韓国企業?eBay?Qoo10の運営企業について



ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10(キューテン)の運営会社についてです。

販売されている商品を見ているとやけに韓国コスメや韓国ファッションといった商品が多いことに気付きます。

またページデザインも楽天市場やヤフーショッピングのような国内の同業他社と比べても何となく違うなと感じる部分が多いでしょう。

運営はeBay(2018年4月以降)

項目 詳細
会社名 イーベイ(eBay Inc.)
企業形態 株式会社
設立日 1995年9月3日

Qoo10の日本サイトは、2018年5月のeBayとのM&Aにより、100%eBayの子会社となったため、現在の運営会社はeBayです。

eBayとはアメリカに本社を置くネット通販の会社で、日本でいうところの楽天をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

ナスダック(全米証券業協会)にも上場しているため、かなり信頼できる企業と言えます。

運営は韓国人とeBayの合弁会社(2018年3月までの旧情報)

韓国にはGmarketと呼ばれる大手の通販サイトがあります。日本で言えば楽天のようなものです。

日本のQoo10、つまり運営会社であるジオシス合同会社は、このGmarketの創業者であるク・ヨンベと米国の大手オークションサイトeBayが約50%ずつ出資する形で日本法人を設立したものになります。

元々はGmarketの流れを汲む日本法人でしたので日本でもGmarketという名前で運営されていましたが、その後Qoo10と名前を変え現在に至ります。名前の変更に際してGmarketから内容の変更はありませんでした。

そんなわけで本家のGmarketで出品をしている韓国企業がQoo10でも多く出品しているので、Qoo10では韓国コスメや韓国ファッションに関する商品が非常に多く、また発送元が韓国であることもよくあるということです。

GmarketとeBayの関係(2018年3月までの旧情報)

韓国の本家Gmarketは元々韓国の企業でした。通販事業で成功し、アメリカの株式市場NASDAQにするほどの成長を見せました。

しかしその後、米国大手オークションサイトeBayに買収され子会社となりました。

そのため現在は韓国のGmarketを運営しているのはeBay KoreaというeBayの韓国法人となっています。

また日本のQoo10は元々Gmarketという名前でしたが、Gmarketの創業者とeBayの合弁企業ですので実はeBay Koreaや韓国のGmarketの子会社や分社というわけではありません。

ちなみに日本法人と同時期にシンガポールにも現地法人が作られており、こちらも出資者は日本法人と同様にク・ヨンベとeBayです。

Qoo10のサイト自体はその2か国に加えインドネシアやマレーシア、香港や中国でも開設され運営されています。

公式サイト:Qoo10はここから

Qoo10で値下げ交渉を依頼する方法



ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10(キューテン)で値下げ交渉を依頼する方法についてです。

値下げ交渉はメルカリやフリルといったフリマアプリや、ヤフオク!や楽天オークションといったオークションサイトではよく行われますが、Qoo10や楽天市場やYahoo!ショッピングといったショッピングモール形式のサイトで値下げ交渉を行うことは通常はありません。

しかし方法が無いわけではなく、販売者と連絡が取れれば値下げ交渉自体は行うことができます。

販売者との連絡方法

Qoo10で購入者が販売者に対して連絡を取る方法として「Q&A」と「eメール」の2通りがあります。

Q&Aは商品ページ内にあり、手軽に自身の質問を販売者に問い合わせることができます。しかしこのQ&Aは他の購入者も閲覧することができますから、値下げ交渉として使うにはあまり向いていません。

というのも販売者が一人の購入者に対し値下げ交渉を了承してしまった場合、それを見た他の購入者からの値下げ交渉にも対応しなければならないからです。

一方でeメールであれば相手と自分以外見れませんからQ&Aのような問題は発生しません。

販売者のメールアドレスの表示方法は以下の通りです。

1.まずは商品ページを表示します。商品ページの上部に販売者名が表示されていますのでこれをタップします。



2.販売者のページが表示されます。タブのような表示方式で「全ての商品」「レビュー」「Q&A」「家のマーク」が並んでいるところから一番右にある「家のマーク」をタップします。



3.販売者のプロフィールが表示されます。会社概要の部分に「メール」という項目がありここにメールアドレスが表示されています。



このメールアドレスに値下げ依頼のメールを送ればOKです。

値下げ交渉メールの内容について

値下げ交渉をする際には値下げができるかできないかを聞くのではなく、「いくらまで値下げしてくれたら購入します」という具体的な数値を伝えることが重要です。

例文「こんにちは。○○と申します。××という商品を購入したいと思っているのですが、残念ながら現状のお値段ですと予算をオーバーしてしまうため手が出せません。そこで相談なのですが送料込みで■■円まで値下げをお願いできないでしょうか?どうしても欲しいものですのでそのお値段であれば必ず購入いたします。ご検討のほどよろしくお願いいたします。」

ただしショッピングモールサイトは値下げありきではないですので値下げ交渉はほぼ断られます。

しかし値下げ交渉を行って損するのはメールを書くのに使った時間ぐらいなものですので、それが惜しくなければやってみましょう。

値下げしづらい理由

ちなみに販売者がショッピングモールサイトで値下げしづらいのにはわけがあります。

フリマやオークションでは1ページにつき1点の商品を販売するのが普通です。一方ショッピングモールサイトでは1つのページで複数個商品を販売することが普通です。

このためフリマサイトなどで値下げした場合にはその交渉者が購入してしまえば完売になりますのでその人にのみ販売することが可能ですが、ショッピングモールサイトでは1個買われても完売にならないため交渉者とは別の購入者にも値下げ状態で買われてしまうことがあるため簡単には値下げできないという訳です。

公式サイト:Qoo10はここから

Qoo10で返品・返金・交換を依頼する方法



ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10(キューテン)で購入した商品の返品・返金・交換を依頼する方法についてです。

一般的に通販で購入した商品が不良品であったり、注文した商品と違うものが届けられた場合には返品を行います。

Qoo10も例外ではなく返品手続を行い、返品および返金を行います。

ただしQoo10の返品は販売者の許可が必要となるため理由もなく返品を行うことはできません。

返品出来る期間、注意点

商品の配送完了から1週間以内でなければ返品申請を行うことができません。

ですので返品を行う場合にはできる限り早く行うようにしましょう。

また返品は、返品申請を販売者が受領した場合に限り行うことができます。返品を行いたくても販売者が受領しなければ返品できません。

一般的に返品をするのに十分な理由が無ければ販売者も返品申請を受領することはほとんどありませんので、返品申請をする際には注意しましょう。

返品を行う手順

では具体的な返品の手順です。PCブラウザ版のページの解説になっていますが、基本的にはスマホ版のページもほぼ同じ手順です。

1.まずはQoo10にログインしQoo10のトップページを表示します。画面上部に「○○様」「ログアウト」「会員情報」「My Qoo10」「カート」「Mobile」「ヘルプ」と並んでいるところから「My Qoo10」をクリックします。

2.My Qoo10が表示されます。「購入履歴」「Qサイフ」「Qリスト」「My情報」と並んでいるところから「購入履歴」にカーソルを合わせると購入履歴のメニューが表示されますのでそこから「キャンセル/払い戻し」をクリックします。

3.キャンセル/払い戻しの項目が「キャンセル/払い戻しの要請」にチェックが入っていることを確認し、下に表示されている注文の一覧から返品を行いたい注文のカート番号の左にある○にチェックを入れます。

4.次に選択した注文のうち返品・返金を行いたい商品名の左の「選択」欄をクリックし、「交換要請または返品要請」をクリックします。

5.返品理由を選択し、詳細を入力します。

6.商品を既に返送したかどうかを選択します。この申請を行う前に販売者とやり取りをした上で商品を返送している場合には「はい」を選択し、返送に関する情報を入力します。それ以外の場合には「いいえ」を選択します。選択が完了したら「続ける」をクリックします。

7.払い戻し金額が表示されますのでそれを確認し、間違いが無ければ「要請完了」をクリックします。

以上で返品申請が完了しました。

この申請を販売者が受領すれば返品・返金が可能になります。返品商品の配送先やそれに伴う配送料の負担者などは販売者と連絡を取りあって相談して決めましょう。

交換してもらうことも出来る

ちなみに不良品や注文違い商品に関しては返品以外にも交換をするという手もあります。

交換の手順はほぼ返品の手順と同じで、返品理由の詳細入力部分で「交換理由」を選択すると交換の手続きとなります。

この場合も交換申請を受領するかどうかは販売者次第となります。

公式サイト:Qoo10はここから

Qoo10で発送してくれないときの対処法



ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10(キューテン)で購入した商品を販売者がなかなか発送してくれない時の対処法についてです。

Qoo10というサイトは運営自体が商品を販売しているのではなく、いろんな業者や個人が出店し商品を販売するという楽天市場のようなショッピングモール形式のサイトですので、まれに商品をいつまで経っても発送してくれないような業者が出店していることもあります。

このような出品者に運悪く遭遇してしまった場合にはあきらめずにきちんと対処しましょう。

まずは商品の現状を確認する

商品が手元に届かない理由として、販売者が商品を発送していない場合以外にも、商品が既に発送されたあとで配送中であるということも考えられます。

確認方法は「Qoo10のトップページ」→「Qボックス」→「最近の注文履歴」で注文の履歴を表示し、該当する注文の購入/配送状態を見ます。

購入/配送状態には「入金待ち」「配送要請」「発送予定」「配送中」「配送完了」のどれかが表示されています。

このうち商品が発送されていない状態にあたるのは「入金待ち」「配送要請」「発送予定」です。

それぞれの状態の説明は以下の通りです。

「入金待ち」の場合にはまだ購入者が支払いを完了していない、または支払いが販売者側に反映されていません。

「配送要請」の場合には販売者が決済の確認を取っており、発送の準備段階になっていることを示します。通常1〜3日程度で発送予定日が決定されるか、発送されるかします。

「発送予定」の場合には発送予定日が決定済みで商品は出荷準備が進んでいます。

また「配送中」の場合にはすでに販売店から商品が発送されていますので、その場合には商品を追跡することで商品の状態がわかります。詳しくは別ページで解説していますのでそちらを参照してください。

状態別の対処法

それぞれの状態別の時に商品が発送されない場合の対処法です。

「入金待ち」に関しては、この段階で商品が発送されないのは販売店のせいではありません。

支払いが完了していないのであれば完了させる、支払いが完了したのに表示が変わらない場合には反映されるまで待ちましょう。

「配送要請」の場合にはまずは表示が切り替わって1週間程度は様子を見ます。通常は3日以内程度ですが、遅い業者であれば一週間近くかかることもあるからです。

それでも商品ステータスが配送要請から変更されない場合には直接販売者に連絡をしましょう。

販売者の連絡先は購入した商品ページに表示されています。

また販売者に連絡しても解決しない場合にはその旨をQoo10のカスタマーセンターに連絡します。

カスタマーセンター TEL:050-5840-9100

受付時間 09:00〜12:00、13:00〜18:00(土日・祝日除く)

「発送予定」の場合には表示されている発送予定日まで待ちましょう。基本的には予定日に発送されますが、その日を過ぎても発送されない時には上記の「配送要請」の場合と同様に販売者に連絡し解決しなければカスタマーセンターに連絡しましょう。

カスタマーセンターに連絡をするとQoo10運営側から販売者に発送を促しますが、それでも解決しなければ注文のキャンセル・返金となります。

そもそもQoo10でこのようなトラブルに巻き込まれないようにするために、商品を購入する前にはきちんと出品者のプロフィールや商品の評価をチェックするようにしましょう。

Qoo10には海外からの出品者、特に中国韓国からの出品者も多いためトラブルになると言語の壁などで解決が難しくなることも少なくありませんので避けられるトラブルを避けることは非常に重要であるといえます。

発送から配達まで完了した過去の実際の追跡結果

Qoo10で買った商品が発送されると何日で届くのか、Qoo10がある韓国から発送され日本で配達が完了した過去の実際の追跡結果は以下の通りです。

◼︎韓国から日本に配送されたEMS(航空便)

状態発生日 状態 郵便局 県名等
12/13 11:02 引受 KOREA REP
12/13 16:09 国際交換局から発送 SEOUL IPO KOREA REP
12/14 02:41 国際交換局に到着 東京国際郵便局 東京都
12/14 04:30 通関手続中 東京国際郵便局 東京都
12/14 09:53 国際交換局から発送 東京国際郵便局 東京都
12/15 03:50 中継 静岡郵便局 静岡県
12/15 07:05 到着 清水郵便局 静岡県
12/15 12:09 お届け済み 清水郵便局 静岡県

韓国のソウルから12月13日(水曜日)の午前中に発送された商品は、次の日の12月14日(木曜日)の深夜に日本に到着し、その次の日の12月15日(金曜日)のお昼に静岡県の配達先の住所に配達が完了しています。

◼︎韓国から日本に配送された国際書留(船便)

状態発生日 状態 郵便局 県名等
01/24 17:15 引受 KOREA REP
01/26 14:51 国際交換局から発送 SEOUL IPO KOREA REP
01/29 09:40 国際交換局に到着 川崎東郵便局 神奈川県
01/29 09:41 通関手続中 川崎東郵便局 神奈川県
01/30 03:00 国際交換局から発送 川崎東郵便局 神奈川県
01/30 07:54 到着 豊田北郵便局 愛知県
01/30 13:40 お届け済み 豊田北郵便局 愛知県

韓国のソウルから1月24日(水曜日)の夕方に発送された商品は、1月29日(月曜日)の朝に日本に到着し、その翌日の1月30日(火曜日)の昼過ぎに愛知県の配達先の住所に配達が完了しています。

◼︎韓国から日本に配送された国際特定記録(船便)

状態発生日 状態 郵便局 県名等
12/26 18:20 引受 KOREA REP
12/27 13:08 国際交換局から発送 SEOUL IPO KOREA REP
12/30 09:07 国際交換局に到着 川崎東郵便局 神奈川県
12/30 11:00 通関手続中 川崎東郵便局 神奈川県
01/01 16:33 到着 博多南郵便局 福岡県
01/03 10:46 お届け済み 博多南郵便局 福岡県

韓国のソウルから12月26日(火曜日)の夕方に発送された商品は、1月30日(土曜日)の午前中に日本に到着し、年末年始の1月3日(水曜日)の午前中に福岡県の配達先の住所に配達が完了しています。

公式サイト:Qoo10はここから

Qoo10の良い評判と悪い評判など口コミまとめ



ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10(キューテン)の良い評判や悪い評判といった口コミのまとめです。

今までにQoo10を利用したことが無くこれから利用してみようと考えている人にとってインターネットでの口コミや評判は、Qoo10がどのようなサイトで安全なのかどうかといったことを判断する重要な要素になります。

また既に利用している人も自分以外の人が利用した時の感想が気になったりするものです。

インターネット上ではQoo10に対しての良い評判も悪い評判もありますが、このページにそれらをまとめてみました。

評判を見る際の注意点

Qoo10は楽天市場やYahoo!ショッピングと同様に、Qoo10運営自体が商品を出品しているのではなく出品を希望する業者や個人に出店スペースを貸しているといういわゆる「ショッピングモール形式」のサイトです。

すなわち例えば「Qoo10で買った商品が届かない」という口コミがあったとしても、それはQoo10に問題があるというよりは、むしろその口コミを書いた人が購入した商品の出品者に問題があるということです。

もちろんQoo10にはそのような出品者がいるという意味ではQoo10への批評とも言えますが、インターネット上にある評判の一部は「Qoo10運営=商品の出品者」であると思い違いしているものも多く見受けられます。

このページではそれぞれの評判がQoo10運営に対してのものか、出品者に対してのものか分かりやすく表示していきますが、他のサイトなどを参考にする場合にもそのあたりを意識してどちらへの口コミなのかを見ていきましょう。

良い評判(利用するメリット)

Qoo10の良い評判としては何よりも「安く購入できた」というものがほとんどです。

Qoo10では出品されている商品が全体的に安く価格設定されているというのもありますが、特にQoo10の代名詞ともいえるほど毎日の様に手に入る「クーポン」を利用しての商品購入でさらに安く購入できるためお得感が倍増されています。

運営がクーポンを最初に配布し、利用者がそれを使って商品を購入する。すると次のクーポンをもらえるのでまた商品を購入する、というループが成り立っておりこのシステムが利用者にとって満足度が高いものとなっています。

また決済システム周りでもエスクロー方式を利用しているため、詐欺に遭いにくいといった面もあります。サイト自体の運営も前身のGmarketから考えれば10年以上ですのでクレジットカード決済に関してもある程度安心はできます。

安全面に関して言うと、Qoo10には「安全取引センター」があり、こちらで取り扱い禁止商品の違反申告や不正行為を働く出品者の申告体制がしっかりと整えられています。

少数ですがこれらの点についても評価した口コミが見られました。

良い評判は価格を含めQoo10のシステムに対するものが多くなっています。

悪い評判(利用するデメリット)

Qoo10の評判では良い評判よりも悪い評判の方が多く見受けられますが、多くの通販サイトでは悪い評判の方が多いものですのでその点についてはAmazonや楽天などと大きな差はありません。

悪い評判の具体的な内容として「商品が届かない」「詐欺に遭った」「写真と違う商品が届いた」の様にQoo10に出品している出品者のマナーの悪さ、怠慢、悪意に対しての評判が多くなっています。

これらの評判は同業他サイトに比べても高い比率になっています。

というのもQoo10は運営が2018年4月までは韓国資本ということもあり、韓国や中国といった地域の業者が多数出品しています。(2018年5月からはアメリカの証券市場ナスダックにも上場しているeBayの100%子会社となりました)

この為、これらの業者から商品を購入すると届くのが遅かったり、商品を送ってくれなかったりといったトラブルが起こる確率が国内の業者に比べ高いという訳です。

逆に国内の企業から購入したのに商品が届かない、詐欺に遭ったといったような評判はかなり少なくなっています。

つまり悪い評判は国外の出品者に対するものが多くなっており、国内の業者から商品を購入するのであればある程度安心して利用することができるということが言えます。

もちろん国外の業者でもいい業者は多数います。国内の業者にしろ海外の業者にしろ商品を購入する前に出品者の評価やプロフィールを確認するようにしましょう。

公式サイト:Qoo10はここから

スポンサードリンク


Page 1 of 1012345

このページの先頭へ