ヤフオクのノークレームノーリターンの意味と効力




ヤフオクで写真と違う商品が届いた、商品説明欄に記載されていない傷があった際にノークレームノーリターンとあるから返品することは出来ないのか。

決してそんなことはありません。

ただし届いた商品が写真の通りである、商品の傷がヤフオクの商品説明欄にしっかりと記載されていたものである場合には、説明を見逃していた落札者に非があるため、ノークレームノーリターンに従い返品を求めてはいけません。

スポンサーリンク

ノークレームノーリターンの法的効力

ノークレームノーリターンに法的な効力は全くなく、あくまで苦情や返品は受け付けません!という個人間の約束です。

多くの出品者は周りの出品者がそう書いているから自分も書いておこう、お願いだから返品とか言わないで(願望)という感じでヤフオクの出品者は商品説明欄にノークレームノーリターンと記載しているため、商品説明と全く違うものが届いた場合には返品に応じてくれる人はいます。

しかしヤフオクの一部の出品者には、商品説明欄に不具合やキズについての記載がなく、実際に届くとその商品に傷があった場合でも、「ノークレームノーリターンと書いているから」という理由で返品に応じてもらえない出品者もいます。

つまり返品に応じてくれるかくれないかはその出品者次第です。

もしそういった出品者にあってしまった場合には損害賠償を請求することも出来ますが、精神的にも金銭的にもかなりの手間となってしまうため、多くの落札者さんが泣き寝入りしている現状があります。

ヤフオクにお問い合わせフォームより報告することで、他に何人か同様の被害を受けた人がいると(1回くらいではヤフオクは動かない可能性大)その出品者のIDを停止する措置をとってくれるので必ず報告するようにしましょう。

関連:ヤフオクにメールで問い合わせる方法(電話番号はない)

たまにヤフオクで「ヤフオクで買いましたがサイズが合わないため出品します」と商品説明欄に記載しているオークションがあります。

これらはサイズが合わなくて返品を依頼したが、返品してもらえなかった人が出品しているのでしょう。

返品出来た事例と出来なかった事例

ノークレームノーリターンと記載されたオークションでも実際に返品・返金に応じてもらえた方と残念ながら返品してもらうことが出来なかった事例をいくつかご紹介します。

・DVDが付属している雑誌にDVDが付いていなかった事例

「写真に写っているものが全てです。ノークレームノーリターンでお願いします。」と商品説明欄に記載されていたが、せめてジャンク扱いと書いてほしかった、返品の送料は負担するので商品代金を返品して欲しいと譲歩の依頼をし返品に成功。

・サイズが合っているにも関わらず足先しか入らなかったスキーブーツの事例

年式はわからないスキーブーツで実際には十数年前のものだった。経年によりプラスチックが加水分解を起こして硬化し足先が入らなかった。商品説明欄に加水分解のことは記載されていなかったが、本人には分からないことであるため返品に失敗。

・動作確認済みのAV危機が動作しなかった事例

多くのストアの返品期限は1週間であるため返品に失敗。ジャンクとしてヤフオクに出品しようと考えたが、大したお金にならないため、手間を考え泣く泣く処分。

関連:ヤフオクで自分の写真を無断使用された際の連絡先と対処法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

赤ちゃんヤフオクでセーフサーチとチャイルドロックを設定する方法
怒るヤフオクで悪質な落札価格の吊り上げ行為に騙されない方法
色ヤフオクに出品中の服を色を指定して検索する方法
iphoneヤフオクにメールで問い合わせる方法(電話番号はない)
ヤマト運輸ヤフネコパックのサイズ・重量・厚さ・補償額
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ