かんたんフリルパックをサークルKサンクスから送る方法




iPhoneやAndroidといったスマートフォンで利用することが出来るフリマアプリのフリル(fril)の出品商品向け配送サービスであるかんたんフリルパックをコンビニのサークルKサンクスから送る方法、料金、そしてKステーション端末の操作方法についてです。

フリルとヤマト運輸の提携で開始された配送サービス「かんたんフリルパック」は、フリルで出品する人にとっては非常に便利でお得なサービスです。

ヤマト運輸の既存サービスである「ネコポス」「宅急便」「宅急便コンパクト」の3種類の配送方法を、フリルの出品商品に対してはかなり格安の価格で利用できます。

また手続きもフリルのアプリ上でできますので発送も非常に簡単です。

発送はヤマト運輸の営業所に商品を持ち込むか、コンビニ(ファミリーマート、サークルKサンクス)に商品を持ち込むかのどちらかとなっています。

サークルKサンクスはファミリーマートほどではないにしろ、店舗数も多くかんたんフリルパックを発送するには非常に便利です。

スポンサーリンク

サークルKサンクスから発送する際の注意点

かんたんフリルパックをサークルKサンクスから発送するためには、フリルのアプリで手続き後にサークルKサンクスの店舗で端末操作を行い発送します。

注意点としては、2次元バーコード(QRコード)の生成時に発送場所を間違って「ヤマト運輸営業所」や「ファミリーマート」としないことです。

これらを選択した場合でもQRコードは生成されますが、サークルKサンクスでは利用できません。

それでは料金、アプリ上での手順、サークルKサンクスでの手順を順に見ていきましょう。

かんたんフリルパックの料金

かんたんフリルパックをサークルKサンクスから発送するのに特に追加料金などはかかりません。

どの配送方法も配送距離に関係なく一定料金です。宅急便のみサイズによる価格の差があります。

ネコポス:210円(税込)

宅急便コンパクト:380円(税込)+専用ボックス65円(税込)

宅急便60サイズ(2kgまで):580円(税込)
宅急便80サイズ(5kgまで):680円(税込)
宅急便100サイズ(10kgまで):900円(税込)
宅急便120サイズ(15kgまで):1000円(税込)
宅急便140サイズ(20kgまで):1200円(税込)
宅急便160サイズ(25kgまで):1300円(税込)

注意点として、宅急便は各サイズ重量による制限があります。

例えば梱包サイズが60サイズであっても重量が5kgであれば80サイズの料金となりますし10kgであれば100サイズの料金となります。

サークルKサンクス発送での出品手順

かんたんフリルパックをサークルKサンクスから発送する手順は、営業所からの発送方法と端末の操作が違う程度の差しかありません。

またネコポス、宅急便コンパクト、宅急便による違いもほぼありません。

宅急便コンパクトは発送のために専用ボックスが必要となりますが、ヤマト運輸の営業所だけでなくサークルKサンクスでも購入することが可能です。

具体的な出品からの手順は以下の通りです。

1.商品を出品する際に配送料の負担者の項目で「送料込み(出品者が負担)」を選択し、発送方法の項目で「かんたんフリルパック」を選択する

かんたんフリルパックは送料負担者が出品者である場合のみ利用できる発送方法ですので、「送料込み(出品者が負担)」を選択します。

これを選択すると発送方法で「かんたんフリルパック」を選択できるようになりますので選択しましょう。

2.他の項目を入力し、出品を完了する

その他の項目に関して、注意点としては出品価格が挙げられます。かんたんフリルパックを利用する際には、それぞれの発送方法に応じて最低出品価格が設定されており、それ以下の価格で出品し購入されてしまった場合にはかんたんフリルパックを利用することができません。

最低出品価格は、宅急便だと1500円、宅急便コンパクトだと450円、ネコポスはいくらで出品しても大丈夫です。この点にのみ気を付けて項目を入力し、出品を完了させましょう。

3.商品が購入され、支払いが完了したら取引画面からQRコードを作成する

購入者が支払いを完了したら、取引画面からQRコードを作成します。

QRコードは「発送方法」と「発送場所」を選択すると自動で生成されます。ここでは発送場所は「サークルKサンクス」を選択します。

4.現地へ商品とスマホを持って行き、端末を操作して商品を発送する

商品を梱包し、先ほど生成したQRコードを表示できるスマホと共に発送場所であるサークルKサンクスへ持って行き、現地でKステーション端末を操作して商品を発送します。

代金は売上金から天引きされますので、間違って現地で支払わないように注意しましょう。

以上が具体的な手順となります。

サークルKサンクス店内での端末操作手順

1.まずはKステーション端末のトップページが表示されているのを確認します。いろいろと並んでいる中から一番右下にある「荷物を送る」をタップします。



2.連携しているサイトが表示されますので「次に進む」をタップします。



3.QRコードを読み込ませる作業を行います。まずスマホ端末にQRコードを表示させます。QRコードを表示したままスキャナにスマホをセットします。その後「読み込み開始」をタップしQRコードを読み込みます。



4.届け先、依頼主などの情報を確認します。内容に間違いが無ければ「受付表発行」をタップします。



5.受付表が発行されますので、これを荷物と一緒にレジへ持って行きスタッフに渡しましょう。



注意点として、かんたんフリルパックの発送に関して現地での支払いは一切ありません。

そのため店員が間違って料金を支払うように言ってきても、アプリ側で支払いが完了していることをきちんと伝えてその場で支払いを行わないようにしましょう。

ちなみにサークルKサンクスの親会社であるユニーグループがファミリーマートに吸収合併されたため、サークルKサンクスの店舗派は2016年9月から順次ファミリーマートへと変更されていっています。

しかしかんたんフリルパックについて言えば、ファミリーマートでも取り扱いがあるため特に大きな影響はありません。

関連:かんたんフリルパックをコンビニのファミリーマートから送る方法


スポンサーリンク


関連記事

人気記事

ヤマト運輸かんたんフリルパックのネコポスの発送方法と料金
ヤマト運輸宅急便コンパクトかんたんフリルパックの宅急便コンパクトの発送方法と料金
走るかんたんフリルパックが届かないときの追跡方法
梱包かんたんフリルパックの梱包方法
ファミリーマートかんたんフリルパックをコンビニのファミリーマートから送る方法
まもなく送料が値上がりします

ヤマト運輸が値上げを2017年にする理由と時期

2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧

佐川急便が値上げを2017年にする理由と時期

当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 690円~ 日本郵便
宅急便 756円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
クリックポスト 164円 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ