楽天の閲覧履歴を削除する方法



 
楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルに表示される最近チェックした商品などの閲覧履歴を削除する方法です。

楽天の閲覧履歴は楽天のサイトだけでなく、楽天とは関係のないサイト広告にも表示されてしまうのですが、今回の方法でサイト広告に表示されてしまう閲覧履歴も消す事が出来ます。

閲覧履歴が残るメリットとしては、一番安い商品を探していて、いくつかのショップを見て回った際、すぐに前にチェックした商品に戻ることが出来るというものがあるのですが、PCやスマホを家族や友人と共有している場合には他の人に自分がチェックした商品が分かってしまうというデメリットがあるため、この閲覧履歴がデメリットだと感じる方は削除することをおすすめします。

スポンサーリンク

最近チェックした商品を削除する方法


 
楽天市場のトップページに表示されている「最近チェックした商品」には楽天市場、楽天ブックス、楽天トラベルの3サイトの閲覧履歴が表示されています。

楽天の会員数は9,000万人を超えているため、このトップページはほぼ家族や友人に見られてしまうと言っても過言ではありません。

これらを削除する方法は以下の通りです。

1.楽天市場のトップページ右上にある「閲覧履歴」をクリック



「閲覧履歴」のボタンは楽天市場で商品をキーワードで探す際に使用する検索窓の上にあります。

2.閲覧履歴ページから最近チェックした商品を削除する


 
閲覧履歴ページではすべての閲覧履歴をまとめて削除、個別に商品を選択して削除という2つの方法で閲覧履歴を削除することが出来ます。

まとめて削除:「すべてを選択」リンクを押下→「選択した商品を削除する」ボタンをクリック

個別に削除:削除したい商品の左側にチェックを入れる→「選択した商品を削除する」ボタンをクリック

最近チェックしたショップを削除する


 
楽天市場のトップページには「最近チェックした商品」と同様に「最近チェックしたショップ」も表示されているのですが、こちらも同じ様に消す事が出来ます。

削除する方法は以下の通りです。

1.楽天市場のトップページ右上にある「閲覧履歴」をクリック

2.閲覧履歴ページから最近チェックしたショップを選択する


 
閲覧履歴ページではすべての閲覧履歴をまとめて削除、個別にショップを選択して削除という2つの方法で閲覧履歴を削除することが出来ます。

まとめて削除:「すべてを選択」リンクを押下→「選択したショップを削除する」ボタンをクリック

個別に削除:削除したい商品の左側にチェックを入れる→「選択したショップを削除する」ボタンをクリック

閲覧履歴の機能自体を廃止する方法


 
閲覧履歴を削除しただけでは、今後新しい商品やショップをチェックした際にまた閲覧履歴として残ってしまうのですが、この閲覧履歴の機能自体を止める方法があります。

1.楽天市場のトップページ右上にある「閲覧履歴」をクリック

2.閲覧履歴ページの左側にある「閲覧履歴を使わない」ボタンをクリック

「閲覧履歴を使わない」ボタンをクリックすると閲覧履歴ページの商品やショップが並んでいた箇所に「現在、「ページ閲覧履歴」は使わない設定になっています。」と表示されるようになります。

もう一度閲覧履歴の機能を使いたい場合にはもともと「閲覧履歴を使わない」ボタンがあった箇所に「閲覧履歴を使う」ボタンが表示されるため、このボタンを押すことで再度閲覧履歴の機能を復活させることが出来ます。

関連:チェックした商品などAmazonの閲覧履歴を削除する方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

money楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違い9個
money楽天スーパーポイントの残高が今いくらあるか確認する方法
楽天楽天の注文金額が割引されるクーポンの一覧と使い方
ストップ楽天の会員を退会する方法!楽天カードと楽天銀行は退会後も利用可能
パソコン楽天で欲しい商品が驚くほど安く買えるいつでも使える裏技

楽天市場


当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
Prime Student 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ