Amazonでキャンセルリクエストができない理由!発送済み後のキャンセル方法も




Amazon(アマゾン)で注文した商品をキャンセルする際にキャンセルリクエストできる商品とできない商品があります。

どのような商品はキャンセルリクエストができて、どのような商品はキャンセルリクエストができないのでしょうか。

結論から言うと、ステータスが出荷準備中であればキャンセルリクエストが出来て、発送済み後やエラーが出てしまう場合などキャンセルリクエストが出来なくてもキャンセルすることは可能です。

Amazonのキャンセルリクエストのやり方がよく分からない方やキャンセルリクエストができない方は、このページのやり方で解決することでしょう。

そもそもキャンセルリクエストとは

公式サイトのヘルプページ「注文のキャンセル」にある通り、キャンセルリクエストとはすでに出荷準備に入っている商品をキャンセルしたいというリクエストを出す機能のことです。

あくまでもリクエストなので、キャンセルリクエストをしたからと言って、必ずキャンセルができるというわけではありません。

■キャンセルリクエストをするとAmazonからメールが届く

キャンセルリクエストをすると、アカウントサービスの「注文履歴」に「キャンセルリクエスト中」と表示されます。キャンセルリクエストが成功したかどうかは、返信メールで確認することができます。

返信メールは、Amazon.co.jpが発送する商品なら2時間以内に、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品なら、営業日であれば24時間以内に届きます。

(Amazonマーケットプレイスの個人出品者の場合、すぐに対応できるとは限らないので、もっと時間がかかることはあります)



■キャンセルリクエストが成功したら注文履歴の商品が削除される



キャンセルリクエストが成功した場合、注文履歴からキャンセルされた商品が削除されます。キャンセルリクエストが間に合わなかった場合、商品が発送されるので、受け取り拒否や返品手続きをすることになります。

なお、キャンセルリクエストをする商品と同じ注文の中に、キャンセルをしない商品がある場合、出荷準備をやり直すため、商品の到着が当初の予定よりも遅くなってしまう可能性があります。お急ぎの方は、ご注意ください。

また、何度も繰り返してキャンセルをすると、ペナルティでAmazonのアカウントが閉鎖されてしまう可能性があります。

一度アカウントを閉鎖されると、新しくアカウントを作り直してもすぐに閉鎖されてしまうので、気軽にキャンセルを繰り返さないほうがいいでしょう。

キャンセルリクエストができる商品



キャンセルリクエストができる商品は、出荷準備中の商品です。

パソコンの画面(PC)の場合は、上記の画像のように「注文履歴」のキャンセルしたい商品の右横に「商品をキャンセル」というボタンが表示されていたら、キャンセルもしくはキャンセルリクエストができる商品ということになります。

iPhoneやAndroidといったスマホは少し分かりにくく、キャンセルリクエストするためのボタンは以下の手順で表示されていることが分かります。

1.Amazonのトップページの左上にあるメニューボタンをタップします。



2.メニューの中の「注文履歴」をタップします。



3.注文をキャンセルしたい商品をタップします。



4.「注文をキャンセル」をタップします。



5.キャンセル理由を選んで「チェックした商品をキャンセルする」ボタンをタップします。


キャンセルリクエストができない商品

キャンセルリクエストができない商品はすでに発送されている商品です。「注文履歴」からステータスを確認し、「発送済み」と表示されていたなら、すでに発送されているのだと考えられます。



ステータスは、いつもリアルタイムで反映されているとは限りません。そのため、ステータスに「出荷準備中」と表示されていたとしても、実際はすでに発送されているケースもあります。

また、Amazonマーケットプレイスの商品の中には、最初からキャンセルができないことになっている商品もあります。キャンセルできる商品なのかどうか、注文する前に必ず確認するようにしましょう。


キャンセルリクエストができなかったときの対処法

Amazonでキャンセルリクエストができなかった場合の対処法としては、まだ出荷準備中でエラー等によりキャンセルリクエストができなかった場合、すでに発送済みでキャンセルリクエストができない場合が想定されます。

それぞれの対処法は以下の通りです。

■【スマホ】キャンセルエラーならAmazonに問い合わせ

1.Amazonの総合お問い合わせページに行き、「Amazonから電話をする」をタップします。(スマホの場合はアプリがないとチャットでの問い合わせが出来ません)



2.お問い合わせ内容の中から問い合わせたい情報を選びタップします。「注文内容について」を選択しましょう。



3.さらに詳細な問い合わせ内容が出てくるので、「注文内容の確認、変更、キャンセル」を選択します。



4.「カスタマーサービスへ連絡」をタップします。



5.キャンセルしたい商品を選択して「お問い合わせを続ける」ボタンをタップします。



6.Amazonのカスタマーセンターから電話をかけて欲しい電話番号を入力し、「今すぐ電話がほしい」ボタンをタップすることでAmazonのカスタマーセンターの方から自分の携帯に電話をしてもらうことが出来ます。



この電話でキャンセルしたい旨を伝えることで、キャンセルすることが出来ます。

■【PC】キャンセルエラーならAmazonに問い合わせ

1.Amazonの総合お問い合わせページに行きます。



2.総合お問い合わせページ内にある「電話でのサポートが必要ですか?Amazon.co.jpからお電話いたします」をクリックします。



3.お問い合わせ内容「注文について」を選択し、キャンセルしたい商品にチェックを入れます。



4.お問い合わせ内容「注文内容の確認、変更、キャンセル」を選択し、下に出てくる「電話」ボタンをクリックすることでAmazonのカスタマーセンターの方から自分の携帯に電話をしてもらうことが出来ます。



この電話でキャンセルしたい旨を伝えることで、キャンセルすることが出来ます。

また、電話ではなくチャットを使って問い合わせても、キャンセル依頼を行うことは可能です。

■すでに発送済みなら受け取り拒否

キャンセルリクエストができなかった場合、受け取り拒否をすると、キャンセルすることができるでしょう。

Amazon.co.jpが販売・発送をしている商品ならば、受け取り拒否をしたとしても、お急ぎ便などの有料オプションを選択していない限り、送料を取られることはありません。

ただ、Amazonマーケットプレイスで購入した商品の場合、業者によっては、返送料や配送料を引いた金額しか返金されないことがあります。

受け取り拒否をするときは、宅配業者が家に来たときにその旨を伝える方法でもいいのですが、家に来る前に電話で伝えておいたほうが、宅配業者の負担の減らすことができます。

最後にAmazonではチャージタイプのAmazonギフト券を使うことで、プライム会員でない通常会員ならチャージ金額の2%、プライム会員ならチャージ金額の2.5%のAmazonポイントが付与され、誰でもお得になりますので是非ご利用ください。



関連記事

人気記事

キャンセルAmazonの注文をキャンセルする出品者側の理由まとめ
マウスAmazonでワンクリック購入した商品のキャンセル方法と反映確認のやり方
時計Amazonのキャンセルリクエストの返事である返信メールが来るタイミング
エラーAmazonのキャンセルリクエストの処理中にエラーが発生したときの対処法
キャンセルAmazonのキャンセルリクエストを取り消してキャンセルする方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
Prime Student 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【500ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ