コンビニ不可!AmazonのATM支払いが出来る銀行とその方法




Amazonの支払い方法である「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」の中のATM支払いについてです。

ATM支払いというとコンビニにあるATMでの支払いが出来ると想像する人がいると思いますが、AmazonのATM支払いはPay-easy(ペイジー)対応の銀行ATMのみ対応しています。

つまりセブンイレブンやローソンなどに設置してあるATMからは支払うことが出来ず、コンビニで代金を支払いたいのであれば「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」の中のコンビニ支払いを選択する必要があります。

スポンサーリンク

Pay-easy(ペイジー)対応の銀行ATM

ペイジーとはAmazonの料金だけでなく、携帯電話や公共料金などの支払いをATMから行うことが出来るサービスで、待たされることが多い銀行の窓口に並ばなくてもATMを使ってすぐに料金の支払いが出来るというメリットがあります。

現在ペイジーに対応していてAmazonの代金の支払いをATMから行うことが出来る銀行は以下の通りです。

「みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、群馬銀行、足利銀行、千葉銀行、横浜銀行、近畿大阪銀行、南都銀行、広島銀行、福岡銀行、親和銀行、東和銀行、京葉銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行」

ATMの操作方法

1.「税金、料金払込み」ボタンをタッチ(銀行により表記が異なる場合あり)

2.収納機関番号「58021」を入力し「確認」ボタンをタッチ

3.Amazonから送られてきたお支払い番号お知らせメールに記載されている11桁の番号を入力し「確認」ボタンをタッチ(注文完了後にすぐ届くメールは注文確認メールなのです)

4.確認番号「8888」を入力し「確認」ボタンをタッチ

5.支払内容を確認し「確認」ボタンをタッチ

6.支払い方法として「現金振込み」または「キャッシュカード」を選択して料金を支払う

注意点として、ATM支払いはキャッシュカードの場合は30万円、現金の場合は10万円という上限金額があり、その料金を超える場合は利用することが出来ません。

最後にAmazonではチャージタイプのAmazonギフト券を使うことで、プライム会員でない通常会員ならチャージ金額の2%、プライム会員ならチャージ金額の2.5%のAmazonポイントが付与され、誰でもお得になりますので是非ご利用ください。


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

amazonAmazonでコンビニ支払いを利用する方法!注文から商品到着までを完全網羅
amazonAmazonの商品代金を楽天EdyかSuicaで支払うために必要なもの
カレンダーAmazonの支払い期限と過ぎてしまったときの対策
クレジットカードAmazonの支払い方法を変更する方法!ギフト券にも変更可能
ドコモAmazonのドコモとauでの支払い方法と携帯決済できない理由
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【くじ付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ