入基準をまとめています。

今回取り上げている本のジャンルは洋書、絵本、医学書、文庫、詩集、バンドスコア、参考書、ビジネス書、コンピュータ本、漫画、地理・歴史書、写真集、科学・テクノロジー本、雑誌です。

洋書の仕入れ基準

まず、この洋書というジャンルはメインのせどりジャンルにしない方が良いです。

日本の企業などでも国際化の流れがあるんで、需要は増えているとは思いますが、通常のせどりで扱う日本語の書籍に比べると全体的に売れにくいです。

短期間で売ろうとせず、長い目で売れるのを待つべきジャンルです。

アマゾンマーケットプレイス上の洋書の特徴は、アメリカから発送される商品が多いです。

出品者コメントに「この商品はアメリカからの発送です。通常2~4週間でお届けします」といった記載も多く見られます。

海外から発送される洋書は、高値で出品されていることが多いのも特徴のひとつです。

洋書の仕入れ基準に関して、洋書を仕入れるときに、アマゾンランキングはどのようにチェックすれば良いのか。

洋書のアマゾンランキングは、通常の日本語の書籍と比べると、あまり売れやすさという観点をみると信憑性が薄いです。

ランキングが良い本でも全く売れなかったりします。それでも、数字として具体化するとするならば、洋書ランキング1万位以内が通常比較的売れやすい商品を仕入れる際の仕入れ基準になってきます。

ここからはもう少し実践的な話になってくるんですが、現在比較的稼ぎやすいせどりのスタイルとして、アマゾンランキングの良い回転系の商品で小銭を積み上げ、アマゾンランキングの悪い高額商品で大きいのを狙う、というのをお勧めしています。

洋書は後者のアマゾンランキングの悪い高額商品で大きいのを狙うジャンルにした方が良いです。

つまり、洋書の狙い目はニッチな分野、専門的な分野です。

病院や大学からの需要がある医療や看護関連、同じく大学からの需要がある生物や物理関連などです。

その場合は、定価が高い商品がアマゾンマーケットプレイスでも高値に位置していることが多いです。

あと洋書を出品する際のポイントをお伝えします。

商品の出品者コメントの欄はもちろん、文面の先頭に「日本国内からの発送」といったように、日本から発送される商品である旨を記載することでかなり売れやすくなります。

絵本の仕入れ基準

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

絵本は前者の小銭を積み上げるアマゾランキングの良い回転系の商品に当てはまります。

全体的にアマゾンランキングは良いジャンルなんですが、定価が安い商品が多く、なおかつアマゾンマーケットプレイスの中古価格も他のジャンルに比べ、安値になりがちです。

絵本というジャンルの特徴として、季節に影響されアマゾンマーケットプレイスで高値になる点、シリーズがまとめてアマゾンマーケットプレイスで高値をキープする点が挙げられます。

1つの目の特徴である、季節に影響されアマゾンマーケットプレイスで高値になる点に関して。

例えば、現在は12月でクリスマスの季節を迎えるわけですが、サンタクロースやクリスマス、これらの絵本がアマゾンマーケットプレイスでは高値になり、アマゾンランキングもかなり上昇してきます。

これは他のジャンルとは少し違う点です。本来転売というと、今後高値になる商品を予想して、事前に安く購入しておいて、予想通り高値に推移したときに売って利益を上げていたイメージを持っています。

春夏秋冬は定期的にやってくるので、季節に影響されアマゾンマーケットプレイスで高値になりやすい絵本というジャンルに関しては高値になりそうな商品がある程度予想出来ると思います。

2つの目の特徴である、シリーズがまとめてアマゾンマーケットプレイスで高値をキープする点に関して。

絵本というと、シリーズ物が数多く存在します。全体的に安くなっているシリーズもあれば、全体的に高くなっているシリーズがあります。

鉄板中の鉄板と言えば、小学館の図鑑NEOシリーズ。

これなんかは季節に影響されることがなく、発売されてから常に売れ続けているスーパーロングセラー商品です。

絵本に関しては、他のジャンルに比べると、絵という見た目が子供向けということもあり、分かりやすくなっているので、1度商品を見ただけでも覚えやすいです。

主婦の方なんかが、絵本せどりを得意としているとしているのにはこういった背景があるのです。

医学書の仕入れ基準

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

医学書は後者の大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品に当てはまります。

この分野に関しては、ランキングが良い商品もありますが、全体的にアマゾンランキングは悪く、アマゾンマーケットプレイスでは高額になりやすいです。

医学書というジャンルは、他のジャンルよりも定価が高いという点が一番の特徴です。

定価3,000円などは普通です。

このジャンルだけの話ではないんですが、アマゾンマーケットプレイスでは、定価が高い商品が、高値になる傾向があります。もちろん、定価が7,000円の商品が1円になっていることもあるので、あくまで傾向の話になります。

医学書の書籍は、単行本タイプと大きなサイズの専門書に分かれますが、前者の単行本タイプの書籍はアマゾンマーケットプレイスの最安値も安いです。

後者の大きなサイズの専門書が狙い目であり、定価が高く、アマゾンマーケットプレイスの最安値も高いです。

脳科学実験マニュアルという、かなりマニアックな書籍を500円で仕入れて、39,000円で売った過去があります。

キーワードで言うと、上記でも挙げた例のように、○○マニュアルという医学書は高額になる傾向があります。

ここで、紹介した商品はアマゾンランキングが良い商品ばかりですが、実際に仕入れる商品となると、もう少しアマゾンランキングが悪くなってきます。

薄利多売の仕入れを行っている人からすると、せどりの売上を高めるには、この医学書などの爆発力があるジャンルは不可欠です。

大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、いわゆる俺様価格の商品こそが、せどりの醍醐味だと思います。

文庫本の仕入れ基準

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

文庫本は前者の小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまります。

この分野に関しては、アマゾンランキングが恐ろしいほど良いです。しかし、せどり向きではありません。

文庫本の特徴として、基本的に定価が安いです。

定価が1,000円以下の商品が多く、アマゾンマーケットプレイスの中古価格も安く、1円本が数多く存在します。

この書籍は、定価が680円で、現時点のアマゾンランキングが238位、アマゾン最低価格が400円となっています。

アマゾンの新品680円(配送料無料)があるため、中古価格は、この400円という価格設定をされています。

しかし、400円(本体価格)+配送料だったら、アマゾンの新品680円(配送料無料)の方を購入するような気がするのですが、どうなんでしょうか。

まあ、購入者側の勘違いがあるので、この商品でも売れることもあります。しかし、売れる確率はかなり低いです。

このように、定価が安い書籍は、中古価格も安くなってしまう傾向があります。これは、文庫本というジャンル以外にも言える話なんですが、文庫本の定価は特に安いです。

もちろん文庫本のなかには、アマゾンマーケットプレイスの中古価格が高い書籍も存在します。

でも、定価が安くせどり向きではないこの文庫本というジャンルの中から探すよりは、間違いなく他のジャンルに目を向けた方が効率が良いです。

詩集の仕入れ基準

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

詩集は後者の大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品に当てはまります。

この分野に関しては、アマゾンマーケットプレイスでは中古価格が全体的に高いです。

アマゾンランキングが悪くても、俺様価格狙いで仕入れてみたものの、アマゾンランキングが悪いのそのままで、本当にまったく売れないという恐ろしいジャンルです。

ただし、詩集はまったくせどり向きではないんですが、一部の著者に関しては、せどり向きの本があるのでご紹介します。

本というよりは、著者を覚えておいた方がいいです。

せどり向きの著者は、茨木のり子さんです。以下、すべて茨木のり子さんの作品です。

どんなに有名な著者さんの作品でもアマゾンランキングが悪く厳しいです。

アマゾンランキングが良くても1円本ばかりだというのが現状です。自信を持ってせどりには向かない、手を出さない方が良いと言えるジャンルです。

バンドスコアの仕入れ基準

バンドスコアというのは、楽譜が沢山並んでいる本のことです。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

バンドスコアは、上記のどちらのパターンにも当てはまらないジャンルです。

回転系の商品もあり、大きいのも狙えるジャンル。つまりせどらーにとっては、稼げるジャンルとなっています。

バンドスコアがせどらーにとって稼げるジャンルと言える一番の特徴は、発行部数の少なさにあります。

試しにアマゾンマーケットプレイスでバンドスコアを見てもらえれば分かるんですが、中古の出品者数が少ないです。

そのため、価格競争が発生することが少なくなり、高額で売ることが出来るわけです。

発行部数が少ないことの他に、再版がないという特徴もあり、この点も他のジャンルの書籍と比べると、どれだけせどり向きなジャンルであるのかが分かります。

アマゾンマーケットプレイスで、中古価格が高くて仕入れても、実は古い版だったというのはよくあることで、そういった心配がないのは嬉しいです。

次に、定価が高いジャンルです。

アマゾンマーケットプレイスでは定価が高い書籍ほど、中古の最低価格も高くなる傾向があり、バンドスコアの定価は、1,500円~4,000円ほどになっていてどちらかと言うと、1,500円よりも4,000円寄りの定価の書籍の方が多いと感じます。

また、バンドスコアは大きく2つに分かれていて、スピッツやスガシカオといった有名アーティストの楽譜と、ギターの弾き語りトレーニングといったように、これからギターやドラムを始める人向けの楽譜といったようなものがあります。

前者の有名アーティストの楽譜に関して。

有名アーティストは出回っている部数が多いから、出来るだけマイナーなアーティストを狙えという情報を目にしますが、これは間違いですね。もちろん価格
が安くなっているものもあるんですが、それはごくわずかであって総合的にみると、中古価格は高いです。

スピッツとスガシカオを例にアマゾンマーケットプレイスの中古価格とアマゾンランキングをご覧下さい。

上記の数字を見てもらえれば分かると思うんですが、アマゾンランキングが30万位を超えるか超えないかといったようになっていて書籍のアマゾンランキングは、この30万位より良いと売れやすいです。30万位よりも悪いと売れにくくなります。あくまで基準であって、時には臨機応変な対応も必要なのですが。

スピッツやスガシカオのような有名アーティストのバンドスコアのアマゾンランキングが30万位程なので、有名アーティストのバンドスコアでないと売れません。

無名アーティストを俺様価格狙いで仕入れることも、もちろんひとつの手法なんですが、せどりは売れなければ意味がないので注意が必要です。

他にも、ギターの弾き語りトレーニングといったように、これからギターやドラムを始める人向けの楽譜はアマゾンランキングが恐ろしく良く、ロングセラーの書籍が数多くあります。

参考書の仕入れ基準

ここでいう参考書とは、大学受験や高校受験などに絞ったジャンルの書籍のことで、TOEICや英検といった資格を取る為の書籍のことではありません。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

大学受験の参考書で多くのブロガーに取り上げられているのは赤本です。

東京大学や早稲田大学などの一流大学は高値で取引されているようで、学部に特化すれば医学部の赤本は、どの季節でもアマゾンマーケットプレイスの最安値は高い傾向があります。

参考書のせどりなら、「教科書ガイド」という言葉は覚えておいた方が良いです。

教科書ガイドというのは、高校時代に何冊か持っていたのですが、学校の教科書に合わせて作られている参考書で教科書には問題のみしか掲載されていませんが、教科書ガイドにはその答えが掲載されているという、言わば学生にとっての裏技のような参考書のことです。

アマゾンマーケットプレイスにおいても、この教科書ガイドシリーズは非常に需要があり、中古の最安値も高く、アマゾンランキングも良く、さらに定価も2,000円と高く、非常にせどり向きの書籍となっています。

大学受験と言うと、大手予備校の人気講師の方が出している参考書が人気なのですが、これらはアマゾンランキングは良いのですが、アマゾン最低価格は安い傾向があります。

アマゾンランキングは良いため、105円で仕入れて、400円で売るというスタイルの方なら仕入れ基準になるとは思います。

参考書で意外と穴場なのが、大学院受験のための書籍です。

高校受験や大学受験より専門性が高く、定価も高校受験や大学受験の参考書より高いです。

大学院の受験向きの参考書と言うと、ニーズがあまりないように感じますが、アマゾンランキングが良い書籍が意外と数多く存在します。

このジャンルで気を付けなければならないことは、書き込みでありブックオフなどの店舗で実際に仕入れる商品を見ることが出来る方はしっかりと中身はチェックしておいた方が良いです。

鉛筆などの簡単な書き込みであれば、消しゴムで消すことはありますが、マーカーなど消すことが出来ない場合は、コンディションを可で出品せざるを得ません。

書き込みがあるとコンディション説明に明記しているにも関わらず、購入者の方から書き込みがあったと悪い評価を貰うことはあるのでご注意ください。

ビジネス書の仕入れ基準

ここで言うビジネス書というジャンルは、経営、経済、自己啓発、投資といった類の書籍を指しています。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

ビジネス書は、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまります。

一部の商品はロングセラーを続けていて常にアマゾンランキングも上位に食い込んでくるのですが、この分野はあまりせどり向きではありません。

その理由は、後ほどお話しますが、ますはロングセラーを続ける一部の商品をご紹介します。

下記の書籍は、いわゆる見つけたら即仕入れろ!と言われ続けている一覧です。

せどらーなら覚えておきたい書籍を挙げましたが、もちろんこういったアマゾンランキングの良過ぎる書籍はなかなか仕入れることが出来ません。

しかしながら、長くせどりをやっていれば、巡り合う機会は必ず訪れるため、頭の片隅に入れておいて損はありません。

上記で挙がった「7つの習慣」と並ぶ有名書籍に「金持ち父さん貧乏父さん」という書籍があります。

この書籍に関しては、アマゾンマーケットプレイスの中古出品者数が900人超えという状態になってしまい、需要が追いつかず、供給のみが進み、価格競争を生み出し、現在は利益を上げることが出来なくなりました。

この分野がせどり向きではない理由なのですが、上記のようにアマゾンランキングが良い書籍は多いのですが、アマゾン最安値が安い書籍が多いです。多いのレベルを通り越して多過ぎると言った方が良いかもしれません。

基本的にはアマゾン最安値は1円で、次に多いアマゾン最安値は100円~200円です。なんとか仕入れることが出来たとしてもアマゾン最安値400円~700円あたりの書籍が多いです。

出版社からすればよく売れるジャンルであるため、1点あたりの発行部数も多く、それだけ市場に流通してしまい、最終的にアマゾンマーケットプレイスの中古の出品者数が増加してしまう傾向があります。

しかも、アマゾンマーケットプレイスの中古出品者も早く売れることが分かっているため、基本的に回転本として扱ってくるために最安値に合わせ売り込んでしまうため、価格の暴落が起きやすいジャンルでもあります。

結論として、時間があまりないという方はチェックを後回しにするジャンルで、専業せどりで時間があるという方ならチェックしても良いジャンルです。

種類も多く、さらに似たようなタイトルの書籍も多く、時間を掛けた割には、あまり仕入れることが出来なかったということが普通に起きてしまいます。

コンピュータ本の仕入れ基準

ここでいうコンピュータというジャンルは、PC関連の書籍や、プログラミング関連の書籍といったジャンルを指しています。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

このジャンルは、、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまりますが、そうは言っても後者の大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品も存在するという、非常に分かりやすくせどり向きのジャンルです。

非常に分かりやすいジャンルという表現を使用した理由は、このジャンルの書籍はアマゾンマーケットプレイスで、どういったものが中古価格が高く、アマゾンランキングが良いのかが決まっていて、仕入れの際に狙い目の書籍を絞ることが出来るため、かなり効率的な仕入れを行うことが出来るからです。

このジャンルの狙い目は大きく分けて4つあります。プログラミング関連、マイクロソフトオフィス関連、アップル社関連、Web制作関連です。これらのジャンルをひとつひとつ解説します。

まずはプログラミング関連の書籍について。

プログラム関連の書籍は、上記で挙げた4つの狙い目の中では、一番アマゾンランキングは悪いのですが、アマゾン中古価格が高いものが、比較的多く存在します。

プログラミングというと、言語というものがあります。おそらく、ブックオフせどりでも、電脳せどりでも、せどりをやっている人であればその言語を見ています。JAVAとか、C++とか。

JAVAやC++のような多くのプログラマーが使う言語は、毎年毎年多くの書籍が発売されていて、2版、3版といったような書籍が多く、古い版であればあるほどアマゾンマーケットプレイスの最安値は低くなります。

せどらーの立場からすると、こういった版が重ねられる書籍というのは、難しいものとなります。

つまり、せどらーの立場からすると、世の中であまり使われていないマニアックな言語が狙い目となります。

ABAPという言語は本当に高額本しかありません。ただし、アマゾンランキングは恐ろしく悪いため、この言語に関しては必然的に俺様価格狙いです。

以前に比べるとアマゾンランキングは悪くなってしまいましたが、こういった書籍です。1999年あたりや2004年、2005年に出版された書籍が多い点が特徴的です。

また、他のジャンルにもある、いわゆる鉄板せどり書籍がこのジャンルにも存在します。プログラムはなぜ動くのか、ネットワークはなぜつながるのか、システムはなぜダウンするのか、○○はなぜ○○なのかという名前の、いわゆるシリーズものです。

このシリーズに関しては、数年前からアマゾン最安値が1,000円台、アマゾンランキングが100,000位以内に位置していることが多いです。

次にマイクロソフトオフィス関連の書籍について。

マイクロソフトオフィスというのは、Word、Excel、PowerPoint、Outlookというマイクロソフト社が販売しているソフトウェアです。今では、会社でもプライベートでも当たり前のように使用されています。

マイクロソフトオフィス関連の書籍は、アマゾン中古価格はそこまで高くないのですが、アマゾンランキングが良い回転本です。実際に売れた価格帯は700円~1,300円が多いです。

ほとんどの書籍にCDが付いているため、仕入れの際はその点もチェックしておきましょう。

マイクロソフトオフィスには、2003年版、2007年版、2010年版という違いがありますが、他の書籍とは違い、どの版でも売れます。

版を気にしなくて良いという点は、せどらーにとっては良い点で、効率的な仕入れを可能にします。アマゾンランキングも版によりそこまで大きく違ってくるということはありません。

鉄板商品がいくつかあり、せどりブログなんかでもよく見かけるのが、よくわかるシリーズです。オレンジと緑を基調にした見た目が分かりやすいという点が特徴的です。

次にアップル社関連の書籍について。

iPhone、iPad、iPodなどアップル社が販売している製品で、知らない人はもういないと言っても過言ではありません。

iPodの書籍のアマゾン最安値は落ちてきていますが、iPhone、iPadはまだまだ利益が取れる書籍が多いです。言うまでもなく、アマゾンランキングは良いです。

ただし、アマゾン最安値は高いとは言えず、上記で挙げたマイクロソフトオフィス社の書籍に比べると低くなります。

狙い目はiPhoneアプリ開発の書籍です。

やはり、専門書は定価が高く、アマゾン最安値もそれに比例して高くなっています。個人的には、アプリを作るより、アプリの作り方の基礎を教える教科書みたいな書籍を書いた方が儲かると考えています。

どのジャンルでもそうなのですが、教科書みたいな書籍は長い間安定して売れますし、定価も高めなので、非常にせどり向きですね。

最後にWeb制作関連の書籍について。

アメーバブログの書籍については、残念ながらアマゾン最安値が安くなっており、そこまでせどり向きとは言えません。

定価が1,000円台の書籍が多く、出品者が多いということもあり、価格競争も頻繁に起きています。

アメーバブログとは逆に、ワードプレスの書籍に関しては、その言葉を見つけた瞬間に仕入れるくらいの勢いでも問題ないほどせどり向きです。

ワードプレスの書籍は定価が3,000円に近い書籍が圧倒的に多く、それに比例してアマゾン最安値も高く、アマゾンランキングも良い書籍が多いです。

また、Web制作というと、CSS、JavaScriptという言葉があるのですが、この2つのキーワードは覚えておいた方が良いです。

CSS、JavaScript、どちらの書籍も定価が高い書籍が多く、プログラミング系の書籍の中ではありえないほどアマゾンランキングが良いです。

JAVAやC++といったプログラミングの書籍よりは、Web制作で使用される言語の方が圧倒的にせどり向きとなります。

数多くある書籍の中には、せどり向きの書籍とそうでない書籍が存在しているため、最低限せどり向きのキーワードやジャンルというのは覚えておくべきです。

漫画本の仕入れ基準

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

このジャンルは、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまりますが、せどり向きのジャンルではなく、このジャンルをチェックするよりは他のジャンルをチェックするべきだと考えています。

一番大きな理由としては、文庫本と同様定価が安いからです。ワンピースやナルトといったコミックの定価は現在は400円台となっており、中古価格は必然的に定価以下となるため、利益はまず出ないと考えていいです。

ただし、セット販売については十分利益を出すことが出来ます。

例えば、上記で挙げたワンピースのセット価格はヤフーオークション、アマゾンマーケットプレイス、ともに10,000円を超えています。

電脳せどりという観点で見ると、このセット販売については手を出せません。ここまで人気の商品となると、ヤフーオークションとアマゾンマーケットプレイスの相場がほぼ同じになってしまう傾向があるからです。

でも、ブックオフせどりをしている知人のなかにこのワンピースのセット販売で利益を上げている人がいます。

コミックのセット販売は、電脳せどりでは出来なくて、ブックオフせどりでは出来ることのひとつです。1日に複数店舗を回るせどりをしている方にとっては、有効な手段だと考えています。

地理・歴史本の仕入れ基準

ここで言う地理・歴史というジャンルは、日本や外国の地理に関する書籍から日本史や世界史といった歴史に関する書籍のことを指しています。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

地理系の書籍に関しては、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品に当てはまりますが、歴史系の書籍に関しては、回転も悪く、全体的に高値というわけでもなく、あまりせどり向きのジャンルではありません。

まず、海外旅行系の書籍はかなりせどり向きです。このシリーズはせどりをしている人なら絶対に知っておくべきです。

このシリーズでは、色々な国の書籍が毎年発売されています。このシリーズがなぜせどり向きなのかと言うと、覚えやすい表紙、定価が1,700円前後と高値であること、そして過去3年分まで売れるからです。

電脳せどりの場合、こういったシリーズ物はまとめて売られることがあります。

次に地図です。これに関しては、日本国内のものであっても、海外のものであっても、アマゾンランキングも良く、アマゾン最安値も高い傾向があります。

ただし、定価が1,000円を下回るポケット地図はせどり向きではないのでご注意ください。大型本と言われる大きめの地図が狙い目となります。

海外と言うと、真っ先に思い付くのが世界遺産なのですが、世界遺産に関する書籍はアマゾン最安値が安いものから高いものまで数多く出版されており、正直こういったものは仕入れに時間が掛かってしまうため、あまりおすすめは出来ません。

しかし、世界遺産検定の問題集はアマゾンランキングも良く、アマゾン最安値も1,000円を超えるものが多いです。

この世界遺産検定は少し普通の資格試験とは異なり、内容の改定が2年に1回や3年に1回のペースで行われており、年度が2、3年古くても普通売れています。

ここから少し歴史寄りになっていきますが、○○戦争や新撰組などの歴史モノの書籍は難しいジャンルになってきます。

数多く出版されていることもあり、その中からアマゾンランキングも良く、アマゾン最安値が高い書籍を見分けることは無理と言っても過言ではありません。

しかし、ある程度狙い目を付けておけば十分利益の出せる書籍は存在するため、そういった狙い目ジャンルをお伝えしていきます。

まずは、数多くある戦争モノの書籍の中でもせどり向きなのが、兵器や戦闘機といったジャンルです。

あまり書籍のことに関しては詳しくないため上手く説明出来ませんが、海外の書籍を翻訳されたものは定価が高く特に狙い目です。

海外の兵器や戦闘機系の書籍は、需要過多となっており、アマゾンランキングが恐ろしい良いです。

写真集の仕入れ基準

写真集に関しては詳細説明は不要でしょう。あの写真集です。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

写真集は大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品に当てはまります。ただし、なかにはアマゾンランキングも良い商品もあるため非常にせどり向きなジャンルとなっています。

一般的に写真集でせどり向きと言われているのは篠山紀信さんの作品です。現在70歳を超える有名な写真家で、10年ほど前の作品が中心となります。

アマゾンランキングも良く、アマゾン最安値も全体的に高いです。

写真集は女優というよりは、写真家によってアマゾンマーケットプレイスの中古価格が大きく変わります。

細川ふみえの写真集なんかは篠山紀信が撮影したものだけアマゾン最安値が高いです。

今現在テレビで活躍している人だとしても、アマゾン最安値が安かったりします。AKB48だから、嵐だからと言っても、すべての商品がせどり向きではありません。

有名であればあるほど、発行部数が多くなり、アマゾンマーケットプレイスの最安値もそれだけ安くなります。そこが写真集のせどりを行う上での難点です。

ただし、写真集のせどりと言えば覚えておきたい人もいるので紹介します。ビビアン・スー、綾瀬はるか、安めぐみ、仲村みう、吹石一恵、由美かおるです。

あとセクシー女優の写真集はテレビで活躍している女優よりは発行部数が少なく、価格競争が少ないです。そうは言ってもファンが多いジャンルであるため、非常にせどり向きです。

覚えておきたい人は、明日花キララ、みひろ、麻美ゆま、初音みのり、蒼井そら、Rioです。

総合的に見るとこのジャンルは難しいです。上記でも書いていますが、今現在テレビで活躍している人だとしても発行部数が多いためにアマゾン最安値が安いからです。あと時期によっても相場が変わってしまう写真集は多いです。

科学・テクノロジー本の仕入れ基準

科学・テクノロジーと言うと分かりにくいのですが、微分積分など研究者が扱うような数学、統計学、物理学、生物学、工学、エネルギーといった名前からして高額本が見つかりそうなジャンルです。

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

科学・テクノロジーは大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品に当てはまります。

このジャンルと言えば統計学の書籍は良く目にします。でも統計学に関する書籍は数が多く、アマゾン最安値が安いものを多いため、狙い目を見極めることが難しいです。さらに、アマゾンランキングが悪いこともあり、あまりおすすめは出来ません。

東日本大震災により注目された地震関連の書籍はどうなのかというと、最近出版されたものは例外となりますが、2010年以前の地震関連の書籍はまあ売れるのが遅いです。アマゾンランキングも低いです。

原発関連の書籍も同様に古い書籍はアマゾンランキングが悪く、この1年に出版された書籍は一般消費者向けの書籍ばかりで、定価が安くせどり向きではありません。

品質管理に関する書籍はかなりせどり向きです。

品質管理という言葉は幅広い使われ方をされますが、商品の製造過程から消費者のもとに届くまでの間に行う品質チェックのことで、この品質チェックを何度も繰り返してようやく製品として僕らの手元に届きます。

顧客満足度に敏感な日本企業はこの品質管理をかなり意識しており書籍に関しても良い流れが来ています。狙い目としては、品質管理検定試験の問題集がアマゾンランキングも良く、アマゾン最安値も高くおすすめです。

このジャンルで一番の狙い目は数学の書籍です。僕がせどりを始めてから何度もお世話になっている書籍で、ニッチな分野のなかでもアマゾンランキングは良いものから悪いものまでありますが、アマゾン最安値が高値な書籍が数多く存在します。

最初にもお伝えしましたが、中学生や高校生が学ぶ数学ではなく、社会人や研究者、大学生が学ぶ数学のことです。このような書籍のことを言っています。

また、プラズマや磁気関連の書籍も良く、10年以上前の書籍が中心で、状態はあまり良いものがないのですがしっかりと売れています。

統計学に関する書籍は年代に左右されがちなのですが、こういった数学関連の書籍や磁気関連の書籍は年代に左右されることはありません。

とても売れやすいとは言えませんが、安定した需要があり、非常にせどり向きと言えます。

ニッチ過ぎて一見売れなさそうな電気磁気学の書籍が売れる理由を以前調べたことがあります。

その結果分かったことは、電気磁気学は、宇宙の法則や原子などの基礎となる考えであり、他の分野の理解に欠かせない学問であるということです。

総括すると、テレビなどで取り上げられ一時的に売れやすい商品や発売されたばかりで一時的に売れやすい商品よりは、こういった年代などの要因に左右されない書籍は安定していて強いです。

雑誌の仕入れ基準

せどりの傾向を分析する際の基準として、小銭を積み上げるアマゾンランキングの良い回転系の商品と、大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品、という2つのパターンを使用しています。

雑誌は大きいのを狙うアマゾンランキングの悪い高額商品に当てはまります。

雑誌は書籍のなかでもかなり特殊で、一部通常のアマゾンランキングに含まれている商品もありますが、ランキングが通常のアマゾンランキングとは異なります

そのため雑誌を仕入れる際にアマゾンランキングは見ずに、通常のアマゾンランキングに含まれている商品については通常の書籍と同様の基準で仕入れをすると良いでしょう。

上記の通り、アマゾンランキングによる判断が出来ないため雑誌というジャンルの商品は最安値にして出来る限り早めに売り切るべきです。

その考えには根拠があり、雑誌というジャンルは大きく2つの傾向を持っています。

すぐに値崩れしてしまう雑誌とまったく値崩れしない雑誌があります。

例えば、二次元ドリームマガジンという雑誌なのですが、1年前に4,999円に売れた商品であるにも関わらず、現在のアマゾン最安値は150円という状態です。

狙い目は高級車を掲載している雑誌で、これらはせどりの鉄板商品なので覚えておいた方が良いです。定価が3,150円と雑誌のなかではかなり高いという点が特徴です。

インターネット上でも車関係の雑誌はアツいと言われていますが、ただし高級車に限るという認識を持っています。フェラーリ、ポルシェを筆頭にBMW、クラウン、レクサスです。

雑誌せどりの攻め方としては簡単で俺様価格になりやすい雑誌と定価が高い雑誌をピンポイントで狙うことです。

定価が高い雑誌はアマゾンのカタログページの左側にある検索欄を利用して、価格を高めに絞ればいくらでも出てきます。

ある号だけ飛び抜けて高いとかもあります。

こういったある号だけ高い雑誌は事前に予想して新品を買ったりはせず、アマゾン最安値が高いときに仕入れるべきです。というのもせどりは予測出来ないからです。

また、雑誌というと増刊号や特集号がアツいと言われますが、実際は数が多過ぎて、その中には安いものから高いものまであり、絞りきることが難しいのであまりおすすめは出来ません。

定価の安い雑誌。コンビニで売られているような雑誌の売値は良くて定価、悪くて定価以下といった感じで利益が薄いためおすすめは出来ません。

ファッション誌なんか沢山ありますが、これもまた残念ながらせどり向きではないです。

理由は2つで、定価が安いことと、基本的にこういった雑誌は付録付きだからです。付録もCDなどではなく、ポーチなどの小物が多いため中古のせどりには向きません。仕入れるときにはポーチなどの小物がない場合が圧倒的に多いです。

高額で取引されるヤフオクの改造フィギュアの現状


 
定価で仕入れた物にある付加価値を加えることで、その価値を仕入れ値の9倍にまで高めた実例について取り上げておきます。

何をやったかと言うとずばり「リペイント改造」です。

新品購入 → リペイント改造 → ヤフオク販売

アマゾンマーケットプレイスにしかいない方にとっては、この「リペイント改造」という行為は馴染みのないものかもしれませんが、ヤフオクにいる方、特にフィギュアに関心を持っている方にとってはお馴染みとなっているはずです。

違法スレスレの行為

しかし、この改造という行為は非常にグレーゾーン。いわゆる著作権というものに多いに引っ掛かる可能性が高く、同人誌と似た扱いをされています。

同人誌については、僕はあまり詳しくないのですが、まああれですよね?個人が作った大人のエヴァンゲリオンみたいなやつ。碇くんとアスカがいやらしいことをしているやつ。

ただフィギュアの改造でも、同人誌の作成であっても、宣伝効果への期待などから黙認されているという現実があります。

フィギュアの改造の注意点

とは言っても、フィギュアの改造においては絶対にやってはならない行為というものがいくつか存在しています。

・リペイントは著作権上、プラモデルを製作した場合と同じ扱い

・工場出荷時に著作権使用料を支払っている、ということなのでリペイントだけ施したフィギュアをヤフオクに出品しても大丈夫なのだが、カラバリや改造の結果、別キャラになった場合は販売した時に著作権法違反になるので注意

・原作版のフィギュアがアニメ版になりましたーっというのも別キャラ扱い

・素材が海賊版の場合、それを知っていてリペイントして販売しても違反になる

これまでヤフオクで出品されていた改造フィギュアを見ていた感じだと、出品者が一番強く意識しているのが、最後の「素材が海賊版の場合・・・」というやつでして、国内正規版という記載がなされている場合が多いです。

そんな感じで、グレーゾーンの中を掻き分ける形となってしまいますが、これは知っておいて損はないはずです。

ヤフオク+ブログで落札率アップ

リペイント改造をしている人が大体やっているのがブログの運営ですね。大体FC2ブログです。

ヤフオクで落札者さんから追加画像の依頼があった場合に使用しています。

せどりの世界でも、大学生だったら専門書など、せどりを始める前から培ってきた特技や知識を活かすということは頻繁に言われていることなのですが、ここまで特技を活かし商品に付加価値を与えるというのはないですね。

今のホビーやらコミックマーケット(通称コミケ)が流行している時代であれば、ここに特化した専門学校なんかが出来ても不思議ではないですが、グレーゾーンであるため、どの出品者さんも「素人作品」と「趣味」という言葉を強調されています。

もちろん、今回のリペイント改造だけでもなく、ヤフオクには他にも特技を活かし商品に付加価値を与えられるような事例はありそうです。

日本のAmazonとアメリカのAmazonとの違い(出品者編)



輸出のいったい何が良いのでしょう?

せどりも同時並行でやっている私から輸出の良さを言わせてもらえば、「何でも売れる」ということに尽きます。

せどりといえば、普通は本・CD・DVD・ゲーム・フィギュア・家電とジャンルは決まっています。輸出をするようになると、そのジャンルによるリミットが外れます

輸出のメリット

輸出については何でも売れます。

挙げたらキリがないですが、カメラのレンズ、ゴルフクラブ、掛け軸から日本の何かの商品のおまけ、秋葉原で無料で配っている地図までも売れます笑。

日本で売られている物全てが輸出する対象になるイメージです。その中でも仕入ができる商品、利益が出せる商品というのが存在するので、それを探して出品していくことになります。

私はAmazon輸出ということでAmazon.comでも販売しているのですが着ぐるみから、けん玉、のこぎりなど訳のわからない商品が売れていきます。

せどりをしていたら、絶対に仕入れることのない商品でしょう。そういう商品も利益を出す対象になるというのが、輸出の一番の強みです。

また、前述した本・CD・DVD・ゲーム・フィギュア・家電のせどりの定番ジャンルについて言えば、日本だと利益が出ないけど海外だと利益が出る商品が無数にあることも魅力的なことの1つです。

例えば、ゲームソフトの「PS Vita 初音ミク -Project DIVA- f 」に関していいますと、日本で店舗で中古品を買って、日本のAmazonで中古として販売して利益を出すことは不可能です。



ただ、これをAmazon.comで販売すると、中古でも利益が出ます。このように、せどりの定番ジャンルに関しても、利益を出す商品の幅が広がることも、輸出の大きな魅力の1つです。

北米市場は日本の売上の約4.5倍

そして、最後の長所としては、「世界の市場は広い!」ということです。

Amazonはあまり売上データを公開しないことで有名なのですが、2012年になぜか国別の売上高が公開されました。

そのデータだと、2012年に日本は78億ドルの売上高でした。これはAmazon全体の売上高の12.76%です。他の国のデータを見てみると、ドイツが日本より少し多い87億ドル、イギリス65億ドルです。

そして、アメリカ単体のデータは見つけれなかったのですが、北米市場の売上は合計で348億ドルでした。

北米市場は日本の売上の約4.5倍です。

つまり、Amazon輸出の中でアメリカという国に限定しても、日本の3~4倍の売上規模の市場で商品を販売することができます

Amazon.co.jpに様々な種類の並行輸入品が出品されているように、各国のAmazonサイトで「japan import」という名前のついた商品が大量に出品されています

実際に日本の商品は各国でニーズがあるので、それを販売していこうというのが、Amazon輸出です。

日本のAmazonとアメリカのAmazonの違い

違いは少しありますが、同じAmazonのサイトなので両者のサイトですごい大きな違いはないです。

ここでは、アメリカのAmazonの違いとして、面白い違いを紹介したいと思います。

・今からAmazon輸出を始めても、アメリカでおもちゃ(フィギュア)は通常出品できない。(→11月半ばから翌年の1月第1週目までAmazon.comではホリデーシーズンと呼ばれ、過去に販売実績がある人しかおもちゃは出品することができません。ちなみに、FBA出品なら販売することができます。)

・ホビーの販売手数料は15%(日本では販売手数料が10%ですが、ア
メリカだと15%です。地味に痛いです。)

・ゲームのカテゴリー成約料がとられる。(日本では大口出品ならばゲームのカテゴリー成約料はかかりませんが、アメリカだと1.35ドルかかります。)

・ホビーはFBA商品でもカートが取れない。(フィギュアの出品者はカートが取れず困っているようです。)

・Amazon.comで販売しているのに送り先がヨーロッパなどの別の国というケースも多々ある(さすがAmazon.comのサイト。ヨーロッパ・メキシコなどからも注文が多々入ります。)

Amazon輸出の現状

最初にAmazon輸出の魅力について語りましたが、Amazon輸出の現状はというと、残念ながら決してブルーオーシャンではないです。

もしAmazon輸出についてブルーオーシャンと言っている人がいれば、ポジショントークだと考えたほうがよいと思います。

Amazon輸出は非常に魅力的な方法なので、当たり前ですがライバルが数100人単位でいると思っておいて下さい。

最初の過渡期は出品者数も多くなく、簡単に多くの利益を残すことができました。ただ現在では皆が利益を削りながら、結構薄利でやっています。

なので、Amazon輸出は夢のような方法だと思わないでください。ただ、自分なりにうまくいく戦略を考えて、他のセラーと差別化すると、利益を充分に残すことができます。やり方しだいでは稼げるといった感じでしょうか。

そのため、Amazon輸出は新しいことにチャレンジするのが好きで、自分なりにうまくいく方法を考えられる(考え続けれる)人が向いているのかなと私は思います。

Amazon輸出の始め方(Amazon.comで販売を始める方法)

まずは出品用のアカウントを取る必要があります。その際に必要になるのが、「アメリカの法人用銀行口座」です。

個人の銀行口座を使っていると、おそらくですがアカウントがいつか停止になると思います。

アメリカの法人用銀行口座が必要ということで、アメリカで法人を設立しなければならないかというと、実は抜け道があります。

Payoneer(ペイオニア)」というアメリカの法人用銀行口座を「レンタル」するサービスがあります。

若干怪しい方法なのではないか?と思う人もいると思うのですが、Amazon.comのセラーアカウントのログイン画面にいつも広告で表示されていますので、おそらく大丈夫だと思います笑。

また、Payoneer(ペイオニア)を使っているからという理由で、アカウントが停止になったというのは聞いたことがありません。

もちろん、米国法人を設立してBank Of Americaなどの法人用口座を作る方法もあるのですが、最初から始める方にはオススメしません。

理由は法人を作るということで、設立費用から、決算費用、毎月の税務担当への支払い、州の法人維持費など色々な維持費がかかるからです。

日本で法人を作ることをイメージをして下さい。維持費が結構かかりますよね。そのため、Amazon輸出を一から始める方は、Payoneer(ペイオニア)をオススメします。

ペイオニアの年間の費用としては、年間のカードアカウント管理費として毎年29.95ドルがかかることぐらいです。つまり、年間3000円ぐらいの費用で、「アメリカの法人用銀行口座」をレンタルして出品用のアカウントを取得して、Amazon.comで販売を始めることができます。

実際の登録方法は多くのブログ・Amazon輸出の本で取り上げられているので、参考にしてみてください。

Amazon輸出を実際に始めるには、ペイオニアに登録して、実際にペイオニアのカードが届けば、Amazon.comに登録して、出品を始めることができます。

Amazon輸出の魅力はありますが、現状では決してブルーな市場とはいえない状況です。ただ、やり方次第では充分に利益を残せる市場だと思います。

初めから簡単にはいかないと思いますが、Amazon輸出に魅力を感じる人はAmazon輸出をはじめてみるのはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


Page 1 of 512345

このページの先頭へ