amatenの入金チャージの振込期限・最低金額・上限金額




Amazonギフト券・iTunesカード・Google Playカード・LINEプリペイドカードといったギフト券が定価よりも安い価格で売買されているamaten(アマテン)の入金チャージの振込期限、および1度でチャージすることのできる最低金額と上限金額についてです。

amatenではチャージ残高を利用して商品購入を行います。つまりチャージ残高が無ければ商品購入はできません。

チャージはチャージ申請後に銀行振込で入金というのが一番ポピュラーな方法で、他にも仮想通貨であるビットコインやモナコインで入金したりamatenでギフト券を販売するという手もあります。

どの方法で入金するにしてもチャージ申請から一定期間内に入金しなければなりません。

また一度のチャージで入金できる上限金額と下限金額もあり、その範囲内でチャージしなければなりません。

スポンサーリンク

チャージの振込期限と上限金額・下限金額

以下では特に断りの無い限り銀行振込でのチャージについての説明となります。

振込はチャージ申請完了から振込日を含めて3日以内にしなければなりません。例えば1月3日にチャージ申請を完了したら1月5日が振込期限です。

もしこの期限を過ぎてしまった場合にはチャージ申請が自動でキャンセルされます。ただし振込期限を過ぎても特にペナルティなどは無いですし、期限を待つことなくチャージ申請をキャンセルすることもできます。

一度のチャージで申請できる下限金額は1,000円、上限金額は5,000,000円となっており、この範囲内で100円単位でチャージしたい金額を指定できます。

また一度のチャージで1万円を超える額を入金する場合には本人確認書類が必要になります。

チャージ申請をする方法

チャージ申請はトップページ右上のメニューより「チャージ」選択して行います。



チャージ申請画面が表示されたら全ての欄を入力します。金融機関の選択で「ゆうちょ銀行」「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」の中から振込先として指定したい銀行を選択します。そして振込名義人名を入力し、チャージ申請したい金額を入力します。全て入力が完了したら「確認する」ボタンをタップし、進んだ先の画面から手続きを完了させましょう。



この時にチャージ金額が1万円以上の場合には本人確認書類の提出が必要となりますが1万円未満の場合は空欄のままで大丈夫です。

チャージ申請や本人確認書類については別ページで詳しく解説していますのでそちらを参照してください。

関連:amatenで本人確認書類をアップロードする方法

ちなみにビットコインやモナコインでチャージする場合の下限金額、上限金額は銀行振り込みの場合と同様にそれぞれ1,000円と5,000,000円です。

振込期限はチャージ申請から30分となっており、チャージ申請完了画面でカウントが表示されます。



金額も画像のとおり申込時のレートで変換され表示されます。

小数点以下8桁まで表示されますので入金時に間違えないように注意しましょう。


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

amazonギフト券amatenに出品されているギフト券の種類の一覧
amazonギフト券amatenにログインできないときの対処法
amazonギフト券amatenに問い合わせるための電話番号とメールアドレス
amazonギフト券amatenで本人確認書類をアップロードする方法
amazonギフト券amatenの入金チャージ方法・手数料・反映までの時間
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ