Amazonギフト券とAmazonポイントの違い!併用や消化優先順位についても




Amazonでの支払いに利用する事が出来るAmazonギフト券とAmazonポイントの違い、支払い時のAmazonギフト券とAmazonポイントを併用しての購入、Amazonギフト券とAmazonポイント使用の消化優先順位の変更方法を解説します。

Amazonギフト券は、Eメールタイプ・商品券タイプ・チャージタイプといった様々な種類があり、ギフト券の番号を自分のアカウントのギフト券残高にチャージするものとなっています。

自分で買うことも出来ますし、他の方から貰うことも出来ます。

一方のAmazonポイントは、Amazonで買い物をした際に商品代金の1%といった感じで還元されるものとなっています。自分で買ったり、他の方から貰うことは出来ません。

Amazonギフト券とAmazonポイントの違い

Amazonギフト券とAmazonポイントの違いとしては、使用優先順位、入手経路、有効期限、使用上限額、換金可否があります。

■使用優先順位の違い



Amazonギフト券の残高とAmazonポイントを両方とも持っている場合は、デフォルトの状態だとAmazonギフト券が優先して消化されることとなります。

具体的にはAmazonギフト券の残高があればAmazonポイントの有無に限らず、支払い方法の選択画面で何も設定変更しないままだとAmazonギフト券が勝手に消化され、何も設定変更しないままだとAmazonポイントは使用されません。

■入手経路の違い

Amazonギフト券の場合はAmazonのサイトやコンビニなどでその金額分を購入することで入手することが出来るのに対し、Amazonポイントは購入することが出来ません。

AmazonポイントはAmazonでポイント付与対象の商品を購入したときに掲載されているパーセンテージ分(1pt=1円)以降の購入時に使用することが出来るというものです。

つまりAmazonギフト券は他の人にプレゼントすることが可能ですが、Amazonポイントは自分でしか使うことが出来ません。

貯まったAmazonポイントを自分のアカウントから他の人のアカウントに移動させることも出来ません。

■有効期限の違い

Amazonギフト券とAmazonポイントには有効期限が設定されており、その有効期限を過ぎてしまうと使用出来なくなります。

公式サイトのヘルプページ「Amazonポイントの使い方ガイド」にもある通り、Amazonギフト券の有効期限は10年であるのに対し、Amazonポイントは1年です。

そのため、Amazonギフト券とAmazonポイントを両方とも持っている場合は、有効期限が短いAmazonポイントの方を優先して使う方が賢明です。

■使用上限額の違い

Amazonギフト券の場合は1回の注文で使用出来る金額に上限がないのに対し、Amazonポイントは1回の注文で10万ポイント、つまり10万円までしか使用することが出来ません。

■換金可否の違い

Amazonギフト券はお金に変えることが出来るのに対し、Amazonポイントは換金不可で有効期限が来る前にAmazonで使用するしかありません。

Amazonギフト券を売ることが出来る場所としてはヤフオクや金券ショップがあり、メルカリなどのフリマアプリに出品することは出来ません。

Amazonギフト券とAmazonポイントを併用しての購入



Amazonギフト券とAmazonポイントを併用して購入できる支払い方法にはルールがあります。

両方とも併用できる支払い方法は、クレジットカード支払い、コンビニ支払い・銀行ATM支払い・ネットバンキング支払い・電子マネー支払いといった現金支払い、代金引換支払いとなっています。

そのため、今回のAmazonギフト券とAmazonポイントを併用しての購入は出来ません。

Amazonギフト券とAmazonポイントはどちらか一方のみ支払い方法として使用することが出来ます。


Amazonギフト券とAmazonポイントの消化優先順位の変更方法

Amazonギフト券の残高とAmazonポイントを両方とも持っている場合は、デフォルトの状態だとAmazonギフト券が優先して消化されることとなります。

そのため、Amazonギフト券の残高は使用せず、Amazonポイントを優先して消化させたい場合は以下の手順で支払い方法を変更する必要があります。

■スマホ画面(iPhoneやAndroid)

1.カートに商品を入れて注文確定直前の画面まで進め、支払い方法をタップします。



2.支払い方法の選択画面が表示されます。



3.支払い方法を一度クレジットカードにした後に、Amazonポイントをクリックし、全てのポイントを使用するか、一部のポイントを使用するかを選択し、最後に「続行」ボタンをクリックします。



4.支払い方法がAmazonギフト券からAmazonポイントに変更されました。



■パソコン画面(PC)

1.カートに商品を入れて注文確定直前の画面まで進め、支払い方法の「変更」をクリックします。



2.支払い方法の選択画面が表示されます。



3.支払い方法を一度クレジットカードにした後に、Amazonポイントをクリックし、全てのポイントを使用するか、一部のポイントを使用するかを選択し、最後に「続行」ボタンをクリックします。



4.支払い方法がAmazonギフト券からAmazonポイントに変更されました。



最後にAmazonではチャージタイプのAmazonギフト券を使うことで、プライム会員でない通常会員ならチャージ金額の2%、プライム会員ならチャージ金額の2.5%のAmazonポイントが付与され、誰でもお得になりますので是非ご利用ください。



関連記事

人気記事

amazonギフト券コンビニやイオンなどAmazonギフト券を買える場所8個
amazonギフト券Amazonギフト券の残高と有効期限の確認方法!残高があるのに使えない理由も
セブンイレブン1Amazonギフト券のセブンイレブンでの買い方と料金支払い方法
ファミリーマート1Amazonギフト券のファミリーマートでの買い方と料金支払い方法
ローソン1Amazonギフト券のローソンでの買い方と料金支払い方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
Prime Student 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【500ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ