現金書留に同封できるもの!現金以外に詫び状や添え状などの手紙もOK



郵便局から現金を送ることができる現金書留で、現金以外に詫び状や添え状などの手紙、返信用封筒などは一緒に同封することはできるのか、現金書留に同封できるものとできないもの、同封するA4サイズの用紙の折り方などを解説します。

現金書留は定形郵便や定形外郵便といった普通郵便に現金を送るためのオプションを付けた送り方のため、それらの普通郵便で送れるものであれば現金書留であっても問題なく送ることができます。

一般的に現金書留で一緒に封入されるものとしては、手紙や詫び状、添え状などですが、場合によっては同封する際は現金の方をのし袋などで包んでから梱包するようにすると丁寧な印象になりおすすめです。

この投稿の続きを読む »

6から始まる追跡番号の配送業者!日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便のどれか



日本郵便のゆうパックやヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便、佐川急便の飛脚宅配便の荷物を送る際に付与される追跡番号(お問い合わせ番号)が6から始まる配送業者はどこなのかを解説します。

追跡番号が6から始まる配送業者には日本郵便とヤマト運輸があり、桁数は11~13桁となっています。

発送方法としては日本郵便の通常のゆうパック・着払いゆうパック・ゆうパケット・レターパックライト・クリックポスト、ヤマト運輸のクロネコDM便・宅急便・宅急便コンパクトとなっています。

一部の追跡番号は始めの数桁だけで送り方を判断することができます。例えば、先頭が62で始まる番号はゆうパケットかクリックポストとなり、626で始まる番号はレターパックライトとなっています。

この投稿の続きを読む »

5から始まる追跡番号の配送業者!日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便のどれか



日本郵便のゆうパックやヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便、佐川急便の飛脚宅配便の荷物を送る際に付与される追跡番号(お問い合わせ番号)が5から始まる配送業者はどこなのかを解説します。

追跡番号が5から始まる配送業者には日本郵便と佐川急便があり、桁数は11~13桁となっています。

発送方法としては日本郵便の通常のゆうパック・代金引換ゆうパック・ゆうパケット・レターパックライト・レターパックプラス・特定記録郵便・佐川急便の飛脚宅配便となっています。

一部の追跡番号は始めの数桁だけで送り方を判断することができます。例えば、ゆうパケットが524・レターパックライトが526・レターパックプラスが527となっています。

この投稿の続きを読む »

現金書留の切手代と料金を切手支払いする方法



現金書留を郵便局から送る際に切手はいるのかいらないのか、現金書留の切手代の値段と現金書留の料金支払い方法についてです。

現金書留の送料は、定形郵便や定形外郵便といった普通郵便の送料に現金書留のオプション料を追加した料金となり、郵便局の窓口で現金または切手で支払う必要があります。

さらに、現金書留を発送する際には別途で販売されている専用封筒を利用して送るため、そちらの専用封筒代も掛かりますが、こちらは必ず現金で支払う必要があります。

この投稿の続きを読む »

レターパックで現金を送るのがバレる理由と現金送付が違法である理由



レターパックライトやレターパックプラスで現金を送るのがバレるその理由と郵送での現金送付が違法である理由について解説します。

レターパックで紙幣や小銭などの現金を送ってもバレないと思っている人は多いのですが、実際には高い確率でバレてしまい、さらに最悪の場合だとレターパックで現金を送ると法律違反で罰せられる可能性もあります。

日本郵便で唯一現金を送ることができるのは現金書留のみなので、現金書留を送る際には必ず現金書留を利用するようにして下さい。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 22612345

このページの先頭へ