簡単!AmazonのEメールアドレスとパスワードを変更する方法




Amazonでの買い物や出品で使用しているユーザアカウントとパスワードを変更する方法です。

ユーザIDとパスワードを盗み取ろうとするフィッシングサイトへの誘導リンクを含んだ迷惑メールなどが増え、ネット上で送金が出来る三菱東京UFJ銀行や動画投稿サイトニコニコ動画などでは注意勧告の文字が目立つところに置かれています。

Amazonも例外ではなく、実際にAmazonからのキャンペーンを装い、メールでAmazonギフト券を不正に盗み取るという事例が確認されています。

スポンサードリンク

AmazonのEメールアドレスとパスワードを変更する方法

● アカウントサービスから変更する

 
Amazonのトップページに限らずどのページにもある商品を探す検索窓の右側の「アカウントサービス」から変更することが出来ます。

変更したいAmazonのアカウントでログインし、アカウントページに行くと、過去の注文履歴の確認や支払方法の設定が出来る項目などがあるのですが、その中の「アカウント設定」という項目内にメールアドレスとパスワードを変更できる「アカウント設定を変更」というリンクがあります。

 
● ヘルプページから変更する

 
Amazonのヘルプページの右側(PCの場合)にある「注文・アカウントの管理」内の「名前、Eメール、パスワードを変更する」からも変更することが出来ます。

どちらの方法でもメールアドレス、パスワードの他にも登録中の名前と電話番号も変更することが出来ます。

パスワード変更時の注意点

パスワードを設定する際に注意しなければならないことがあります。

誕生日や電話番号というのは絶対にダメです。

● 簡単なものにしない

数字だけのものや英字だけのものにするのは危険で、最近ではソフトウェアを使いランダムにしらみつぶしに打ち込んでくるものが流行しており、リスクを避けるためには数字+英字といったような組み合わせのパスワードにしておいた方が良いです。

パスワードの文字数(桁数)についても、8文字以上など各サイトに指定がありますが、出来るだけ長めにしておいた方が良いです。

● 他で使っているパスワードを使わない

Amazon以外のサイトで使用中のパスワードとまったく同じパスワードを使用するのは危険で、同じにしてしまうと、どれか1つのサイトでパスワードが流出してしまった場合にすべてのサイトに不正アクセスされる可能性があります。

特に「他で使っているパスワードを使わない」は自分が設定したパスワードを忘れやすくなり、数が増えれば増えるほど管理も大変になってしまうのですが、忘れてもAmazonに問い合わせれば確認することは出来るのでしっかりとやっておくことをおすすめします。

関連:Amazonのアカウントを削除し退会する方法


スポンサードリンク

関連記事

人気記事

a0027_002337_mAmazonアソシエイト紹介料率変更から読み解くアマゾンの思惑
ダンボーAmazonタイムセールのカテゴリ・曜日・時間別開催スケジュール
amazonギフト券Amazonギフト券とAmazonポイントの違い4個
検索Amazonポイント還元対象商品を検索する方法
amazonAmazonでコンビニ支払いを利用する方法!注文から商品到着までを完全網羅
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ