デリバリープロバイダの配送状況「返品」の意味と勝手に返品された理由と対策




デリバリープロバイダで配送中のAmazonの商品を追跡番号から追跡したときに表示される配送状況「返品します」の意味と勝手に返品されてしまった理由と対策についてです。

デリバリープロバイダとは、TMG・丸和運輸機関・SBS即配サポート・ファイズ・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・札幌通運などの運送会社の総称で、地域によって配送を担当する運送会社は変わります。

デリバリープロバイダの追跡結果はストレートに配送されると「配送センターからデータを受信しました」→「近くの配達店まで輸送中です」→「配達中です」→「配達完了しました」と変わります。

しかし、今回の「返品します」が表示されると配達完了となることはありません。

スポンサーリンク

配送状況「返品します」の意味

デリバリープロバイダで配送されるAmazon商品の配送状況が「返品します」と表示されている場合には、その荷物は購入者の返品手続きもしくは配送中のトラブルによる配送業者側の判断により、Amazonまで商品が返品されている状態を意味しています。

この「返品します」というステータスは基本的に通常通り配送が行われている荷物であれば付けられることはまずありません。

そのため、購入者が自宅に商品が届くまでの間に返品手続きをしたのでもなければ、配送途中になにかしらのトラブルが発生したことが考えられます。

Amazon公式のヘルプページ「返品・交換の条件」に記載されている通り、万が一購入者の意向と関係なく返品されてしまった場合でも、返品に伴う手数料などは当然発生することはなく、その商品代金と送料分も全額返金されます。

そのため、商品が届くまで時間的にはロスとなってしまいますが、再度Amazon上で注文し直すことでもう一度その商品を求めることは可能です。

勝手に返品された理由と対策

デリバリープロバイダによる配送は、日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便といった大手の配送業者ほど質の高いものではなく、Amazon利用者からも評判が悪いのが実情となっています。

追跡結果上で「返品します」となっているAmazon商品の中でも、実際に返品となってしまった理由については、購入者が自らの意思で行った返品ではなく、なにかしらの配送中のトラブルにより、配送業者の判断で返品となった商品が数多くを占めています。

それらの配送中のトラブルというのは、その時々によってケースは異なりますが、よくあるのが配送担当のドライバーが配達が困難だと判断し、返品手続きとした場合です。

デリバリープロバイダの配送を担当しているのは多くがアルバイトの方で、特にデリバリープロバイダの配送員の仕事を始めたばかりの人であれば、その地域の土地勘がまだ浅く、配送先の住宅を上手く見つけられないこともあります。

また、中には日本語をあまり読めない東南アジアなどからやってきた外国人作業員もいるため、そのような方であれば配送先の住所や名前を読むことができず、何度も持ち帰った末、返品手続きとしてしまうケースもあります。

反対に、購入者側のミスにより、配達困難になり返品となる場合も少なからずあります。多くは、ちょっと前に引っ越しをしたなどで配送先に以前の住居の住所を入力したままで購入してしまったような場合です。

この場合は、うまく転送手続きができていないと、以前の住居に配送してしまいますが、当然宛先は見つからないので配送困難として返品されてしまいます。

購入したAmazon商品が意図していないのにもかかわらず返品されてしまった場合には、住所が現住所になっているか・正しく入力できているかもう一度ご確認下さい。

◼デリバリープロバイダで返品されないための対策

注文したAmazon商品がデリバリープロバイダによって返品されないようにするための対策として最も確実な方法は、コンビニ受け取りを選択することです。

Amazonで購入する際、受け取り方法をコンビニ受け取りにして注文することで万が一デリバリープロバイダで配送されたとしても、配送中のミスなどにより、指定していた時間に来ないなどといったトラブルは回避することができます。

なお、以前は配達日時指定を行うことで配送業者はヤマト運輸や日本郵便にして配送してもらえることができるという裏技がありましたが、現在では配達日時指定を行ってもデリバリープロバイダによって配送されるケースが多くなりました。

今のところ、コンビニ受取りであればコンビニまでの配送を担当するのはヤマト運輸や日本郵便が担っているケースが多いので、確実にAmazon商品を受け取りたい方はコンビニ受け取りを選択することをおすすめします。

関連:Amazonで配送業者にヤマト運輸を指定する方法

返品された過去の実際の追跡結果

参考までにデリバリープロバイダによって発送され、最終的に返品されてしまったAmazon商品の過去の実際の追跡結果を以下に掲載します。

なお、デリバリープロバイダの追跡結果は実際にそのステータスが付いた時間などもわからないため、日本郵便やヤマト運輸、佐川急便といった大手の運送業者の追跡結果よりは少し正確性を欠いたものとなっています。

◼︎北関東地域に発送されたAmazon商品

日付 商品所在地 状態
12月9日 返品します
12月9日 北関東配送センター 配送店で保管中です。
12月8日 北関東配送センター 天候、または交通事情により配達が送れています
12月8日 北関東配送センター 再配達のご依頼を受け付けました。
12月8日 北関東配送センター 配達店で保管中です。
12月8日 北関東配送センター ご不在のため、持ち帰りました。再配達をお申し込みください。
12月8日 北関東配送センター 配達中です
12月8日 北関東配送センター 近くの配達店まで輸送中です
12月8日 北関東配送センター 配送センターからデータを受信しました。

12月8日(火曜日)に出荷されたAmazon商品は、翌日の12月9日(水曜日)にAmazonまで返品になりました。

◼︎東京都府中市に発送されたAmazon商品

日付 商品所在地 状態
3月17日 返品します
3月17日 東京都府中市 再配達のご依頼を受け付けました。
3月17日 東京都府中市 配達店で保管中です。
3月17日 東京都府中市 ご不在のため、持ち帰りました。再配達をお申込みください。
3月17日 東京都府中市 再配達のご依頼を受け付けました。
3月16日 東京都府中市 再配達のご依頼を受け付けました。
3月16日 東京都府中市 配達店で保管中です。
3月16日 東京都府中市 ご不在のため、持ち帰りました。再配達をお申込みください。
3月16日 東京都府中市 配達中です
3月15日 東京都府中市 再配達のご依頼を受け付けました。
3月14日 東京都府中市 配達店で保管中です。
3月14日 東京都府中市 近くの配達店まで輸送中です
3月14日 東京都府中市 再配達のご依頼を受け付けました。
3月13日 東京都調布市 配送センターからデータを受信しました。

3月13日(火曜日)に出荷されたAmazon商品は、3回の不在による持ち帰りの後、3月17日(土曜日)にAmazonまで返品されました。

関連:デリバリープロバイダの再配達依頼方法と指定出来る配達時間帯


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

amazonデリバリープロバイダの配送状況「配達中」の意味と配達中のまま届かないときの対策
amazonデリバリープロバイダの配送状況「配達店で保管中」の意味と保管期間
iphoneデリバリープロバイダに電話が繋がらない電話に出ないときの対処法
夜デリバリープロバイダの配達が遅い理由と来ないのを防ぐ遅延対策
amazonデリバリープロバイダが届かない時の返金方法とキャンセル方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【くじ付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ