ヨドバシドットコムのポイントを換金する方法




ヨドバシカメラのネットショップであるヨドバシドットコム(ヨドバシ.com)で貯めたポイントを現金に換金する方法についてです。

ヨドバシドットコムでは書籍以外の商品であれば10%、書籍も3%のポイントが還元されます。そのため普段の購入でポイントを使わなければ数千〜数万ポイント貯まっていることもよくあることです。

またポイントを店舗のポイントと共通化しているのであればもっと早く貯まります。プロバイダー契約などのキャンペーンなら一度に数万ポイントが入ることもあります。

このように貯まったポイントを現金に換金できるなら非常に便利です。特にヨドバシでたまにしか買い物しないのにキャンペーンで数万ポイント貰ってしまった場合には消化に困ることもありますから余計現金化したいものです。

方法はいくつかありますが、基本的にはヨドバシドットコムやヨドバシカメラで商品をポイント購入し、それを現金に変えるという方法をとります。

スポンサーリンク

販売ルートについて

購入してきた商品を販売する場所は何か所かありますが、お勧めはヤフオク!です。

ヤフオク!は手数料が安く、また利用者が多いため大抵のものはすぐに換金できます。他にはアカウントを持っているならばAmazonが有力です。

またメルカリやフリル、ラクマといったフリマアプリは登録から販売までの手間が非常に少ないのでヤフオク!もAmazonもアカウントを持っていないならばかなり有力な販売ルートです。

お勧め順はヤフオク!、メルカリ、Amazonです。

ヤフオク!が手数料の面と利用者数の面で他の方法よりも優っています。またオークファンというサイトで相場を調べることができるため何を買えばいくらになるのかが分かりやすいということもあります。

メルカリはヤフオクに比べると手数料が高いですが利用者も多く、何より登録から出品、販売までが非常に簡単ということが言えます。

Amazonはヤフオク!やメルカリより手数料は高いですが利用者数が圧倒的に多い上にFBAを利用すれば自分がやることはほとんどありません。Amazonは上の二つに比べると普段から商品を販売している方向けです。

ヨドバシで購入すべき商品

ポイントを換金する場合、販売額が高い水準で安定しているものが理想的です。

またヨドバシの販売価格がネット上での相場よりも高いものを買えば、ポイントの等価換金どころか儲けを出すことを狙えます。

以下がお勧めの商品です。

1.福袋(夢のお年玉箱)

毎年1月1日にヨドバシカメラの店舗およびヨドバシドットコムで販売される各種福袋です。

一年に一回程度の換金比率であれば最も期待値が高い商品です。

ただし店舗の方は真冬にもかかわらず前日から並ぶ猛者もいるほどの人気ぶりですので手に入れるにはそれなりに気合がいります。

おすすめはヨドバシドットコムで販売される福袋です。何種類か販売されますがどれも販売から30分程度で完売するので、逆に言えばその30分だけPCの前にいればいいということにもなります。

どの福袋でもヤフオクで販売して購入額を下回ることはほぼないほどの優良ぶりですので買えるなら何でも買えばいいという感じです。

2.ゲーム機本体

最新のゲーム機本体の取引価格は次の世代の機種が出るまでほぼ下がりません。任天堂のWii系列やDS系列、ソニーのプレイステーション系列の最新機種を買っておけば間違いないです。

購入する機種選びはポイントの残高と相談してという形で、20000円程度なら3DS、4万円ぐらいならPS4といった具合です。
また数千ポイントの場合にはゲームソフトがおすすめです。これも値下がりしないものが良いです。

おすすめは任天堂のマリオシリーズやスマッシュブラザーズなど一度購入した場合に長期間遊ぶため中古流出が少なく値下がりし辛い人気タイトルを選ぶとまず間違いありません。

3.アップル社製のPCやタブレット

iPhoneやMacPCで有名なアップル社の製品は元の値段が高い上にどこの店も安売りをすることがほとんどないため相場が常に高くお勧めです。

しかし基本的に定価が高いため数万単位のポイントを持て余している方向けです。

4.セール品

アウトレット館や通常の店舗のワゴンセールで売られているものです。

通常価格から大幅に値下げされたものも多いため、ヤフオクやAmazonの相場よりも大幅に安いものも良くあります。

ただし実際に足を運ばなければならない上に、特にいいものが一つも無いことも多いため暇な場合か儲けを出したい場合以外はお勧めしません。

ちなみにヤフオク!やAmazonで継続的に商品を販売する場合は古物商の許可が必要になる場合があります。

古物商許可は本来中古品のやり取りをする場合に必要となるものですが、個人が商品を販売店で購入した場合は未開封であってもそれを中古として扱うこともあります。

数回程度の販売であれば私物を売っていると判断され、古物商許可が必要ないとされることがほとんどですが頻繁に取引を行うのであれば許可を受けておいた方が無難です。

関連:楽天スーパーポイントを商品券や現金に交換する方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

ヨドバシカメラヨドバシ.comのポイントと店舗のポイントの違い
ヨドバシ.comでデビットカード払いする方法
ヤマト運輸ヨドバシドットコムでヤマト運輸など配達業者を指定する方法
ストップヨドバシ.comのニュースメールの配信を停止させる方法
ヨドバシドットコムでポイント支払いする方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ