ヤフオクの出品者が送料着払いにする理由とメリット




着払いとは荷物を送る人がその送料を支払うのではなく、荷物を受け取る人が受け取った際に荷物を受け取る送り方で、日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便といったどの宅配会社でもオプションとして用意されています。

ヤフオクでは商品の発送方法をあらかじめ着払いのみとしている出品者もいますが、これにはちゃんとした理由があります。

実はヤフオクでの着払いは、出品者・購入者ともにメリットがある送り方で、出品者にとっては自分でサイズを測り送料を計算しなくても良い、購入者にとっては送料を誤摩化されることがないというメリットがあります。

それではヤフオクの出品者が送料を着払いにする理由を詳しく見て行きましょう。上記で挙げたメリットと関連してきます。

スポンサーリンク

調べる手間を省くため

冒頭でも書きましたが、サイズを測るのがめんどくさい、送料を計算するのがめんどくさいという理由で、自分でサイズを測り送料を計算しなくても良い着払いにする人もいます。

宅配便の利用回数が少ない方が、ゆうメールなど宅急便よりも安く送ることが出来る小さい商品をヤフオクに出品し、送料がよく分からないから宅急便の着払いにしてしまうということもありますが、そういった場合は大抵「出品者への質問」機能を利用してゆうメールで送れませんか?という質問が飛んできます。

この場合は送り方を良く知らないということで、多くの販売機会を逃してしまうため、ヤフオクで沢山落札してもらうためにも適切な送り方を勉強しておいた方が良いでしょう。「出品者への質問」機能を通して伝えられた送り方が、だいたい落札者にとってはベストな送り方で、落札数が増える送り方であると言えます。

トラブルを避けるため

着払いを利用することが出来る主な発送方法として、日本郵便(郵便局)のゆうパック、ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便、佐川急便の飛脚宅配便があるのですが、これらはサイズによって送料が変わります。

サイズの区分けとしては3 辺の合計が60cm以内なら60サイズ、80cm以内なら80サイズ、120cm以内なら120サイズといった感じで、サイズが大きくなればなるほど送料は高くなります。

もしヤフオクに出品している商品のサイズが60サイズと80サイズどちらになるか分からない微妙なサイズであった場合に、先に60サイズの送料を受け取り80サイズだった場合はその差額をもらわなければいけませんし、80サイズの送料を受け取り60サイズだった場合は購入者は送料を騙されたと思ってしまいます。

そういったトラブルを避けるためにも確実に正しい送料で取引をすることが出来る着払いが利用されます。

ちなみにゆうパック・宅急便・飛脚宅配便であれば着払いは無料で利用することが出来ます。

関連:ゆうパックを着払いで送る際の料金や伝票などいろいろ


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

ゆうパックゆうパックを着払いで送る際の料金や伝票などいろいろ
ヤマト運輸ヤフネコパックの宅急便コンパクトの出品方法・送り方・料金
年賀状特集

年末年始・正月の郵便局の営業日と営業時間

年賀状を輪ゴムでまとめて郵便ポストに投函した方が良い理由

年賀状をやめたいときの対処法とやめる方法

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ