有料化したEMS封筒の料金と支払い方法!無料でもらえる期間は終了



2017年8月から有料化されたEMS封筒(袋)の料金と支払い方法についてです。

EMS用の封筒はかつては無料でもらえていたのですが、2017年7月31日にその無料配布は終了し、同年8月1日から有料で販売されるようになりました。

現在用意されているEMS封筒はEMS封筒とEMS封筒(マチ付き)の2種類があり、それぞれ50円と70円で、日本全国の郵便局の窓口から購入できます。

この投稿の続きを読む »

EMSと 国際小包(船便・SAL便・航空便)の違いを比較解説



日本から中国・オーストラリア・アメリカなど海外の国に郵便局から荷物を送るときに利用できるEMS(国際スピード郵便)と 国際小包(船便・SAL便・航空便)の料金・サイズ・日数・関税でのチェックなど違いについてです。

EMSは国際郵便サービスの中で最も早いスピードを誇る送り方で、補償サービスの面でも国際小包よりも充実していますが、その反面料金は高くなっています。

船便・SAL便・航空便はそれぞれ国際小包という海外郵便の送り方で、3つの中でも一番遅いのが船便、早いのが航空便、その中間がSAL便となっています。また、料金も早さに比例して高くなっています。

なお、EMSと3つの国際小包は、いずれも送れる上限サイズには違いはありません。

この投稿の続きを読む »

国際書留とEMSの違いを徹底比較



中国や韓国、シンガポールなど海外の国からの荷物でよく使われているEMSと国際書留の違いについてです。

これら2つの海外郵便は海外の通販サイトから買い物をした際などにもよく用いられますが、国際書留の方は一般的に小さな小物などを送る際によく利用されます。

この2つの大きな違いは到着までの日数と料金です。EMSの方が圧倒的に早く着きますが、その分送料も高くなっています。

この投稿の続きを読む »

EMSの書類用と物品用の違い!料金・サイズ・送れるものなどを比較



日本と中国やアメリカなど、海外の国との間で荷物を送る際に広く利用されている、EMSの書類用ラベルと物品用ラベルの違いについてです。

書類用・物品用と分別されていることから、まるで送り方そのものが違うように感じてしまいがちですが、実際には料金・送れる上限サイズ・到着までの日数などはすべて同じです。

では、なぜEMSには2つのラベルが用意されているのかと言うと、物品用ラベルには税関告知書が納入されているため、反対に書類だけを送る際での、税関告知書の記入の手間を避けるために、少し特別な書類用というラベルが用意されているのです。

つまり、書類を通常の物品用ラベルで送っても問題はありませんし、また書類と一緒に衣服や食料品を送る際は、物品用ラベルを使用しなくてはいけません。

この投稿の続きを読む »

EMSの受け取り方法と受け取りを拒否する方法



中国・韓国・アメリカなど海外の国から発送されたEMSを自宅や郵便局の窓口で受け取る方法についてです。

EMSは自宅での受け取りのほか、局留めで送ってもらうことで、郵便局の窓口で受け取ることも可能です。原則的に対面でのサインをしてからの受け渡しとなっているため、不在時でも郵便受けに入れられることはありません。

なお、送られてきたEMSを受け取りたくない場合は、受け取り拒否をすることが可能です。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク


Page 1 of 3123

このページの先頭へ