Eコマース革命でヤフーショッピングが手放した利益




日本におけるインターネットユーザーの認知度の高いショッピングサイトと言えばこれまでは楽天市場とamazonの2強体制でした。

日本には他にヤフーが運営する「ヤフーショッピング」がありますが、今までは上記2社のショッピングサイトに押されて売り上げも2社より下回っていたのです。

しかし、ヤフーショッピングが2013年10月7日に「Eコマース革命」とも呼べる大革命を起こしました。

スポンサーリンク

Eコマース革命とは

『ヤフーショッピングに出店しているまたはこれから出店する店のヤフーショッピングの「出店料や売り上げのロイヤリティ支払い料などを全て無料にする」』とヤフーが発表したのです。

このヤフーの劇的な改革の発表にネットショッピング業界は度肝を抜かれた形となりました。

ヤフーショッピングで無料となった手数料は以下の通り。
  • ヤフーショッピングへ出店する店がヤフーに支払っていた21,000円の初期費用
  • ヤフーショッピングの月額利用料の25,000円
  • ヤフーショッピングのストアに毎月課せられていたその店の毎月の売り上げの1.7%から6.0%の売り上げロイヤリティ

手放した利益は毎月10億

ヤフーショッピングは2013年9月末の時点で2万店舗との契約を結んでヤフーショッピングに出店させていました。

その時点で少なくとも毎月の月額利用料1店舗あたりにつき25,000円×2万店舗ですので、総額で5億円の毎月の利用手数料をヤフーは手放した事になります。

5億円の利用手数料ばかりではなく、他にも初期費用や毎月の売り上げロイヤリティを無料化したヤフーは概算ですが10億円の毎月の手数料収入を手放したとも予測されているのです。

毎月10億円の手数料を手放してまでも、ヤフー側はヤフーショッピングの各種手数料を無料にする道を選びました。

ヤフーショッピングの狙い

これら一連の手数料無料化という極めて劇的な改革手法はについては、ヤフー側のどの様な思惑が絡んでいるかについての様々な憶測が流れています。

ヤフー側としての狙いはまず各種手数料を無料化する事により売り手の数、つまり出店する店舗数を増やして日本のショッピングサイトにおける「売り手数ナンバーワン」のポジションを獲得する。

そしてそれに伴って「商品の品揃えナンバーワン」となり、最終的にお客が日本のショッピングサイトの中で一番多くなる「書いての数ナンバーワン」の座を狙っているのだと予想されます。

買い物革命、始動! – Yahoo!ショッピング


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

店舗ヤフーショッピングのストアに電話とメールで問い合わせる方法
足跡ヤフーショッピングの注文履歴を確認する方法と削除する方法
クレジットカードヤフーショッピングのクレジットカードを変更する方法
泣くヤフーショッピングの発送が遅い理由と発送されないときの対策
キャンセルヤフーショッピングの注文をキャンセルして返金してもらう方法
年賀状特集

年末年始・正月の郵便局の営業日と営業時間

年賀状を輪ゴムでまとめて郵便ポストに投函した方が良い理由

年賀状をやめたいときの対処法とやめる方法

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ