カトーレックの追跡方法と問い合わせ用の電話番号



カトーレックで配送中のAmazonの商品が届かないときの追跡方法と明らかに配達が遅いときの問い合わせ用の電話番号についてです。

Amazonはさまざまな宅配業者に配達を依頼しており、カトーレックもその業者の一つです。カトーレックは宅配だけではなく、電気器具の製造・加工業、労働者派遣事業など、さまざまな事業を行っている会社です。

この会社は2008年ごろから、千葉県内限定でAmazonの配達を担当するようになりました。残念ながら、Amazonを利用する千葉県民の人たちからは、あまり評判が良くありません。

「荷物が行方不明になった」「夜とても遅い時間に配達に来た」「再配達の時間指定を守ってくれない」などなど、トラブルの報告が相次いでいます。ですがAmazonでは、宅配業者を購入者のほうから指定することはできません。

この投稿の続きを読む »

Amazonでなか見検索できる本だけを探す方法と画像を保存しダウンロードする方法



Amazonの書籍の中身の一部を購入前に見ることが出来る、なか見!検索できる本だけを検索して探す方法、なか見!検索に表示される画像を保存しダウンロードする方法についてです。

なか見検索とは、Amazonで販売されている書籍の中身を見たり、検索したりできるサービスのことです。なか見検索に登録した書籍は、表紙の右上に「なか見!検索」という文字と矢印が表示されます。

なか見検索に登録する前の検索対象は、書籍タイトル・著者名・出版社名・カテゴリーくらいしかありませんが、なか見検索に登録した書籍は、本の中身まで検索対象になります。

この投稿の続きを読む »

Amazonのログアウト方法とログアウトできないときの対処法



Amazonのログアウト方法(サインアウト方法)、ログアウトできないときの対処法、勝手にログアウトしてしまうときの対処法についてです。PC(パソコン)、iPhoneやAndroidといったスマートフォンどちらも触れています。

Amazonにログインすると、Amazonで買い物をしたり、登録情報を変更したり、過去の注文履歴を見たりと、さまざまなことができます。

Amazonを利用し終わったあとも、できればログインしたままにしておいたほうが、次回メールアドレスやパスワードでログインし直す手間がないので便利ですが、共用のパソコンであればログアウトするのが普通です。

自分専用のパソコンだったら、ログインしたままでも問題ないでしょうが、家族や職場など共用のパソコンでログインしたままにしていると、ほかの人に個人情報や注文履歴などの情報を見られたり、勝手に買い物をされたりしてしまう恐れがあります。

スマートフォンは共用で使うことはあまりないかもしれませんが、落として誰かに拾われたときのことを考えると、ログインしたままにしておくのはやはり危険です。

(Amazonのヘルプページ「サインインとサインアウト」でも共用パソコンのログアウトを推奨)

この投稿の続きを読む »

Amazonの詐欺出品者の見分け方とよくある詐欺の手口



Amazonの詐欺出品者の見分け方、よくある詐欺の手口、返金など詐欺に対するAmazonの保証についてです。

Amazonのカタログに並んでいる商品にはAmazonが出品している商品とAmazon以外の一般の業者が出品している商品があり、Amazon以外の一般の業者が出品している商品の売り場の総称がAmazonマーケットプレイスです。

このAmazonマーケットプレイスでは、詐欺が横行しており、このページでAmazonマーケットプレイスの詐欺の手口などをチェックしておきましょう。

この投稿の続きを読む »

Amazonの納品書が入っていない理由と納品書の印刷方法



Amazonで注文した商品が届いたときの梱包のダンボール内に納品書が入っていない理由、納品書の印刷方法、納品書の再発行方法についてです。

プリンターが自宅にない人でもPDFファイルにしてコンビニで印刷することが出来ますので、そのやり方も解説します。

納品書とは商品の詳細について書かれている書類のことです。ネット通販では納品書と商品を同梱するのが普通ですが、Amazonで買った商品には納品書が入っていないことがあります。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 4 of 21First23456

このページの先頭へ