チケットキャンプで詐欺被害にあわないための安全対策




ジャニーズやAKB48、EXILE、三代目 J Soul Brothersといったライブのチケットが出品されているチケットキャンプ(チケキャン)で詐欺被害にあわないための安全対策についてです。

チケットキャンプに限らずヤフオク!、メルカリ、フリルなど相手の顔が見えないC2Cサイトでは、代金を受け取ったにも関わらず商品を渡さないというような詐欺が多かれ少なかれ発生しています。

しかしチケットキャンプでは、きちんと対策をしておけばこのような詐欺にあうことなく比較的安全に利用することができます。

きちんと対策をして詐欺にあわないように、このページで対策方法を確認していきましょう。

(追記)チケットキャンプは2018年をもってサービスが終了しました。

スポンサーリンク

チケットキャンプの現状

チケットキャンプでは詐欺に対して様々な安全対策が取られています。

例としては、決済へのエスクロー方式の導入や、偽造チケットへの返金保証としてのあんしん補償が挙げられます。

また以前チケットキャンプにあった詐欺をやりやすかったシステムとして、チケット代別途での商品の出品や、電子チケットによる入場ができなかった場合でも売り手が代金を受け取ることができた点などがありますが、これらは既に対策がされており、現在ではこれらを利用した詐欺が起こることはありません。

しかし以前と比べてチケットキャンプで詐欺ができにくくなったとはいえ、必ずしも詐欺が全くないというわけではありません。

詐欺が行われ、詐欺師の手にお金が渡った時点でそのお金が戻ってくることはほとんどありませんので、いかに詐欺にあわないようにするかがチケットキャンプを安全に利用するコツです。

1.評価が少ない、または悪い出品者から購入しない

直接相手に会うことができないチケットキャンプで、相手がどのような人なのか知ることができるのはプロフィールと評価からです。

特に評価は取引をした他人が付けるものですので、自分で書いているプロフィールよりも信頼性が高いです。

この評価を用いて取引するかどうか判断する目安は以下の通りです。

・悪い評価が全評価の20分の1以下である出品者から購入する
・評価の数が2桁以上ある出品者から購入する

評価は良い評価である☆3つ、普通の評価である☆2つ、悪い評価である☆1つの3種類で表されます。

目安として、評価全体の20分の1を悪い評価が超えるような割合であればトラブルにあう可能性が十分にあります。10分の1を超えているようであれば取引をしない方が良いです。

また評価数に関して、10個未満の場合はあまりあてになりません。というのも自分や友人のアカウントを利用してお互いに良い評価を付けあっただけでも数個は良い評価を集めることができるからです。

2.本人確認が済んでいない出品者から購入しない

売り手の情報を見ると、個人認証という項目の中に本人確認の項目があります。

本人確認は免許証やパスポートなどの公的身分証明書によってアカウントに登録されている情報が本当であると確認することです。

本人確認済みであれば「本人確認済み」、本人確認が済んでいなければ「本人未確認」と表示されます。



上の画像の様に本人確認が済んでいない「本人未確認」となっている出品者は詐欺をするために偽の住所や名前を登録している可能性がありますので、安全のためにはできる限りこのような出品者から購入しないようにしましょう。

3.直接取引をしない(銀行口座に振り込まない)

一番やってはならないのがこの直接取引です。その中でも最もたる愚行が相手の口座に直接代金を振り込むことです。

評価が悪かったり本人確認が済んでいない出品者から購入して、チケットが届かなくても直接取引をしていなければチケットキャンプのあんしん決済のシステムによってお金を取り返すことができます。

しかし相手の口座に直接代金を振り込んだ場合にはほぼ100%取り返すことは不可能です。

このことから詐欺を行う出品者の多くは銀行口座へ振り込むことを依頼してきます。ですので必ずチケットキャンプのあんしん決済のシステムを利用して決済を行いましょう。

ちなみにあんしん決済とは、購入者から支払われた代金を一度チケットキャンプ運営が預かり、問題なく取引が完了した場合に出品者に代金を引き渡すというシステムのことです。

取引の途中で問題が起こった場合には出品者に代金が渡されずに購入者に返金されます。

また電子チケットに関しては、実際にコンサートの開始時間になるまで売り手にお金が渡らないシステムとなっています。

というのも電子チケットの偽造は現地で実際に使ってみるまで分からず、そのため手元に渡ったものが本物かどうかの確認を取ることができません。

さらに電子チケットはあんしん補償の対象外ですので偽造による補償もありませんから、一度売り手に代金が渡ってしまった場合には偽物の電子チケットであっても買い手は泣き寝入りするしかありません。

そのため、本物かどうかがわかる公演当日の開始時間まで売り手には代金が渡らないようになっており、入場できなかった場合には条件により返金が行われるというわけです。

このようなシステムにより購入者が詐欺に遭う確率を大幅に減らすことが可能となります。

関連:チケットキャンプのあんしん決済とは


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

パソコンもちろん無料!チケットキャンプに会員登録する方法
noチケットキャンプで無効になるチケットとは
郵便局チケットキャンプで郵便局留めする方法
泣くチケットキャンプで受取連絡してくれないときの対処法
クレジットカードチケットキャンプでクレジットカード支払いをする方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【くじ付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ