楽天ふるさと納税で銀行振込で支払いをする方法と手数料




楽天市場が提供する全国にある地方自治体の中で応援したい自治体に寄附金を送ることができる楽天ふるさと納税で、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行など銀行振込で支払いをする方法についてです。

楽天ふるさと納税では、銀行振込で支払いを行うこともできます。

残念ながらすべての自治体と返礼品で利用できるわけではありませんが、三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの都市銀行や、北海道銀行などの地方銀行はもちろん、ゆうちょ銀行や信用金庫、ジャパンネット銀行などのインターネットバンクなど全ての銀行口座から、各地方自治体の指定口座へ振込みを行うことができ、クレジットカードを持っていない方でも楽天市場で商品を購入するのと同じ流れでふるさと納税をすることができます。

スポンサーリンク

銀行振込で支払いをする手順

それでは実際にスマートフォンの画面上で、銀行振込でふるさと納税を行う手順をご紹介しましょう。

1.楽天ふるさと納税のページをブラウザで表示させます。



2.今回は例として画面下部に表示されている人気ランキング1位の返礼品をタップします。欲しい返礼品があれば、検索ボックスやカテゴリーから検索することもできます。



3.タップすると自治体の返礼品ページが表示されます。画面をスクロールして注意事項を確認し「購入手続きへ」をタップします。



4.詳細を選択の画面が表示されます。様々な注意事項が表示されますのでよく読みましょう。



5.「寄附金の用途を選択」のドロップダウンから、寄附する金額の使い道を選ぶことができます。今回は例として「1・まなびプロジェクト」を選択します。



6.ワンストップ特例制度の申請を行う場合は4のドロップダウンから「要望する」を選択しましょう。

7.「個数」に間違いがなければ、「購入手続きへ」をタップします。



8.本商品をご購入の方へ画面が表示されます。注意事項の内容をよく読み、「内容に同意し買い物かごへ進む」をタップします。



9.買い物かご画面が表示されますので、数量に間違いがなければ「購入手続き」をタップします。



10.ログイン画面が表示されます。ユーザIDとパスワードを入力し、「楽天会員の方はこちら」をタップします。



11.注文内容の確認画面が表示されますが、支払い方法変更の操作などがまだ済んでいませんので、ここではまだ「注文を確定する」は押さないでください。

12.支払い方法を銀行振込に変更するため、画面を少しスクロールしてお支払情報を表示させ、「お支払い方法」の「変更」をタップします。



13.お支払方法の選択画面が表示されます。「銀行振込」をタップしたら、「内容を変更する」をタップしてください。



14.決済金額画面に戻ります。お支払い情報の中のお支払い方法が「銀行振込」になっていることと、振込先口座情報が表示されていることを確認してください。



15.画面をさらにスクロールさせて、配送方法、お届け日指定、送付先、注文者情報などを確認します。必要があれば各項目の変更をタップします。

16.画面を最下部までスクロールして、最後にもう一度決済金額を確認し、間違いがなければ「注文を確定する」をタップしてください。



以上で銀行振込を使った、ふるさと納税の寄附申し込みが確定しました。

銀行振込手数料の負担

楽天ふるさと納税で銀行振込を行う場合には、所定の手数料がかかります。この手数料は楽天ふるさと納税の申し込み者が負担することとなっています。

手数料にかかる金額は各銀行によって、かつ振込金額や振込方法によって大きく異なり、高いところでは千円近く手数料がかかる銀行もあります。

■銀行振込の手数料

手数料負担者:楽天ふるさと納税申込者

手数料金額:振込を行う銀行および振込金額によって異なるが、無料~864円(税込み)

公式サイトの「よくある質問」にある通り、すべての自治体・返礼品で利用できるわけではありませんが、楽天ふるさと納税で利用できる支払い方法には、楽天バンク決済もあります。こちらも所定の決済手数料がかかります。

■楽天バンク決済の手数料

手数料負担者:楽天ふるさと納税申込者

手数料金額:総合計金額29,999円まで・・・155円
総合計金額30,000円から・・・257円

一方、クレジットカード決済は、楽天ふるさと納税に掲載されている全ての自治体・返礼品で使用できる決済方法です。こちらの手数料は無料となっています。

■クレジットカード決済の手数料

手数料負担者:自治体

手数料金額:申込者が負担する手数料はありません。

手数料の比較だけで見ると、銀行振込が最も手数料がかかり、他の支払い方法に比べて損をしているように思えます。

ですが実は楽天では2014年11月13日(木)より、支払い方法を「銀行振込」にした場合、その振込先は「楽天銀行・楽天市場支店」に一本化しています。

これは楽天ふるさと納税で返礼品を掲載している各自治体にも適用されています。

したがって、楽天銀行の口座を持っている方は各自治体への銀行振込も手数料無料で行えるというわけです。

楽天銀行の口座開設後の利用はスマートフォンアプリで簡単にできますので、残高のチェックや振込みを自宅にいながら手元だけで、いつでもどこでもできるようになります。

銀行振込の注意点

楽天ふるさと納税を銀行振込で行う場合、注意点がいくつかあります。ご紹介しますので参考になさってください。

■クレジットカードと違い即決済できないことがある

クレジットカードを使った支払いの場合、申し込みを確定した瞬間に寄附金の受領も行われています。即時決済即時受領です。

しかし銀行振込の場合は、例えば銀行窓口が終了していたり、ATMが閉まっていたり、振込の時間が遅くなってしまって翌営業日以降の取り扱いになり、タイムラグが発生することがあります。

また、各自治体の銀行振込の注意事項にも掲載されていますが、入金が確認されない限り返礼品は発送されません。

さらに、返礼品によっては申し込み期限が設けられており、ギリギリの申し込みになってしまうと間に合わなくなる可能性もあります。楽天ふるさと納税の支払いに銀行振込を利用する場合は余裕をもって入金できるようにしてください。

■銀行振込をする口座番号がわからなくなった

楽天ふるさと納税で支払い方法を銀行振込にした場合、入金のための振込伝票は送付されてきません。

振込先は購入手続き後にお支払い情報内のお支払い方法に銀行振込を行う振込先口座情報として表示されます。

その場でメモをしたりスクリーンショットを撮ることをし忘れ、口座番号がわからなくなってしまったら、返礼品ページ上の「自治体概要」をご覧ください。銀行振込の欄に振込先口座番号が掲載されています。

■支払いそのものを忘れてしまう可能性がある

銀行振込は即決済にはならないので、申し込みを確定した時点ではまだ寄附金が入金されていません。

ふるさと納税の払い込みは、指定口座に入金が確認できて初めて完了となりますので、指定された銀行口座にお金を振り込まない限り、寄附金が未払いのままになってしまいます。

楽天ふるさと納税は、画面のつくりや申し込みの流れこそ通常の楽天市場でのインターネットショッピングと同じですが、商品を購入する買い物とは違い自治体への寄附の申し込みを行うためのページです。

税金の控除にも関わるため寄附のキャンセル・変更はできませんので、申し込み確定後の入金は忘れないようにしてください。

関連:楽天ふるさと納税でクレジットカード支払いする方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

肉楽天ふるさと納税のメリットとデメリット!楽天スーパーポイントが貯まる
クレジットカード楽天ふるさと納税でクレジットカード支払いする方法
ポイント、コイン楽天ふるさと納税で楽天スーパーポイント支払いする方法
カレンダー楽天ふるさと納税で貯まるポイントと付与される時期
肉楽天ふるさと納税の「お肉」のおすすめ人気ランキング

楽天市場


当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ