メルカリに出品出来ない禁止されている商品




出品から購入までの個人対個人の取引がヤフオク!や楽天オークションなどと比べて、簡単で時間がかからずにiPhoneやAndroidといったスマホひとつでできるメルカリですが、どんな商品でも出品していいわけではありません。

ルール違反の出品を行った場合は注意や警告、あるいは出品商品の削除やアカウントの停止処分などその違反のレベルに応じたペナルティを受けてしまいます。

出品禁止商品をきちんと確認し、ルール違反を知らず知らずのうちに犯してしまわないようにしましょう。

スポンサーリンク

メルカリの出品禁止商品

メルカリの規約に出品禁止商品の記載がありますが、「法令に違反する商品」など抽象的な表現となっているため、ここでは具体的な例を挙げながら見ていきます。

(1) 法令に違反する商品

麻薬や危険ドラッグ、拳銃など法律で取引が禁止されているものが該当します。

(2) 主として武器として使用される又はそのおそれのある目的を持つ商品

ナイフやボウガンなど攻撃することを目的とするものが該当します。

エアガンや木刀なども武器とみなされる可能性があるので基本的に出品しない方が無難でしょう。

(3) 他のユーザーの権利を侵害する又はそのおそれのある商品

(偽ブランド品を含むがこれに限られないものとします)

偽ブランド品やレプリカ商品、本物かどうかわからないブランド品などがこれに該当します。

もちろん本物かどうかわからないからと言って「ノーブランド」として出品するのもアウトです。

著作権、商標権など他人の権利を侵害するものも該当します。具体的には海賊版DVDや許可なしに他人の絵をプリントしたTシャツなどです。

ただし2次創作物についてはメルカリの定める二次創作物のガイドラインに沿うものであれば出品することが可能です。

メルカリで二次創作物の出品が認められている商標作品としては、スマートホン用アプリゲームのIngressと、小山宙也氏の漫画「宇宙兄弟」があります。

(4) 犯罪等によって入手した商品

詐欺や恐喝などで手に入れた商品を販売してはなりません。

(5) 公序良俗に反する商品

アダルト関連の商品はもちろんのこと、レディース用の下着(中古・新品問わず)、メンズ・ベビー・キッズ用下着類(新品は出品可)、ブルマ・スクール水着類(中古・新品問わず)、クリーニングしていない中古の学生服や制服なども禁止されています。

(6) 商品の販売の際に、法律上の許認可が必要な商品

たばこや医療品、コンタクトレンズや保健所許可や営業許可のない食品(包装や食品表示がされていないものも含む)がこれに該当します。

その他にはサプリメント類や許認可のない一部の手作り品(コスメ、化粧品、石鹸、シャンプー、コンディショナー、乳液など)も該当します。

化粧品などは自作ではなく一般に販売されているものであれば出品可能です。

(7) 人体・健康に影響を及ぼすおそれのある商品

剃刀の刃や放射性物質などいわゆる危険物が該当します。

(8) コンピュータウィルスを含むデジタルコンテンツ

後述いたしますがデジタルコンテンツを含めて実体のない商品は今の段階では取引は禁止されていますので、ウィルスのありなしに関わらず出品できません。

恐らく将来的にメルカリではデジタルコンテンツの取引をする予定があるのでこの一文を入れたのだと思われます。

(9) 一つの商品でありながら代金を複数に分割して出品された商品

要は疑似分割払いの禁止です。

具体的にはある購入者がお金がなくて1万円の商品をすぐに買えないけど欲しいような場合に、1000円で出品して最初の1回の取引で商品を送り、後9回同じ商品を買ってもらい支払いのみの取引をするなど。

(10) 道路運送車両法上の所有者の変更登録が直ちにできないまたはそのおそれがある自動車およびオートバイ

法律によって所有者の変更や登録がすぐにできない自動車、オートバイなどがこれに該当します。

すぐに変更や登録ができる自動車やオートバイであれば出品しても問題ありません。

(11) 債券、有価証券、保険等の金融商品

金券、割引券、優待券、クーポン、プリペイドカード等や現金(外貨含む)がこれに該当します。ビットコインやリップルなどの仮想通貨
以前はこの項目で禁止されていたチケットですが、チケットカテゴリの設置に伴い転売目的で得たチケット類に関してのみ出品禁止となっています。

一方でメルカリ上で多数取引されている図書カードやテレホンカードについては、実はメルカリ運営の判断上は出品禁止商品です。



(12) 人体、臓器、細胞、血液またはそれに類するもの

上記に加え唾液などの体液類や爪や皮膚などです。

(13) 生き物

生きていなくてもダメです。

(14) 盗品

盗んできたものを売ってはいけません。

また自分が盗んでなくてもそれが盗品であると知った上で販売してもいけません。

購入者側からしても購入商品が盗品であった場合には刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)の規定により押収を受けることもありますので盗品と分かっている場合は購入してはなりません。

(15) 物品ではないもの

(情報、サービスの提供、会員権などの権利を含むがこれに限られないものとします)

デジタルコンテンツ(画像や動画のデータ)や、「ロト6を当てる方法」などのような情報商材、マッサージや犬の散歩のような無形のサービス提供、ゴルフ倶楽部の会員権やゲームサイトのアカウントなどのような権利関係の売買は禁止されています。

具体例はほかにもあると思いますが、基本的に現実に物自体がない場合はアウトです。

ただしメルカリ公式ツイッターでは「権利者が禁止していない電子データ類の出品は可能」との見解を示しています。

つまり権利者が禁止していなければゲーム内通貨やアイテムをメルカリで売買する「RMT」は許容されていることになります。



他にもオーダーメイドで服を制作するなど物品の売買を伴うサービスは出品可能です。

(16) その他、弊社が不適切と判断した商品

弊社(=株式会社メルカリ)が不適切と判断した商品に関しては出品することができません。

表現があいまいで分かりにくいので、わかる範囲の商品を後述いたします。

メルカリ事務局が不適切と判断する出品物や出品方法

ガイドやよくある質問などに記載のあるものをまとめてみました。

ここに記載のあるもの以外でも事務局が不適切と判断するものはあるかもしれませんが現在確認できたものは以下のもの(こと)となります。

・実際に手元にある商品画像を掲載せず出品すること

例えば福袋のようなもので中身の画像を掲載しない場合や、オーダーメイドで服を作る場合などにおいてその商品のサンプルの画像を掲載しない場合、また手元に商品はあるがメーカーのHPなどから写真を持ってきて掲載している場合などが該当します。

・手元にない商品を予約、取り寄せで販売すること

要は手元にない商品を販売してはならない、ということです。手に入る予定であっても実際に手元にない場合は出品してはなりません。

・出品者とは別の第三者の商品を代理で出品すること

代理出品の禁止ということです。自分のもの以外は出品することはできません。

・商品に関する契約などで譲渡・転売が禁止されているもの

譲渡や転売が禁止と書かれていたり口頭で伝えられた商品が該当します。

・安全性に問題があるもの

割れた陶器のようなものや発熱するような壊れ方をした電子機器類などが該当します。

・個人情報

名簿や連絡先の載っている卒業アルバムなどが該当します。

・宣伝、探し物の出品

売買が目的でなく宣伝や探し物をしているなどのメッセージの表示を目的とした出品は禁止されています。

・開封済み、または到着後1週間以内に賞味(品質保持)期限が切れる食品

食品を販売する場合には未開封かつ賞味期限が十分にあることを確認しましょう。

・残債がある携帯電話、契約中の携帯電話

携帯電話を出品する場合にはその機体と携帯電話会社との契約が完全に終了している必要があります。未払いの本体代金もきちんと払っておきましょう。

・同一商品を複数出品

例え商品が複数個手元にあったとしても、同じアカウントで複数の同一商品の出品はできません。きちんと一つ一つ売るようにしましょう。

上記以外にも「○○様専用」のような専用出品も明確に禁止されています。

ですが、これに関しては現状ではまかり通っており、専用出品を理由に運営事務局が削除などのペナルティを行ったことは確認できていないので、実質OKと考えても問題はないと言えます。

関連:メルカリで○○様専用というタイトルで出品されている理由


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

プレゼントメルカリで専用というタイトルで出品されている理由
ストップ完全なる規約違反!メルカリの交換(トレード)
泣くメルカリで購入した商品が届かない場合の追跡方法
18メルカリの複数アカウント取得方法と規約違反である理由
比較メルカリで2つ以上の複数商品をまとめ買いする方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ