Qoo10で複数アカウントを利用する方法とメリット




ファッションや化粧品から日用品まで多種多様な商品が激安価格で販売されているショッピングモールサイトのQoo10で複数アカウントを作成し利用する方法についてです。

Qoo10ではキャンセルや返品、支払い期限までに支払いをしないなどの行為により信用ポイントと呼ばれる評価ポイントのようなものが下がっていきます。

あまりに下がり過ぎるとQoo10で買い物ができなくなってしまいますので、そんなときのために2つ目のアカウントを用意しておくのもありでしょう。

また毎日のクーポンの獲得などはアカウントごとに上限がありますが、複数のアカウントがあればたくさん獲得することも可能となります。

通常のサイトでは複数のアカウントを登録、利用することに対して制限があるものですが、Qoo10の利用規約を読む限りは複数アカウントに関しての記述は特にありません。

スポンサーリンク

同一メールアドレスでの登録はできない

Qoo10の利用規約に複数アカウントについて記述が無いからといって、全く制限が無いという訳ではありません。

例えばすでに登録で使用したことのあるメールアドレスでの登録はできないということが挙げられます。



すでに登録済みのメールアドレスで登録をしようとして、使えるメールアドレスかどうかを確認すると「このメールアドレスは既に登録されています。ログインしてください。新しく会員登録するためには別のメールアドレスを使ってください。」と表示されます。

規約では禁止はされていませんが、メールアドレスはID替わりとしても利用しますので同一のものが登録されるのはいろいろと問題があるのでこのようなことになっています。

ただし、過去に登録していたメールアドレスでもそのアカウントが退会をして15日以上経過していれば再登録という形で利用することができます。

複数アカウントを利用するメリット

Qoo10で複数のアカウントを利用することで有利になることはいくつかありますが、まず考えられることとしてクーポンやQスタンプといった特典をアカウントごとに獲得できるということです。

例えばQラウンジではスタンプカードを毎日貯めることができ、ルーレットの応募券やまめQなどを獲得することができます。これらは最終的にはポイントだったりクーポンだったりになるので獲得すればするだけお得にお買い物ができます。

このスタンプカードは1つのアカウントで毎日1つづつ貯めることができますが、2アカウントあれば2つづつ、3アカウントなら3つづつ貯めることができます。

またイベントなどでクーポンやポイントが配られる際もアカウントごとに制限があったりしますが、複数アカウントを駆使すればたくさん獲得することも可能です。

このようにアカウントごとに上限が設定されているものを、上限を超えて獲得するためには複数アカウントを利用することが最も簡単な方法であると考えられます。

複数アカウントの連携は出来ない

ちなみに複数アカウントはもちろんそれぞれ独立したアカウントです。

ですのでアカウントAで注文した商品の履歴をアカウントBの注文履歴から見るというようなことはできません。

2つ3つならこのようなことも起こらないですが、アカウントがあまりに多くなるとどのアカウントで何を買ったのか分からなくなることもありますので、利用する際にはきちんと管理するようにしましょう。


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

iphone年会費無料!Qoo10に会員登録する方法
退会Qoo10の退会方法!PC・iPhone・Androidに対応
困るQoo10の注文確認メールが届かないときの対策
現金Qoo10で楽天Edy支払いする方法
ペンQoo10でレビューを書く方法とメリット
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ