メルカリの複数アカウント取得方法と規約違反である理由




iPhoneやAndroidのスマートホン用フリマアプリのメルカリで2つ以上の複数アカウントを取得する方法と、複数アカウント取得が規約違反である理由についての考察についてです。

複数アカウントについて、例えばAmazonでは公式に出品用のアカウントと出品用のアカウントは分けて別々に登録するように通達されますし、ヤフオク!ではアカウントの取得が非常に簡単なこともあり複数のアカウントを所持している方は非常に多くいます。

メルカリでもアカウントを複数所持し、運用できれば便利な場面はいくつも考えられます。購入用と出品用のアカウントを分けて活用する、販売する商品カテゴリーによってアカウントを分ける・・・などです。

ただしメルカリの場合には、複数アカウントについて利用規約には「ユーザーは、複数のユーザー登録を行うことができないものとします。(4条2項)」としっかりと禁止である旨が記載されていますので発覚した場合は無期限の利用停止または強制退会のペナルティが課せられます。

このように公式に禁止されている複数アカウントの取得ですが、実際に取得することは可能なのかどうかを筆者が考察してみた結果をこのページではご紹介いたします。

スポンサーリンク

メルカリで複数アカウント取得する方法

複数アカウントを取得する際に何を用意すればいいかを考えるために、まずはメルカリに普通に登録する際に必要な項目を確認します。

メルカリに登録する時に入力する項目は以下の通りです。
・ニックネーム
・電話番号
・メールアドレス
・パスワード
・(招待コード)

電話番号に関しては、携帯電話の番号(090・080・070のどれかから始まる番号)でなければ登録できません。050から始まる番号での登録は2016年の夏ごろからできなくなりました。

住所などは商品購入時に記入する内容ですので、登録時には入力しなくても問題ありません。

ここで複数アカウントを作成することを考えます。

初期入力時に他のアカウントと同じになってはいけない情報は「電話番号」「メールアドレス」の二つです。

というのも複数アカウントを取得することを禁止しているということは、既にメルカリに登録されているメールアドレスでの登録および電話番号での登録はできないようになっています。

もう一つ重要な点として、メルカリでは登録時に使用している機種についているSIMカードの個体識別番号を取得してアカウントに紐づけています。このため同一のSIMカードではアカウントを複数作ることはできません。

さらにアカウント登録時のIPアドレスも取得してアカウントと紐づけられている可能性もあります。これに関しては未確定情報ですが、IPアドレスの取得自体は難しくはないので紐づけられていてもおかしくはありません。

つまりメルカリで複数アカウントを取得するためには、アカウントごとに以下のものを用意する必要があります。

・090・080・070から始まる電話番号
・メールアドレス
・新規のSIM
・(IPアドレス)


ちなみに一般的に電話番号とSIMはセットですので、携帯電話の番号が使えるSIMを用意することになります。

またSIMが変わればIPアドレスも変わりますのでこれもSIMを変えるだけでクリアできます。

よって手順は以下の通りです。

・携帯電話の番号が使えるSIMを契約する
・Gメールなどで新規にメールアドレスを作る
・メルカリに登録して認証をする


以上で複数アカウントが作れます。

もっと具体的な方法については「メルカリ ServerMan SIM LTE」で調べると出てきますので、グーグルなどで検索してみてください。

ちなみに取得時には気にしなくてもいいですが、実際に複数アカウントを利用する場合には銀行口座やクレジットカード番号なども他のアカウントと同じにならないように気を付けなければなりません。

複数アカウント取得が禁止されている理由

メルカリで複数アカウントが禁止されている理由の一つに「招待キャンペーン」があります。

メルカリでは新規登録者が登録時に「招待コード」を入力することにより紹介者と新規登録者の双方に一定ポイントが付与されるキャンペーンを行っています。

このためアカウントを作り放題の場合、いくらでもポイントを取得することが可能となってしまうため複数アカウントの取得は禁止されているという訳です。

また他の理由としては、複数アカウントが可能であればアカウント停止や強制退会となった人がまたメルカリを利用できてしまうという理由もあります。

そうなってしまった場合には、それらのペナルティが何の意味もなくなってしまいます。

またメルカリを利用できなくなるほどのペナルティを受けるということは、それなりの規約違反をしたということであり、簡単に複数アカウントによって復活できるようになるとそのようなユーザーをメルカリから排除する手立てがなくなってしまいます。

他にもサーバーの負荷が上がるのを防ぐためというような理由も考えられます。

これらいくつかの理由によってメルカリでの複数アカウント取得は禁止されています。

関連:招待コードはどこ?メルカリに招待してもらう方法

ヤフオク!でアカウントが買える

実は携帯電話認証済みのメルカリアカウントはヤフオク!にて当たり前のように取引されています。



安かった頃で1アカウント400円程度、通常は1アカウントあたり600〜800円程度で取引されています。

普通に取得しようとするとなかなか大変ですが、ヤフオク!では思った以上に安価に手に入ります。

というのも、新しく電話番号やSIMを入手すればメルカリだけでなくフリルなどの他のフリマアプリ、TwitterなどのSNS、その他に携帯認証が必要なサイトのアカウントをまとめて取得することができ、それらをヤフオク!で売りさばくことで新規にSIMや電話番号を入手するのにかかる費用以上に稼ぐことが可能なのです。

メルカリ含めて電話番号認証があるサイトやアプリは基本的に複数アカウントが禁止されています。

このような手段でアカウントを手に入れることはできますが、実際に利用するとなるとそれは規約違反であるということをきちんと意識しておきましょう。

関連:再開出来る?メルカリで無期限のアカウント停止になる理由


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

iphone銀行口座や梱包材などメルカリに出品するときに必要なもの
ファミリーマートローソンなどメルカリでコンビニ支払いする方法
人物メルカリのプロフィールの書き方とその例文
ストップ完全なる規約違反!メルカリの交換(トレード)
泣くメルカリで購入した商品が届かない場合の追跡方法
年賀状特集

年末年始・正月の郵便局の営業日と営業時間

年賀状を輪ゴムでまとめて郵便ポストに投函した方が良い理由

年賀状をやめたいときの対処法とやめる方法

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ