デリバリープロバイダの住所不明や住所不定を防ぐ方法!違う住所に配達されることも




Amazonの配送を担当するデリバリープロバイダで違う住所に投函されたり、住所不明や住所不定になりやすい理由と対策についてです。

デリバリープロバイダとは、TMG・丸和運輸機関・SBS即配サポート・ファイズ・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・札幌通運などの運送会社の総称で、地域によって配送を担当する運送会社は変わります。

デリバリープロバイダによる配送は、その多くを配達未経験者の主婦やフリーターなどのアルバイトによって担われているため、少しわかりにくい住所であれば住所不明として、営業所まで持ち帰られてしまうことがあります。

スポンサーリンク

住所不明や住所不定になりやすい理由

デリバリープロバイダの配送で住所不明や住所不定のため配送不可として返送されてしまう確率が高い理由には、ヤマト運輸や佐川急便のような大手の配送業者と比べ配達員の質が劣る点にあります。

本記事冒頭でも書いたように、デリバリープロバイダとはいうのはAmazonの荷物の配送を担当しているTMG・丸和運輸機関・SBS即配サポート・ファイズ・若葉ネットワーク・ギオンデリバリーサービス・札幌通運などといった地域の配送業者の総称となっています。

しかし、実際に荷物の配達を行っているのは、上記のTMG、丸和運輸などやその下請け業者にアルバイトや業務委託契約として雇われている配達未経験者となっています。

学生やフリーター、主婦が多くを占めており、中には日本語があまり読めない外国人も雇われて働いていることもあります。

当然、ヤマト運輸や佐川急便のように日頃から配達を行っている配達員でもないため、配送先の土地勘もないので、多くの配送業者がカーナビやGoogle Mapを利用して配送先を探して配達しています。

しかし、すべての配送先の家がGoogle Mapで正しく表示されるとは限らず、またノルマも大変なため1件に時間を掛けてられないので、少しわかりにくい場所の家であれば届けるのが困難として、住所不明扱いにしてしまいます。

これがデリバリープロバイダの配送で住所不明や住所不定扱いが多い理由となっています。

住所不明や住所不定を防ぐ方法

デリバリープロバイダの配送で住所不明や住所不定扱いにされないために、できる対策としてはまずは登録している住所を確認することです。

最近実家を出たり引っ越した人で、万が一Amazonに登録していた住所が実家や以前の家の住所のままになっていれば、当然注文された荷物は実家に届いたり、以前の家に配送しようとされてしまいます。

そのため、最近になって引っ越した人はAmazonの登録住所をよく確認した上で、ちゃんと正しい住所が入力できているかチェックして下さい。

◼マンション名や部屋番号も入れる

登録している配送先情報が正しい住所であっても、マンションやアパートのような集合住宅であれば、マンション名や部屋番号も正しく入力するようにして下さい。

住所にマンション名を入力していないと土地勘のないデリバリープロバイダの配達員にはどのマンションなのか検討もつくわけがないので、住所不明扱いにされてしまう確率が格段になってしまいます。

また、Google Mapで自宅の住所を検索してみて、正しく表示されない場所であれば住所のオプション欄に〇〇建物の近くなどといったように目印となるものを併記しておくと住所不明になってしまうリスクを減らせます。

◼電話に出る

デリバリープロバイダの配達員は配送先の家を見つけられなかった際、登録されている電話番号にまで住所不明なため届けられないとして電話をかけることがあります。

この際、電話に出てもらえないのと配達員はそのまま住所不明として諦めて営業所まで持ち帰ってしまいます。どうしても出れないときは仕方ないですが、なるべくAmazonで注文した後の電話には出るようにしてください。

住所不明や住所不定になるとどうなるか



デリバリープロバイダによる配送で住所不明や住所不定になってしまった荷物は、基本的には営業所まで持ち帰りとなります。

これが日本郵便やヤマト運輸であれば、そもそも経験のある配達員が住所を特定できなかった時点で住所が間違って記載されているなどと判断できるのですぐにAmazonまで返送されてしまうこともあります。

しかし、デリバリープロバイダの配送の場合は前述したように配達員の多くが未経験者のため、配達員が住所を特定できなくともそれが必ずしも住所の入力ミスとは限らないので、一度営業所まで持ち帰って再配達依頼待ちにします。

しかし、何度も再配達依頼をしても住所不明として持ち帰られてしまう荷物は、最終的に配達不可として「返品します」と配送状況に表示され、Amazonにまで返品されてしまうこともあります。

このような返品を避けるため、追跡結果を確認して何度も営業所まで持ち帰られている荷物があれば、一度Amazonのカスタマーセンターを通して荷物の配送状況がどうなっているのか運送業者にまで確認してもらうと良いでしょう。

関連:デリバリープロバイダのクレームの入れ方!電話とメールの例文付き


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

amazonデリバリープロバイダの配送状況「配達中」の意味と配達中のまま届かないときの対策
amazonデリバリープロバイダの配送状況「配達店で保管中」の意味と保管期間
amazonデリバリープロバイダの評判や口コミが悪い理由
iphoneデリバリープロバイダに電話が繋がらない電話に出ないときの対処法
amazonデリバリープロバイダが届かない時の返金方法とキャンセル方法
当サイトで人気のセールランキング
順位
サービス名 特徴
Amazonタイムセール 曜日別に24時間毎日開催されているAmazonで一番人気のセール
楽天スーパーセール 3ヶ月に1回のペースで開催される日本最大のネットセール
Amazonプライム メリットが多いAmazonの会員サービス
AmazonStudent 当日お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題などメリット多数の学割サービス
楽天のクーポン 毎日いずれかのクーポンを獲得可能!楽天のクーポンサービス
ネット通販で安く買う方法・セール情報一覧

今日のピックアップ記事
【300ポイント付与】招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法 【100ポイント付与】招待コードとは?フリルに招待してもらう方法 【裏技】Amazonで90%オフの激安商品を探す方法 【お得】Amazonプライムに入会するメリットを徹底解説 【お得】Amazonコインとは?何に使えるのか使い道を徹底解説

このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ