Amazonのラッシュ便とは?ラッシュ便のメリットとお急ぎ便との違い




Amazonのプライム会員の配送オプションであるラッシュ便を利用するメリットとお急ぎ便とのサービス内容や料金の違いについてです。

ラッシュ便とは注文した当日または翌日の特定の時間までに配達が行われるAmazonの配送サービスで、お急ぎ便よりも早くPrime Nowよりかは遅いといったスピード感となります。

対象エリアは本州の一部地域のみで、配送料は非プライム会員であれば700円、プライム会員であれば300円で利用できます。ただし、キャンペーン期間中であればプライム会員なら無料で利用できます。

スポンサーリンク

ラッシュ便を利用するメリット

Amazonのヘルプページ「お急ぎ便について」に記載されている通り、ラッシュ便とはAmazonのお急ぎ便配送オプションの一つで、注文した当日または、翌日の特定の時間までに配達するサービスです。

ラッシュ便であれば15時に注文して当日の21時までに到着といった早さでの注文が可能です。イメージとしては、お急ぎ便や当日お急ぎ便よりかは早く、Prime Nowよりかは遅いといったサービスとなっています。

当日お急ぎ便との違いは、当日お急ぎ便があくまで深夜12時(0時)から午前中までの時間帯に注文をすれば、その当日中の配達になるのに対し、ラッシュ便であれば午後に注文してもその日の夜までに到着したり、夜に注文して翌日の朝の到着にすることも可能です。

ただし、最短2時間でお届けする「Prime Now」ほどのスピードはないので、その日中に使用したいといったようなものであれば、より早いPrime Nowを利用することをおすすめします。

ラッシュ便とお急ぎ便の違い

ラッシュ便 お急ぎ便
対象地域 一部の地域のみ 一部以外全て対象
料金 700円 500円
配達日数 24時間以内 3日以内
配送業者 主にデリバリープロバイダ

上記表がラッシュ便とお急ぎ便の比較となります。以下、それぞれの項目について詳しく説明します。

◼対象エリア

ラッシュ便とお急ぎ便ではサービス対象となっている地域が異なります。

ラッシュ便では本州の一部地域のみがサービスの対象となっているのに対し、お急ぎ便では反対に沖縄県及び離島など一部地域のみがサービスの対象外地域で、それ以外では日本全国対象地域となっています。

しかし、今後はラッシュ便の対象エリアも拡大していく見込みなので、将来的にはお急ぎ便並みに日本全国で利用できるサービスとなることが予想されます。

◼配送料

プライム会員ではない通常会員の場合、ラッシュ便を利用した配送料は700円となりますが、お急ぎ便であれば本州・四国であれば500円、北海道・九州で540円となります。

なお、当日お急ぎ便であればそれぞれ100円上乗せになり、本州・四国で600円、北海道・九州で640円になります。

また、プライム会員であればお急ぎ便・当日お急ぎ便ともに無料で利用できるようになりますが、ラッシュ便ではキャンペーン期間中のみ無料で、キャンペーン期間終了後は300円の配送料がかかります。

◼配達日数

ラッシュ便とお急ぎ便の配達日数を比較すると、ラッシュ便の方がより早くなっています。ラッシュ便では注文当日もしくは、翌日の特定の時間までに到着という配達速度に対し、お急ぎ便では注文確定日から3日以内にお届けとなっています。

当日お急ぎ便であれば、その名の通り注文の当日に到着させることも可能ですが、利用のためには当日の午前中までに注文しないとその日の配達にはできません。しかし、ラッシュ便であればその日の午後に注文しても当日の夜に配達させることも可能です。

◼配送業者

ラッシュ便とお急ぎ便では、どちらも配送を行うのはヤマト運輸・日本郵便・佐川急便・デリバリープロバイダなどといった複数の配送業者が担当するようになっています。

とはいえ、近年ではデリバリープロバイダで配送される割合が急激に増えてきているので、ラッシュ便・お急ぎ便いずれも基本的にデリバリープロバイダでの配送になると考えておいた方が良いでしょう。

ラッシュ便を利用するときの注意点

ラッシュ便を利用する際、気をつけておきたいこととして、配送業者がデリバリープロバイダになる可能性が高い点です。

デリバリープロバイダとは、Amazonが提携するそれぞれの地域ごとの配送業者の総称で、TMG・丸和運輸機関・SBS即配サポート・ファイズ・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・札幌通運が現在デリバリープロバイダの配送業者となっています。

これらデリバリープロバイダの配送業者はヤマト運輸のような大手の配送業者とは違い、実際に配達を行っているのが配達未経験者のアルバイトだったりするので、お届け日時指定便を利用したのに届かないなどといったトラブルが多く発生しています。

そのため、急いで使いたいためラッシュ便を利用したのにもかかわらず、配達を行うのが不慣れなデリバリープロバイダの配達員だったため届くまでに時間がかかるという可能性もゼロではありません。

どうしてもその日中に届かなくてはいけないもの、今すぐ欲しいといったものはPrime Nowを利用すると、デリバリープロバイダの配送ではない専用の配送業者による配送のため、安心できます。

関連:デリバリープロバイダの配達が遅い理由と来ないのを防ぐ遅延対策


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

クレジットカードAmazonの注文をキャンセルする出品者側の理由まとめ
本Amazon Audibleの無料体験期間と期間中の解約方法
amazonデリバリープロバイダの配送状況「データ受信」の意味と変わらないときの対策
amazonデリバリープロバイダの配送状況「ご不在」の意味と不在票がないときの対策
amazonデリバリープロバイダの評判や口コミが悪い理由
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【くじ付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ