Amazonでコンビニ受け取りが指定出来ない注文パターンいろいろ




Amazonで注文する際に手数料無料でその商品の受け取りを自宅ではなくコンビニすることが出来るのですが、その注文方法によってはコンビニ受け取りが指定出来ないケースが存在します。

注文した商品を受け取る場所を自宅ではなくコンビニにすることで、家族に購入したことを知られない、再配達の連絡が不要で24時間受け取ることが出来るといったメリットがあります。

Amazonのコンビニ受け取りで指定出来るコンビニはローソンとファミリーマートだけで、セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ミニストップなど他のコンビニで受け取ることは出来ません。

Amazonのコンビニ受け取りには公式ヘルプの「店頭受取について」にも記載されていますが、これだけでは分かりにくいと思いますのでさらに詳しく解説します。

スポンサーリンク

 1.Amazonマーケットプレイス出品者が販売する商品

Amazonマーケットプレイス出品者が販売する商品とはいわゆる「アマゾンから発送される商品」以外の商品がそれに該当します。

アマゾンから発送される商品の場合、カタログ上に「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」または「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」という表示があります。

上記の記載があれば、本、CD、DVDなどのジャンル、新品・中古に関わらずすべての商品をコンビニで受け取ることが出来ます。

関連:「Amazon.co.jp が発送します」と表示されている出品者の商品について(Amazonヘルプページ)

2.Amazon定期おトク便で注文した商品

「アマゾンから発送される商品」であっても定期おトク便で注文した商品についてはコンビニで受け取ることが出来ません。

関連:Amazonファミリーとの併用も可能!Amazon定期おトク便の5つのメリット

3.配送オプションを指定して注文した商品

360円の追加料金を支払ってAmazonで注文した商品をより早く届けてもらうお急ぎ便、514円の追加料金を支払って当日中に届けてもらう当日お急ぎ便を利用する場合はコンビニで受け取ることが出来ません。

また、360円の追加料金を支払い、指定した配達日に届けてもらうお届け日時指定便を利用する場合もコンビニで受け取ることが出来ません。

4.その他

他にも30万円を超える高額商品、サイズや重量が大きすぎる商品についてもコンビニで受け取ることが出来ません。

また、コンビニ受け取りを指定して、さらにその商品の支払い方法を代金引換(手数料324円)にすることも可能です。

支払い方法を代金引換にした場合はコンビニで受け取る際に商品代金と手数料を支払う流れとなります。

コンビニでの商品の受け取り時にはお問い合わせ番号と認証番号が必要となり、お問い合わせ番号と認証番号は商品がコンビニ到着した際にメールで送られてきます。

関連:Amazonでコンビニ支払いを利用する方法!注文から商品到着までを完全網羅


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

ダンボーAmazonタイムセールのカテゴリ・曜日・時間別開催スケジュール
amazonギフト券コンビニやイオンなどAmazonギフト券を買える場所8個
kindleKindle本を安く買うためにブックマークしておきたい4つの情報
プレゼント一人暮らしの人が宅配便の荷物を確実に受け取る方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ