クリックポストで差出人無記名の匿名配送できない理由と対策



日本郵便のクリックポストを差出人の住所や氏名を差出人無記名で差し出す匿名配送ができない理由と、その代わりの送り方について解説します。

クリックポストは他の送り方とは異なり、差出人情報をYahoo! IDやAmazonアカウントを元に表示する仕組みのため、差出人欄を空欄のままにしてラベルを印刷することは構造上できません。

また、差出人の氏名を偽名にして送ることは可能でも、万が一配送に不備があった際、返送ができなくなってしまうので、その荷物は一定期間郵便局に保管された上で破棄されてしまいます。

匿名配送で送りたい場合であれば、メルカリやヤフオクであれば、それぞれの独自の送り方で匿名配送が利用できるサービスがあるので、そちらを利用することをおすすめします。

この投稿の続きを読む »

普通郵便で現金を送るのがバレる理由と現金送付が違法である理由



普通郵便の定形郵便や定形外郵便で現金を送るのがバレるその理由と郵送での現金送付が違法である理由について解説します。

普通郵便で紙幣や小銭などの現金を送ってもバレないと思っている人は多いのですが、実際には高い確率でバレてしまい、さらに最悪の場合だと普通郵便で現金を送ると法律違反で罰せられる可能性もあります。

日本郵便で唯一現金を送ることができるのは現金書留を付けた郵便物のみで、簡易書留や一般書留を付けても送れません。

現金を送る際には必ず定形郵便や定形外郵便といった普通郵便に現金書留を付けて送るようにしてください。

この投稿の続きを読む »

伝票の処分方法!住所氏名など個人情報を守る捨て方と処分時期



日本郵便のゆうパックやヤマト運輸の宅急便の配送伝票の処分方法について、燃えるゴミ燃えないゴミなどの分別方法、記載された宛名・住所・電話番号など個人情報を守る捨て方にも扱った上で解説します。

使用済みの伝票は再利用することはできないので、基本的に捨てて問題ありませんが、捨てるタイミングとしては荷物が受取人に到着してからとなります。

また、伝票には住所や氏名、電話番号など個人情報がたくさん記載されているため、そのまま捨てることは避けてください。

自宅で処分する際は家庭用のシュレッダーを利用するか、ハサミで細かく切り刻んだ上で、その地域ごとの分別方法の資源ゴミや燃えるゴミとして捨てる必要があります。

この投稿の続きを読む »

郵便局で借りれるもの!ガムテープ・のり・ハサミ・ボールペンなど全部解説



郵便局の窓口からゆうパックや普通郵便などの荷物を送る際にガムテープ・セロハンテープ・のり・ハサミ・定規・ボールペン・マジックなどは無料で貸してもらうことが出来るのか、梱包時に必要なものが郵便局に置いてあるのかを徹底解説します。

郵便局では窓口の外の記入台にボールペンやマジック、のりなどが設置されているので、こちらは無料で勝手に使用して構いません。

ガムテープやセロハンテープなどはこの記入台には置かれていないので、窓口で聞くことで無料で貸してもらえます。

ただし、封筒や紙袋、ゆうパック梱包用のダンボールなどは無料では配布されておらず、有料で購入する商品として扱われているのでご注意ください。

この投稿の続きを読む »

レターパックの綺麗な開け方と入れ忘れ時の入れ直し方法



多くの人が受け取り後に無理やり開けているレターパックライトとレターパックプラスの綺麗な開け方、差出人が糊で封をした後に入れ忘れに気づいて綺麗に開けて再度梱包する方法を解説します。

レターパックの専用封筒は厚紙製のためハサミできるのも大変で、無理やりこじ開けても綺麗に開封できません。

開封する際は、封筒裏面の左側のべろが大きくなっている辺りをカッターの刃などを使ってゆっくりと剥がすことで、綺麗に開けることができます。また、ドライヤーの熱などを当てながら行うことで、より開けやすくなるのでおすすめです。

封をした後のレターパックの封筒に必要な書類を入れ忘れていたことを気がついた場合も、上記の手順で綺麗に開けてから入れ直し、再度糊付けすることで問題なく送ることができます。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 11812345

このページの先頭へ