入場拒否対策!チケットストリートの安心プラスの入場補償




ジャニーズやEXILEといったライブのチケットが個人売買されているチケットストリート(チケスト)で購入したチケットで入場できない(入場拒否された)時の対処法として入場補償を申請する方法です。

【チケットストリート】公式サイトのよくある質問「安心プラスとは」に書かれている通り、安心プラスオプションの補償内容に「入場補償」というものがあります。

これはチケットストリートで購入したチケットで公演に入れなかった場合にチケット代金を返金するという補償です。

チケットの2次流通では公演会場に入場できないということが起こりうるため、この問題に対する対策として用意されています。

ただし補償を受けるには一定の条件があるので、入場できなかったからと言ってどのような場合でも補償されるわけではありません。

このページはiPhoneで表示したブラウザ版のサイトを基準に書かれていますが、基本的な内容や利用規約はAndroid版やPCブラウザ版に関しても同様です。

スポンサーリンク

入場補償を利用できる条件と注意点

まず入場補償は安心プラスオプションの補償内容の一つですから、当然ながら購入時に安心プラスオプションを付けていなければ適用されません。

ただし入場できなかった理由がチケットが偽物であった場合に限っては安心プラスオプションを付けていなくても補償の対象となりますので、その場合は問い合わせから運営に連絡を行いましょう。

また入場補償の申請には時間制限があります。制限時間は入場できなかった公演の開始時間から3時間以内です。公演開始から3時間を過ぎてしまうと補償が適用されませんので注意しましょう。

本人確認が済んでいることも条件の一つです。前述のとおり入場補償の申請には時間制限がありますので、安心プラスを付けるのであれば先に本人確認をしておくのが望ましいです。もちろん入場補償申請時に行うこともできます。

そして客観的な入場拒否の記録が確認できるものを用意する必要もあります。要は入場拒否された証拠を確認できる形で出せ、ということです。

入場拒否された際には主催者側に理由を説明するなりして書類やスタンプなどの形で入場拒否された証拠をもらっておきましょう。

その他以下の場合には入場補償が適用されません。

・買い手会員の故意または過失による場合
・主催者による受付時間外に入場を試みた場合
・対象商品の出品者が買い手会員と同一人物・親族・友人ないし実質的に同一の利害を有する場合
・不正の意図をもって購入した商品の場合
・その他、チケットストリートが適当でないと判断した場合

詳しくは【チケットストリート】公式サイト利用規約の「安心プラス」オプション特約の項目の7条(入場補償)の部分を確認してください。

入場補償の申請手順

それでは入場補償を申請する手順についてです。

1.まずはチケットストリートのトップページを開きます。「6つのあんしん保証」という表示がありますのでこれをタップします。



2.チケットストリートが安心な理由の説明ページが開きます。下へスクロールしていくと「安心プラス」という項目があり、安心プラスの画像がありますのでこれをタップします。



3.安心プラスの説明ページが表示されます。補償内容の項目の一番上のところに「入場補償」という項目があり、ここの文章中に「申請フォーム」がリンクになっている部分がありますのでこれをタップします。



4.申請フォームが表示されます。申請上の注意点がページ上部に書いてありますのでよく読み、フォームを全て記入して「送信」ボタンをタップします。



画像は説明用に必要な部分のみを抜粋した形になっています。

(1)注文番号

入場できなかったチケットを取引した時の注文番号を入力します。
注文番号は2から始まる7桁の数字で、取引時のメールやマイページなどから確認できます。

(2)氏名

チケットストリートに登録している名前を入力します。登録名と不一致の場合には申請が許可されない可能性がありますので注意しましょう。

(3)メールアドレス

氏名と同じくチケットストリートに登録しているメールアドレスを入力しましょう。こちらも登録してあるアドレスと一致しない場合には申請が許可されない可能性があります。

(4)入場不可理由

入場できなかった理由を「本人確認が行われた」「チケットが無効となっていた」「座席が無効となっていた」「電子チケットでエラーとなった」「その他」の中から選択します。その他を選んだ場合にはわかる範囲で理由を入力しましょう。

以上で入場補償の申請が完了しました。

申請が許可されれば返金手続きが行われ、チケット代金が全額返金されます。

安心プラスを付けていなかった場合

安心プラスを付けていない場合に入場拒否された場合の対処法は残念ながらチケットストリートでは用意されていません。

しかし例外的にチケットが偽造されたものである場合はチケットストリートに補償してもらえます。ここでいう「チケット」には電子チケットも含まれていますので、QRコード読み取り式のチケットなどでエラーが出た時でも有効な可能性があります。

詳しくは別ページにて解説していますのでそちらを参考にしてください。

関連:チケットストリートで偽物が届いたときの対処法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

泣くチケットストリートからのメールが届かないときの対処法
チケットストリートで即決取引する方法とメリット
ハートマークチケットストリートで安心プラスを使う方法・メリット・手数料
現金チケットストリートで値下げ交渉を依頼する方法
泣くチケットストリートで公演中止になったときの対処法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ