メルカリの図書カードと商品券が定価以上の高い値段で売られている理由



iPhoneやAndroidのスマートフォン用フリマアプリのメルカリで図書カードや商品券が定価よりも高い値段で売られており、そして定価よりも高い値段でも買われている理由についてです。

メルカリで図書カードや商品券を検索してみると、定価以上の価格で出品されているものを多数発見することができます。

例えば5000円分の図書カードであれば、5200〜6000円程度で出品されており多くのものが購入済みになっています。

一般的に考えれば同額の現金と図書カードであれば、現金の方が価値が高いため、図書カードの売買はその額面よりも安く行われるのが普通です。

しかしメルカリにはメルカリ独自の事情があり、図書カードや商品券を額面以上の価格で購入する意味があるユーザーがいるのです。

この投稿の続きを読む »

らくらくメルカリ便を着払いで送る方法



iPhoneやAndroidのスマートホン用フリマアプリのメルカリの配送方法である「らくらくメルカリ便」を着払いで送る方法についてです。

らくらくメルカリ便は、メルカリとヤマト運輸が提携して提供する配送サービスです。

内容はヤマト運輸の配送サービスである「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」の3種類を、メルカリでの取引商品に限り安価定額で利用できるというサービスです。

ヤマト運輸の通常サービスでは、宅急便および宅急便コンパクトにはオプションとして着払いが用意されており、送料を受取人負担で発送することができます。

しかしらくらくメルカリ便でこの二つのサービスを利用する場合には、着払いを利用することはできません

そして大抵の方法にはある裏技的な方法でのらくらくメルカリ便の着払の利用に関しても見つけることはできませんでした。

この投稿の続きを読む »

メルカリの商品をミニレターで送る方法と料金



iPhoneやAndroidのスマートホン用フリマアプリのメルカリで販売した商品を日本郵便のミニレターで発送する方法とその料金についてです。

ミニレターとは、正式名称を郵便書簡という日本郵便が提供するサービスの一つです。

封筒と手紙が一体となったこの商品は、組み立てる前の封筒の内側に手紙を書いて、組み立てて送るというものです。

しかしそれではただの手紙となってしまうためメルカリでは使うことはできないのですが、実は封筒の形に組み立てたミニレターに一定の重量までであれば商品を入れて送ることができます。

それでは具体的なミニレターのサイズや重量・送り方などを見ていきましょう。

この投稿の続きを読む »

メルカリの商品をスマートレターで送る方法と梱包方法



iPhoneやAndroidのスマートホン用フリマアプリのメルカリで販売した商品を日本郵便のスマートレターで発送する方法とその梱包方法についてです。

スマートレターは、2015年4月より日本郵便で取り扱いが始まった、定額で格安の配送方法で着払いは利用することが出来ません。

A5サイズ・厚さ2cmの専用封筒に入る商品であれば、日本全国どこからどこへ送っても定額となっています。

また特徴として信書を送ることができるため、書類などを送るといった他の同一サイズ帯をターゲットとした発送方法と異なる使い方もできます。

そしてもちろんメルカリで販売した商品を発送するのにも利用することができます。主に本やCD、DVDといったメディア商品、図書カードや商品券、そしてネックレスやミサンガなど小さな商品がターゲットとなります。

この投稿の続きを読む »

中学生や高校生も利用できる!メルカリの年齢制限について



中学生・高校生でもメルカリで購入したり出品したりすることは出来るのか。iPhoneやAndroidといったスマートフォン用フリマアプリメルカリの年齢制限についてです。

メルカリではスマートフォンでアプリをダウンロードし、登録をして利用を開始する際に特に年齢認証をされることはありません。

一般的な売買を仲介するサイトやアプリでは、利用者の年齢制限を行っていることも多いです。例えばヤフオクでは、利用規約により15歳未満の場合には保護者の同意があっても利用することはできません。

メルカリに関しては特に年齢制限を行っているわけではなく、誰でも利用することができます。

これは大学生はもちろんのこと、中学生、高校生、さらには小学生であっても特に問題はないということです。

ただし、利用するにあたり 未成年者に対しても利用規約は大人と同様に適用されるため、万が一トラブルが起きた際にその責任を負う保護者の同意があることが前提となります。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 2512345

このページの先頭へ