ポケモンGOアカウントデータの価格とメルカリの規約




iPhoneやAndroidのスマートホン用フリマアプリのメルカリでポケモンGOのアカウントデータはいくらで売れるのか、そして規約的に販売するのは大丈夫なのかという点についてです。

ポケモンGOは日本での配信開始はアメリカなどに遅れてだったものの、前評判通り一気にブームとなり今や街中でプレイしている人を見ない日は無いというほどです。

しかし人気ゲームのアカウントには条件次第でそれなりの金額がつくこともあり、インターネット上では常に売買の対象となってきました。
ポケモンGOも例外ではなく売買の対象となりうる要素を十分に含んでいます。

さてそんなポケモンGOアカウントをメルカリで販売した場合にはどの程度の値段で売れるものなのでしょうか?そもそも売ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

ポケモンGOのアカウントデータの価値

ポケモンGOはアメリカの任天堂と株式会社ナイアンテックの共同開発のアプリです。

内容としてはナイアンテックがポケモンGOの前に開発したアプリであるイングレスに、ポケモンのキャラクターと世界観を組み合わせたものとなっており、全体的にイングレスのシステムを踏襲している部分が非常に多くなっています。

そしてアカウントの価値についてですが、これはそのアカウントが保有しているレアポケモンやユーザーのレベルにより異なります。

かなり低い確率でしか手に入らないポケモンを多数保有していたり、非常に高いレベルのアカウントには高い値がつきます。

逆に特にレアリティが高くもないポケモンばかり保有しているアカウントやユーザーレベルが低いアカウントには一切値がつきません。

価格は場合に依るため何とも言えませんので考え方の一例を挙げます。

レベル20のアカウントの価値を考えます。

1レベルから20レベルまで上げるのに約50時間かかるとすると、20レベルのアカウントを作るには50時間の労働が必要なため「時給×50時間」の価値があると考えられます。

なので時給を800円とするとプレイヤーレベル20のアカウントの価値は40,000円となるわけです。

もちろんもっと短時間でできるのであればもっと安くなりますし、そもそもレアポケモンの有無や需要にも価格は大きく左右されますのであくまで単純な条件での一例となります。

メルカリでのアカウント売買についての規約

以前のメルカリでは現物以外の商品の売買は基本的にはできませんでしたが、ポケモンGOが日本で配信され始めてから約2週間後にデジタルデータの取引が解禁されました。

まるでポケモンGOが日本でサービス開始するのを待っていたかのようなタイミングです。

ともかくこれで規約上ではゲームデータやアカウントの取引がメルカリ上でOKとなりました。

以下はメルカリ運営のツイッターの内容です。

“多くのお客さまからご要望をいただき、現在「電子データ類」の出品は可能なっています。しかしながら、権利者が禁じているもの、個人情報の記載されたもの等については引き続き出品を禁止いたしております。禁止出品物の恐れのある商品は事務局までおしらせください。”



ツイート内にあるように例外として「権利者が禁じているもの」「個人情報の記載されたもの」などは出品禁止となっています。

ここでポケモンGOについてですが、ポケモンGOのアカウントの売買は公式が禁じているため、「権利者が禁じているもの」に該当します。なのでメルカリでの売買は規約上は禁止されています。

では実際にメルカリで販売されているのかどうかというのは検索してみればすぐにわかります。以下が実際に検索してみた結果です。



画像の通り「アカウント」という単語に対して検索規制が敷かれています。

他にも「モンスト」「パズドラ」などの単語も検索規制の対象となっており、これらで調べても検索結果が反映されません。

電子データの取引が解禁された当初はポケモンGOのアカウントの取引はかなりの量されていましたが、2017年の2月前後にこのような規制が敷かれました。

今後もゲームアカウントやフリマなどのアカウントに関しては、メルカリ上で取引はできないままであると考えられます。

オンラインゲームでの問題

オンラインゲームでの問題の一つとしてリアルマネートレード(RMT)というものがあります。

これはゲーム内のアイテムやゲーム内通貨を現実の現金でやり取りするというものです。

RMTが横行すると業者の介入により、ゲームを純粋に楽しんでいる人に影響を与えるレベルでゲームバランスが崩れたりすることがあります。

そのため多くのゲームでは規約違反とされていますが、完全に取り締まることは難しくなっています。

ポケモンGOにおいてはアカウント自体だけでなく、(交換機能が搭載されれば)レアポケモンやレアアイテムなどがRMTの対象となります。

RMTはゲームバランスを崩しゲーム人口を減らすことでそのゲームの寿命を縮めかねない行為ですので行わないようにしましょう。

ヤフオク!でのアカウント高額売買の例

ヤフオク!では過去の取引相場を一覧表示することができます。

例えばポケモンGOが配信されて4日後にヤフオク!で「ポケモンGO アカウント」で検索したものを価格順で一覧表示すると次のようになります。



当時のアカウントの最高値は20万円となっています。

これらのアカウントはプレイヤーレベルが高いだけでなくレアポケモン・強力なポケモンがいるという点が評価されています。

一番上の20万円で落札されたアカウントの説明



二番目の20万円で落札されたアカウントの説明



特にカイリューはレアな上に強力であるためジムバトルで有利に戦えるため、CP2500を超えるカイリューがいると値段が跳ね上がります。

メルカリと同様にヤフオクでもゲームのアカウントデータの売買は規約で禁止されていますが、メルカリとは違いヤフオクでは出品物が削除されていません。

しかし出品したアカウントデータが削除されないからといってヤフオクに出品するのはやめておくことをおすすめします。

関連:【保存版】ポケモンGO代行でお金を稼ぐ具体的なやり方


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

キャンセル購入前にコメント?メルカリでいきなり購入出来ない理由
iphoneメルカリで退会後に復活させる方法と新規で再登録する方法
ヤマト運輸らくらくメルカリ便で集荷サービスを利用する方法と料金
郵便ポストメルカリの商品を郵便ポスト投函で送る方法
女性中学生や高校生も利用できる!メルカリの年齢制限について
年賀状特集

年末年始・正月の郵便局の営業日と営業時間

年賀状を輪ゴムでまとめて郵便ポストに投函した方が良い理由

年賀状をやめたいときの対処法とやめる方法

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ