レターパックで現金を送るのがバレる理由と現金送付が違法である理由



レターパックライトやレターパックプラスで現金を送るのがバレるその理由と郵送での現金送付が違法である理由について解説します。

レターパックで紙幣や小銭などの現金を送ってもバレないと思っている人は多いのですが、実際には高い確率でバレてしまい、さらに最悪の場合だとレターパックで現金を送ると法律違反で罰せられる可能性もあります。

日本郵便で唯一現金を送ることができるのは現金書留のみなので、現金書留を送る際には必ず現金書留を利用するようにして下さい。

この投稿の続きを読む »

4から始まる追跡番号の配送業者!日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便のどれか



日本郵便のゆうパックやヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便、佐川急便の飛脚宅配便の荷物を送る際に付与される追跡番号(お問い合わせ番号)が4から始まる配送業者はどこなのかを解説します。

追跡番号が4から始まる配送業者には日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便があり、桁数は11~13桁となっています。

発送方法としては日本郵便のゆうパック・ゆうパケット・レターパックライト・レターパックプラス・簡易書留・ヤマト運輸の宅急便・超速宅急便・佐川急便の飛脚宅配便となっています。

一部の追跡番号は始めの数桁だけで送り方を判断することができます。例えば、ゆうパケットが424か425・レターパックライトが426・レターパックプラスが427となっています。

この投稿の続きを読む »

3から始まる追跡番号の配送業者!日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便のどれか



日本郵便のゆうパックやヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便、佐川急便の飛脚宅配便の荷物を送る際に付与される追跡番号(お問い合わせ番号)が3から始まる配送業者はどこなのかを解説します。

追跡番号が3から始まる配送業者には日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便があり、桁数は11~13桁となっています。

発送方法としては日本郵便の着払いゆうパック・ゆうパケット・簡易書留・ヤマト運輸の宅急便・宅急便コレクト・クール宅急便・らくらく家財宅急便・佐川急便の飛脚宅配便となっています。

一部の追跡番号は始めの数桁だけで送り方を判断することができます。例えば、ゆうパケットが32、飛脚宅配便が35となっています。また、らくらく家財宅急便の場合は先頭の4桁が3650と決まっています。

この投稿の続きを読む »

現金書留は着払いできないのでその対策



現金を普通郵便で送るときに利用される現金書留は着払いにして送れないのでその対策法について解説します。

現金書留を着払いにして送ることは郵便法により禁じられています。そのため、どうしても現金書留の送料を受取人側が支払う形態にしたければ、送料分を差し引いた金額を現金書留で送るなど、工夫が必要です。

なお、着払いが利用できるゆうパックでは現金を送ることは禁じられているため、絶対に送らないようにして下さい。あくまで日本郵便の送り方で現金を発送できるのは現金書留のみとなっています。

この投稿の続きを読む »

現金書留の受け取り方法!家族など本人以外の代理受け取りや拒否もできる



現金を普通郵便で送るときに利用される現金書留の受け取り方法についてです。宛名本人以外の家族などでも受け取れるのか、受け取りたくない現金書留は受取拒否をすることができるのかについても併せて解説しています。

現金書留の受け取り方法は、玄関先での対面手渡しとなり、受取時にはサインまたは印鑑が必要となります。ただし、受け取りをするのは本人以外の家族など同居人でも全く問題なく、本人確認も行われません。

現金書留は必ず玄関先での対面手渡しもしくは郵便局の窓口での受け渡しとなっているので、不在時であってもポスト投函は行われません。また、ローソンやセブンイレブン、ファミリーマートといったコンビニでの受け取りも不可能です。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 2 of 22712345

このページの先頭へ