特定記録郵便の配達日数!土曜日・日曜日・祝日の配達についても



定形郵便や定形外郵便に付けることで荷物の引受時の記録が付けられるオプション、特定記録郵便の配達日数についてです。土曜日や日曜日、祝日の配達についても解説します。

特定記録郵便の配達日数はあくまで通常の定形郵便など普通郵便と同様なので、基本的に差し出した都道府県から近い場所で翌日配送、遠い場所で翌々日配送となります。

また、特定記録郵便は普通郵便扱いのため、配達が行われるのは平日と土曜日のみで、日曜日や祝日の配達は行われません。万が一、休日中に特定記録郵便を到着させたい場合には速達のオプションを別途つけることをおすすめします。

この投稿の続きを読む »

82円切手で送れる封筒のサイズ・重さ・厚さなど送り方を徹底解説



82円切手1枚を使って送れる送り方にはなにがあるのか、82円切手で送れる封筒のサイズ・重さ・厚さや、送り方について徹底的に解説します。

82円切手で送れる送り方には定形郵便があります。定形郵便では長辺23.5cm・短辺12cm・厚さ1cm・重量50g以内の荷物を送ることができ、82円切手で送れるのは重量25g以内の郵便物になります。

重量25g以内の具体的なイメージは、封筒に梱包した荷物全体の重量でA4サイズの紙3枚までが入るぐらいです。4枚以上の書類や3枚でもB4サイズの書類になると25gはすぐにオーバーしてしまうのでご注意下さい。

この投稿の続きを読む »

使用済み切手の再利用がバレる理由と消印漏れの再使用可否



一度他の人から送られてきた切手は剥がして再利用したことが郵便局の方にバレてしまう理由と消印を押し忘れた消印がない使用済み切手はもう一度使うことができるのかについてです。

一度郵便に使用された切手は消印というスタンプ状の印が押されているので、一目で使用済切手であることがわかるようになっています。

そのため、このような消印が押されている切手を再使用することはできないようになっています。切手に押されている消印を消して再利用することは郵便法第85条に違反し、十年以下の懲役に処せられてしまうので絶対に行わないようにしてください。

この投稿の続きを読む »

佐川急便の迷惑メール対策!クリックやダウンロードしてしまった場合の対処法



iPhoneやAndroid等のスマホにショートメール(SMS)で送られてきた佐川急便の迷惑メールのURLをクリックしてしまった、偽サイトを開いてしまった、不正アプリをダウンロードしてしまった場合の対処法をそれぞれご紹介します。

佐川急便を名乗る送信者からSMSが届くと「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。配送物は下記よりご確認ください。」という文面とともに、URLが送られてきます。

佐川急便ではSMSを利用しての荷物の案内は行っていないため、このようなSMSを受信してもまずは疑うようにし、URLはクリックしないことをおすすめします。

この投稿の続きを読む »

切手を間違えて貼ったときの剥がし方と交換方法



切手をハガキや封筒に間違えて貼ったときに、ドライヤーやアイロンなどの道具を使って剥がす方法と郵便局の窓口での交換方法についてです。

切手を間違えて貼り付けてしまった場合は、一番のおすすめの対処法は郵便局の窓口で5円の手数料を支払って新品に交換してもらうことですが、切手を一度剥がしてから貼り直すことも可能です。

切手の剥がし方には切手はがしを使う方法やぬるま湯に浸す方法、冷蔵庫に入れる方法、水で湿らせてから電子レンジで温める方法など、いろいろな方法があります。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 18912345

このページの先頭へ