国際交換局に到着の意味と配達されるまでの日数



中国や韓国など海外から発送された国際郵便(EMS・SAL便など)を追跡番号から追跡した際、結果にある国際交換局に到着してから何日で配達されるのか、その日数についてです。

追跡結果が「国際交換局に到着」になる郵便局には、川崎東郵便局(神奈川県川崎市川崎区)、中部国際郵便局(愛知県常滑市)、大阪国際郵便局(大阪府泉南市)、新福岡郵便局(福岡県福岡市東区)、那覇中央郵便局(沖縄県那覇市)がありますが、このページではすべての郵便局に対応しています。

ちなみに海外から日本に荷物が送られてくる窓口であるこれらの郵便局が国際交換局と呼ばれています。

この投稿の続きを読む »

国際交換局とは?意味・場所・業務を解説



ネット通販で中国や韓国など海外の業者さんから商品を購入した際に、EMS・SAL便・航空便などの国際郵便が今どこにあるのか追跡した際にステータスとして表示される「国際交換局から発送」「国際交換局に到着」の国際交換局の意味・場所・業務を解説します。

国際交換局とは国際郵便物の発着の窓口業務を行う郵便局のことで、輸出税関・輸入税関等の手続きを経たのち、出発便の航空機に搭載したり、到着便の国内仕分けを行ったりしています。

海外から日本にEMS・SAL便・航空便などの国際郵便で到着した荷物は東京国際郵便局や川崎東郵便局などの国際交換局を経由して自宅まで届いています。

日本の国際交換局と同様に海外の国々にも国際交換局はちゃんとあり、たとえばEMSを郵便局の追跡システムで追跡すると中国など海外の「国際交換局から発送」というステータスと東京国際郵便局など日本の「国際交換局から発送」というステータスが存在することになります。

この投稿の続きを読む »

国際交換局から発送されてから届くまでの日数



中国・韓国・シンガポールといった海外からネット通販などで商品を購入した際、国際郵便物の追跡番号を郵便局の追跡システムで検索してステータスが「国際交換局から発送」になってから何日で自宅まで届くのか、「国際交換局から発送」の状態から配達までの日数についてです。

同じ郵便局の追跡システムでも、ゆうパックや普通郵便など日本国内の追跡システムと、今回の国際郵便物の追跡システムの追跡結果に表示されるステータスの種類は全く違うものとなります。

「国際交換局から発送」の状態から配達までの日数を知る上で確認しなければいけないことは、発送された国際交換局が日本の国際交換局なのか、それとも海外の国際交換局なのかです。

この投稿の続きを読む »

EMSのお届け日数一覧!中国やアメリカなど世界を網羅



海外に荷物を送るなら日本郵便のEMS(国際スピード郵便)が早く、そのスピードは速達と同等と言われています。

実際にはどのくらい早く届くのか。

日本(関東)から世界各国にEMSで送った場合の配達日数を、航空便やエコノミー航空便(SAL便)など他の海外発送サービスのお届け日数と比較してみました。

この投稿の続きを読む »

EMSで送った配達中の荷物の場所を追跡出来る3つの方法



EMSの送り状に掲載されている13桁のお問い合わせ番号(追跡番号)を使用して、アメリカや中国など海外に送った荷物が今どこにあるのか調べる方法です。

日本郵便のEMSには国内の発送サービスであるゆうパックなどと同様に追跡サービスが用意されています。

国内に比べると海外に送った荷物の場合は追跡出来ない国があったり、不在のため海外の郵便局に戻ってきても「お届け先にお届け済み」と表示されることがあり、その精度は100%ではないので注意が必要です。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 212

このページの先頭へ