日本からオーストラリアに荷物を送る方法!郵送料金・日数・関税も徹底解説



日本からオーストラリアのシドニー・メルボルン・ブリスベンなどに国際輸送で郵便局から荷物を送る発送方法についてです。いくらで送れるのか、何日で届くのか、過去の実際の追跡結果をもとに郵送料金と配達日数も徹底的に解説します。

郵便局から小さい荷物を安い料金で送ることが出来る送り方には「国際eパケットライト」、速達で早く届ける送り方には「EMS」、大きい荷物を送ることが出来る送り方には「国際小包」があります。

オーストラリアに荷物を送る点で注意しなければならないのは、送れる食品の制限が年々厳しくなっており、例えばカップラーメンも送ることができずに日本に戻ってきたという事例も多くなっています。

オーストラリアには食べ物は送れないと思っておいた方が良いです。

一番オススメの送り方は、多くの日本人がオーストラリアに送るのに利用し、最速で届けることが出来る「EMS」です。どの送り方にするか迷ったら「EMS」をご利用ください。

この投稿の続きを読む »

日本からカナダに荷物を送る方法!郵送料金・日数・関税も徹底解説



日本からカナダのトロント・モントリオール・カルガリーなどに国際輸送で郵便局から荷物を送る発送方法についてです。いくらで送れるのか、何日で届くのか、過去の実際の追跡結果をもとに郵送料金と配達日数も徹底的に解説します。

郵便局から小さい荷物を安い料金で送ることが出来る送り方には「国際eパケットライト」、速達で早く届ける送り方には「EMS」、大きい荷物を送ることが出来る送り方には「国際小包」があります。

送ることが出来る場所は郵便局の窓口または自宅まで取りに来てもらう集荷のみで、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニからは送ることが出来ません。

また、どの送り方でも追跡番号が付与されているため、発送から配達までを追跡システムから追うことが出来るようになっています。

一番オススメの送り方は、多くの日本人がカナダに送るのに利用し、最速で届けることが出来る「EMS」です。どの送り方にするか迷ったら「EMS」をご利用ください。

この投稿の続きを読む »

日本からイギリスに荷物を送る方法!郵送料金・日数・関税も徹底解説



日本からイギリスのロンドン・バーミンガム・グラスゴーなどに国際輸送で郵便局から荷物を送る発送方法についてです。いくらで送れるのか、何日で届くのか、過去の実際の追跡結果をもとに郵送料金と配達日数も徹底的に解説します。

郵便局から小さい荷物を安い料金で送ることが出来る送り方には「国際eパケットライト」「国際書留・保険付書状」、速達で早く届ける送り方には「EMS」、大きい荷物を送ることが出来る送り方には「国際小包」があります。

送ることが出来る場所は郵便局の窓口または自宅まで取りに来てもらう集荷のみで、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニからは送ることが出来ません。

また、どの送り方でも追跡番号が付与されているため、発送から配達までを追跡システムから追うことが出来るようになっています。

一番オススメの送り方は、多くの日本人がイギリスに送るのに利用し、最速で届けることが出来る「EMS」です。どの送り方にするか迷ったら「EMS」をご利用ください。

この投稿の続きを読む »

日本からブラジルに荷物を送る方法!郵送料金・日数・関税も徹底解説



日本からブラジルのサンパウロ・リオデジャネイロ・サルヴァドールなどに国際輸送で郵便局から荷物を送る発送方法についてです。いくらで送れるのか、何日で届くのか、過去の実際の追跡結果をもとに郵送料金と配達日数も徹底的に解説します。

郵便局から小さい荷物を安い料金で送ることが出来る送り方には「国際eパケットライト」「国際書留・保険付書状」、速達で早く届ける送り方には「EMS」、大きい荷物を送ることが出来る送り方には「国際小包」があります。

送ることが出来る場所は郵便局の窓口または自宅まで取りに来てもらう集荷のみで、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニからは送ることが出来ません。

また、どの送り方でも追跡番号が付与されているため、発送から配達までを追跡システムから追うことが出来るようになっています。

一番オススメの送り方は、多くの日本人がブラジルに送るのに利用し、最速で届けることが出来る「EMS」です。どの送り方にするか迷ったら「EMS」をご利用ください。

特にブラジルは貧困国であるためか、配送途中で荷物が紛失したという事例が多いのですが、この点についても一番安全なEMSで送ることにより荷物が届かないというリスクを減らすことが出来ます。

この投稿の続きを読む »

日本からアメリカに荷物を送る方法!郵送料金・日数・関税も徹底解説



日本からアメリカのニューヨーク・ロサンゼルス・シカゴなどに国際輸送で荷物を送る発送方法についてです。いくらで送れるのか、何日で届くのか、過去の実際の追跡結果をもとに郵送料金と配達日数も徹底的に解説します。

小さい荷物を安い料金で送ることが出来る送り方には「国際eパケットライト」「国際書留・保険付書状」、速達で早く届ける送り方には「EMS」、大きい荷物を送ることが出来る送り方には「国際小包」があります。

送ることが出来る場所は郵便局の窓口または自宅まで取りに来てもらう集荷のみで、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなどのコンビニからは送ることが出来ません。

また、どの送り方でも追跡番号が付与されているため、発送から配達までを追跡システムから追うことが出来るようになっています。

一番オススメの送り方は、多くの日本人がアメリカに送るのに利用し、最速で届けることが出来る「EMS」です。どの送り方にするか迷ったら「EMS」をご利用ください。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 1412345

このページの先頭へ