るるぶトラベルの乳幼児・子供の料金計算方法




国内のホテル・旅館・航空券・ツアー・レンタカーを様々な安い料金プランで予約出来る旅行サイトるるぶトラベルの子供・乳幼児・赤ちゃんの旅行代金と子供料金の計算方法についてです。

大人と子供では体の大きさが異なるため、例えばベッドが大人なら各自一人ひとつ必要なところを子供(未就学児)であれば二人で一つで足りるため、人数よりも少ないベッドで足りるということになります。

そのため大人とは違った料金プランが用意されていることもあります。

るるぶトラベルで予約できる旅行プランの中で、子供と大人の料金が異なるのは主に宿の料金となります。ですので基本的には以下では宿の料金プランについての説明となります。

スポンサーリンク

宿の予約の子供料金設定

公式サイトのヘルプページ「子供(小人)料金での予約について知りたいのですが」にある通り、るるぶトラベルでは子供料金が設定されている宿と、設定されていない宿があります。

子供料金が設定されている宿では予約手続きの「料金」の項目にて子供料金を確認することができます。



人数設定の際に大人の人数設定の横に「小人の設定」というリンクがありますのでこれをクリックすることで表示することができます。

「区分」の項目に表示されているのが子供料金区分です。子供の料金体系を大きく5つに分けており、どの区分に当たるかを示します。詳しくは後述。

「料金換算」は料金に含まれるかどうかです。数える、と表示されていれば子供の分も料金に含まれています。

「寝具・食事」は宿が子供に提供するサービスについて表示されます。

「料金」は子供一人当たりの料金がいくらになるかです。パーセンテージ表示の場合は大人の何パーセントかが表示されています。

例えば上の画像の場合は乳幼児であれば0円なのでタダですが、それ以外の子供に関しては大人と同じ金額がかかる、という意味です。

宿の予約での子供の料金区分

子供の料金を計算する際の「小人区分」は以下の4つとなります。

・小人区分A

おとなに準じた食事(数品少ない程度)および寝具の提供

・小人区分B

子供用食事(お子様ランチ程度)および寝具の提供

・小人区分C

寝具のみの提供(食事の提供はなし)

・小人区分D

食事、寝具とも提供なし

また上記に加え「乳幼児」という区分があります。

特に上記の違いを覚えていなくても料金の表示を見れば詳細が表示されているため問題はありません。

乳幼児は人数に含めなくて良い

ちなみに添い寝が可能な乳児に関しては、宿を検索する際の人数に含める必要はありません。

というのも公式サイトのヘルプページ「こども連れの旅行の場合、どのように探せばよいですか」にある通り、宿の検索時の人数はあくまで部屋の寝具(ベッド)の数を設定するための項目であるからです。

そのため添い寝が可能で、個別のベッドが必要の無い乳児の場合にはこの人数に含める必要はないわけです。

また子供料金を設定していない宿では、予約時の人数入力画面で子供の人数を入力する項目が無い場合があります。この場合には大人の人数を入力する際に子供の人数も足しましょう。

関連:るるぶトラベルの割引クーポンを手にいれる方法と使う方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

iphoneるるぶトラベルに新規アカウント登録する方法と年会費
キャンセルるるぶトラベルにサインインできないときの対処法
クレジットカードるるぶトラベルでクレジットカード支払いする方法!分割払いについても
プレゼントるるぶトラベルの仮ポイントと確定ポイントの違い
ペンるるぶトラベルで領収書の発行依頼をする方法
人気の国内旅行先ランキング
順位
都道府県 理由
沖縄県 石垣島と竹富島がとてもステキだったので、またぜひ離島めぐりをしたい。水牛車に乗りたい。
北海道 海の幸を堪能したり、雪まつりを見たい。サッポロビール園にも行きたい。
京都府 紅葉を見たい。おいしいデザートも食べたい。金閣寺や伏見稲荷大社に行きたい。
東京都 はとバスに乗って観光したい。東京ドームにも行きたいしテレビで見た所で食事したい。
千葉県 ディズニーランド・ディズニーシーに行きたい。ディズニー直営のホテルに泊まりたい。

人気の海外旅行先ランキング
順位
国名 理由
イタリア ピサの斜塔を見たりヴェネチアのゴンドラに乗りたい。本場のピザ、パスタを食べたい。
ハワイ のんびりして、ショッピングを楽しんで、きれいな海を満喫したい。パンケーキも食べたい。
フランス ベルサイユ宮殿を背景に写真撮影したい。モンサンミシェルに行きたい。本場のマカロンが食べたい。
台湾 占いで運気アップしたい。現地のおいしいB級グルメを食べたい。屋台に行ってみたい。
ドイツ アンネフランクの史跡や城に行ってみたい。美味しいドイツビールを飲み比べしたい。

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ