Amazonのダンボールのサイズが大きい理由とサイズの種類




Amazonから届いた段ボール箱の大きさが商品のサイズの割りに大きすぎる理由とAmazonの段ボールの種類についてです。

Amazonから届くダンボールは、マガジンラックやゴミ箱、猫ハウスなどさまざまなものに活用できます。

商品サイズのわりに大きすぎることが多いため、ゴミに出す作業が大変という意見もありますが、工夫次第では役立てることができるでしょう。

スポンサーリンク

Amazonのダンボールが大きい理由

Amazonの段ボールが大きいのには、いくつか理由があります。

◼︎段ボールを︎標準化すると、効率がいい

Amazonで扱っている段ボールの種類は少ないです。これは段ボールの大きさを標準化することで、効率をアップさせる目的があります。

では段ボールの大きさを標準化すると、なぜ効率がアップするのでしょうか?

理由としては、作業の単純化が考えられます。Amazonでは、24時間365日たくさんの注文が寄せられています。

そんな状況の中、いちいち商品のサイズに合った段ボールを探していては、とてもすべての注文を捌ききれません。

しかし段ボールの大きさが決まっていれば、商品サイズに合った段ボールを探す手間を省くことができます。

ほかにも機械化がしやすくなったり、新人の教育が簡単になるため、研修の期間が短くなったりするというメリットがあります。

◼︎段ボールと段ボールのあいだに生じる隙間を減らせる

使用する段ボールの大きさを標準化するメリットは、ほかにもあります。それは荷物トラックに積む際、段ボールと段ボールのあいだの隙間を少なくできるということです。

もし段ボールの大きさがバラバラだったら、段ボールと段ボールのあいだに無駄な隙間が生まれやすいでしょう。隙間があると荷物が揺れやすいため、商品が破損することもあるかもしれません。

しかし同じ大きさの段ボールを使用することで、トラックに積みやすく、隙間も少なくすることができます。

◼︎トラックを何台呼べばいいのかが明確になる

段ボールの大きさがバラバラだと、トラックを何台呼べばいいのか計算しにくいというデメリットがあります。

トラックを必要以上にたくさん呼んでしまうと、Amazonはそれだけ損をすることになります。かと言ってトラックの台数が足りなければ、荷物をスピーディに発送できなくなるでしょう。

しかしあらかじめ段ボールの大きさを統一しておけば、何台分のトラックを呼べばちょうどいいのかが計算できるようになります。

◼︎荷物の大きさを大きくすることで、︎早く配達してもらう

もし取り扱う荷物が小さいサイズのものばかりだったら、トラックの中はガラガラです。

そんな状態で配達に回るのは効率が悪いので、もう少し荷物がたまるまで待たなければなりません。

しかし荷物が大きければ、トラック内の容積が早い段階でいっぱいになるため、荷物がお届け先に到着するまでのスピードを速めることができるのです。

Amazonにはダンボールに関する意見を伝える方法

実はAmazonでは「梱包についてのご意見を送る」ページで梱包に関する感想や意見を伝えることができます。

たとえば小さい商品に対して明らかに大きいダンボールで梱包されているため違和感があるといった感想、小さい商品は郵便受けに入る小さいダンボール箱にしてほしいという意見ですね。

この梱包についての意見は誰でも送ることが出来るわけではなく、60日以内に配達された商品ごとに送ることができます。

Amazonのダンボールの種類

消費者の傾向として同じジャンルの商品を何度も購入する傾向があるため、Amazonで買い物をする人からするとあまりダンボールの種類は多くないように感じるかもしれません。

しかし実際には一番小さいサイズのXE05から始まり、縦・横・高さのサイズが違うダンボールがAmazonにはたくさんの数あります。

ダンボールの種類 サイズ
XE05 約16×19.5×0.4cm
XE06 約26×35.5×0.4cm
XE07 約35×31.5×0.4cm
XM01 約6x33x25cm
XM02 約7x33x25cm
XM03 約25.5x33x12cm
XM04 約25x32x12cm
XM05 約25x33x11.5cm
XM06 約25.5x33x7cm
XM07 約25x33x17.5cm
XM08 約18x33x25cm
XM10 約15x33x11.5cm
XM11 約25.5x33x17cm
XM13 約11x33x25cm
XM23 約24.5x31x17cm
XM24 約32×24.5×3.5cm
XM29 約15x32x7.5cm
XM33 約25x32x11cm
XL02 約31x41x21cm
XL03 約35x45x11cm
XL04 約34x45x22cm
XL05 約11x41x35cm
XL06 約31x41x22cm
XL10 約35×42.5×12.5cm
XL11 約40x31x17cm
XL16 約35×42.5x2cm
XX01 約13x47x37cm
XX04 約36.5x46x16cm
XX05 約36.5x46x26cm
XY05 約8x61x23cm
XY06 約13x61x36cm
XY08 約47x66x9cm
XY11 約34x75x18cm
XY14 約61x85x11cm
XY21 約23.5×44.5x29cm
XY22 約21×25.5x7cm
XY27 約34x36x3cm
XY28 約41x61x16cm
XY29 約15.5x23x6.5cm
XY30 約16×13.5×9.5cm
XY40 約65.5x95x8cm
XY45 約16×23.5x10cm
XY53 約31.5x61x13cm
XZ14 約15x140x14.5cm
FM07 約33x25x17cm
FM09 約33x25x7cm
FY15 約30.5×40.5x16cm

関連:Amazonの納品書が入っていない理由と納品書の印刷方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

クレジットカードAmazonの注文をキャンセルする出品者側の理由まとめ
kindleKindleで複数の本をまとめ買いする方法とメリット
ダンボーAmazonプライムに入会するメリットを徹底解説
カレンダーAmazonで配達日と配達時間帯を指定して注文する方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【300ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【30ポイント付与】ハピタスのお得な登録方法と登録するメリット 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ