特定記録郵便の出し方!ポストに投函できないから郵便局の窓口で



特定記録郵便はコンビニのレジから送ったり、街中にある郵便ポストにポストインして送ることができないため、郵便局の窓口から出す必要があります。

万が一特定記録郵便の料金分の切手を貼り付けた郵便物を郵便ポストに投函してしまうと、その郵便物はあくまで普通郵便としてしか扱われず、特定記録のサービスが受けられないので絶対に投函しないようにして下さい。

特定記録郵便を土曜日・日曜日・祝日と休日に差し出す場合、最寄りの郵便局が休日は定休日のところであれば、他の郵便局に差し出しに行くかゆうゆう窓口がある店舗を利用するようにして下さい。

この投稿の続きを読む »

特定記録郵便の受け取り方法と受け取りを拒否する方法



定形郵便など普通郵便に付けることで荷物の引受時の記録がされるようになる特定記録郵便の受け取り方法と受取を拒否する方法についてです。

特定記録郵便では簡易書留とは違い配達時は受取人宅の郵便受けに投函されることで配達が完了となります。

定形外郵便で送った郵便受けに入り切らないようなサイズの荷物であれば特定記録郵便であっても、チャイムが鳴らされ対面手渡しでの受け渡しとなりますが、基本的には郵便受けでの受け渡しとなっています。

そのため、郵便受けに入ったままだと盗難等が心配な内容品であれば、郵便局の窓口で受け取る郵便局留めで送る方法がおすすめです。

この投稿の続きを読む »

特定記録郵便と簡易書留の違いを徹底比較!料金と内容が違う



郵便局の窓口や郵便ポストに投函して送るハガキ・定形郵便・定形外郵便・ゆうメールに付与することができるオプションの特定記録と簡易書留は何が違うのか、料金やサービス内容など違いを徹底的に比較解説します。

特定記録と簡易書留では、料金・配達方法・補償額・配達される曜日が大きく異なっています。

特定記録があくまで普通郵便に引き受け時の記録を行うようにし、追跡も行えるようにしたサービスなのに対し、簡易書留では対面手渡しでの受け渡し・実損額5万円までの補償・日曜日や祝日の配達など、特定記録にはないサービスが受けられるようになっています。

その分簡易書留は特定記録よりもオプション料金も倍近く高くなっているので、自分が希望するサービスに合わせて適切な方を選択するのがおすすめです。

この投稿の続きを読む »

特定記録郵便の料金計算方法と必要な切手の枚数と値段



ミニレター・定形郵便・定形外郵便・ゆうメールなどといった普通郵便扱いの送り方に特定記録のオプションを付けて特定記録郵便として送るときの料金とそのとき必要となる切手の枚数や値段についてです。

特定記録のオプションを付けて送ることができる送り方にはミニレター・定形郵便・定形外郵便・ゆうメールがあります。

これらの送り方には追跡番号がありませんが、特定記録を付けることによって、荷物の引受時が記録され、荷物の追跡も行えるようになります。特定記録のオプション料金は160円で、いずれの送り方につけてもこの160円が追加で加算されます。

この投稿の続きを読む »

特定記録郵便の配達日数!土曜日・日曜日・祝日の配達についても



定形郵便や定形外郵便に付けることで荷物の引受時の記録が付けられるオプション、特定記録郵便の配達日数についてです。土曜日や日曜日、祝日の配達についても解説します。

特定記録郵便の配達日数はあくまで通常の定形郵便など普通郵便と同様なので、基本的に差し出した都道府県から近い場所で翌日配送、遠い場所で翌々日配送となります。

また、特定記録郵便は普通郵便扱いのため、配達が行われるのは平日と土曜日のみで、日曜日や祝日の配達は行われません。万が一、休日中に特定記録郵便を到着させたい場合には速達のオプションを別途つけることをおすすめします。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 6812345

このページの先頭へ