170サイズの荷物を安い郵送料金で送る発送方法と梱包方法




ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の宅配便サービスで170サイズの荷物を一番安く送れる送り方はどれか、170サイズの発送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてください。

170サイズの荷物の送り方には、日本のゆうパック・ヤマト運輸のヤマト便・佐川急便の飛脚ラージサイズ宅配便があり、この中ではゆうパックが一番送料が安く170サイズの荷物を送ることができます。

スポンサーリンク

170サイズとは

日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便での宅配便サービスの170サイズとは荷物の縦・横・高さ(厚さ)の3辺の合計が170cm以内の荷物のことを意味し、送るもの本体の大きさではなく、あくまでダンボールなど梱包材に詰めた荷物全体のサイズで測ります。

今回の記事では解説をわかりやすくするように、荷物の3辺の合計がジャスト170cmといった、170サイズギリギリの荷物を送ることを想定しています。

ただし、実際に荷物を送る際は測定時に誤差が生じる可能性も考慮して、3辺の合計の長さを168cm程度に抑えておくなどして、少し余裕をもたせるほうがサイズオーバーしてしまう可能性もなく、おすすめです。

以下がダンボールのサイズの測り方です。以下の画像では60サイズのダンボールを例にしていますが、170サイズでも測り方自体は全く同じです。



◼梱包方法

170サイズの荷物の梱包方法は、送る荷物の中身をプチプチなどで覆って保護した後、ダンボールや紙袋といった梱包材に詰めて、中で動かないように荷物と梱包材の間に新聞紙などを詰めて固定します。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す

日本郵便のゆうパック

ゆうパックの基本情報
送料 2,300円〜
サイズ 170サイズ
重量 25kgまで
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
補償 あり

ゆうパックは日本郵便の宅配便サービスで、60サイズから170サイズまでの荷物を送ることができます。

ゆうパックの発送方法は、ダンボールなどでしっかりと梱包した荷物を郵便局の窓口もしくはローソン・ミニストップ・セイコーマートといった日本郵便取り扱いのコンビニ、集荷サービスのいずれかの方法で発送します。

ゆうパックには送料を差出人が支払う元払いと、受取人が支払う着払いの2種類の送り方があり、それぞれの送り方によって記載する伝票も異なります。いずれの伝票も郵便局の窓口やコンビニで無料で入手することができます。

◼︎ギター向けの細長い170サイズダンボール

ギター用ダンボール(中) (110×45×15cm)






◼ゆうパックの送料

ゆうパックの送料は送る荷物のサイズと配送元と配送先の距離に応じて変わってきます。例として、170サイズの荷物を栃木県からそれぞれの都道府県に送った場合の送料を以下に掲載します。

栃木県から栃木県のような同一都道府県間で2,300円・栃木県から山梨県で2,370円・栃木県から大阪府で2,480円・栃木県から山口県で2,590円・栃木県から福岡県や北海道で2,800円・栃木県から沖縄県で3,000円

◼170サイズは集荷がおすすめ

また、ゆうパックでは集荷サービスを利用せず、郵便局の窓口もしくはローソン・ミニストップ・セイコーマートといったコンビニまで自分で持ち込むと、持込割引として荷物1個につき送料から120円を値引いてくれます。

しかし、170サイズの荷物は大きなぬいぐるみを送るといったのような特殊なケース以外、基本的には大きくて重い荷物がほとんどです。

そのため自分で直接窓口やコンビニへ持ち込む方法は現実的ではないので、無料の集荷サービスを利用するのがおすすめです。

集荷サービスの依頼方法は、電話かインターネットで行います。集荷サービスは平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日でも依頼することができます。また、集荷料金は無料ですが、当然持込割引は適用されないので120円の割引は受けることはできません。

集荷に来てもらえる時間帯はその地域によっても異なりますが、だいたい多くの地域で8時〜19時の時間帯で集荷に来てくれます。

関連:郵便局にゆうパックやEMSの集荷を依頼する方法!電話番号や料金など

ヤマト運輸のヤマト便

ヤマト便の基本情報
送料 2,345円〜
サイズ 3辺合計200cm以内
重量 1荷物1個あたり30kg以内
発送場所 ヤマト運輸の営業所
追跡番号 あり
補償 あり

ヤマト運輸のヤマト便は通常の宅急便では荷物の送ることの出来ない大きな荷物や重たい荷物を送るための送り方で、荷物1個あたり3辺の合計が200cm、重量30kgまでの荷物を送ることができます。

ヤマト便ではゆうパックなどのように正確には170サイズといったサイズ区分はなく、あくまで距離と重量によって料金が変わるシステムとなってきます。

また、上で紹介したゆうパックの170サイズは、あくまで通常のゆうパックの最大サイズなのでコンビニからの発送も問題なく行えますが、ヤマト便では普通の宅急便とは違い、セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキといったコンビニからの発送は行えません。

◼︎みんなが使う王道なみかん箱型の170サイズダンボール

ダンボール箱 170サイズ






◼ヤマト便の送料

前述したとおり、ヤマト便では170サイズという区分はなく、あくまで距離と重量によって送料を算出します。ただし、この重量というのが少しややこしく、実際の荷物の重量と、容積換算重量を比較して、重たい方の重量で送料を計算します。

後者の容積換算重量というのは、荷物の3辺の重量から計算して導き出す特殊な重量区分で、計算式は荷物の縦(m) × 横(m) × 高さ(m) × 280 = 容積換算重量(kg)となっています。

わかりやすいように、例として上で紹介している60cm × 60cm × 42cmの170サイズダンボールで送る場合として計算すると計算式は以下の通りです。また、荷物の実際の重量は28kgと仮定します。

0.6(m) × 0.6(m) × 0.42(m) × 280 = 42.336(kg)

つまり、容積換算重量では約42kgとなり、この場合実際の重量28kgよりも重いので、容積換算重量の方で送料を計算します。42kgというのは、ヤマト便のサイズ区分では60kgまでの区分になります。

そして、60kg区分の荷物を栃木県からそれぞれの都道府県に送った場合の送料は以下の通りになります。

栃木県から栃木県のような同一都道府県内間で2,496円・栃木県から東京都(23区内)で2,712円・栃木県から大阪府(大阪市)で3,360円・栃木県から高知県で3,846円・栃木県から福岡県(福岡市)で4,191円・栃木県から北海道(札幌市)で4,137円・栃木県から沖縄県で7,978円

◼ヤマト便は集荷がおすすめ

ヤマト便はコンビニからの発送が行えないため、直接持ち込む場合はヤマト運輸の営業所しかありません。

しかし、かなり大きくて重いものを発送することがほとんどのヤマト便で自分で持ち込むのはかなり大変なため、無料の集荷サービスを利用することをおすすめします。

集荷の申込みは、電話もしくはインターネットの集荷の申し込みページから行います。

集荷に来てもらえる時間帯はその地域によっても異なりますが、だいたい多くの地域で朝9時くらいから19時(夜7時)までの間で指定可能となっています。

なお、ヤマト便は通常の宅急便よりも持ち込むのが大変な分、持込割引も若干高く設定されており、30kgまでの荷物で120円、50kgまでで140円、といったようになっています。しかし、集荷を利用した場合にはこの持込割引を受けることはできません。

ここが集荷を利用する場合のデメリットですが、自分で重たい荷物を持ち込む手間を考えると、集荷を利用する方が断然おすすめできます。

関連:ヤマト運輸(クロネコヤマト)に電話とネットで集荷を依頼する方法

佐川急便の飛脚ラージサイズ宅配便

飛脚宅配便の基本情報
送料 2,376円〜
サイズ 170サイズ
重量 50kg以内
発送場所 営業所
追跡番号 あり
補償 あり

飛脚ラージサイズ宅配便は佐川急便の大型の宅配便サービスで、通常の飛脚宅配便では扱えないような大型の荷物を運ぶために用意されている送り方です。

飛脚ラージサイズ宅配便で用意されているサイズは170サイズから260サイズまでで、最大重量は50kgまでとなっています。

飛脚ラージサイズ宅配便の発送方法は、ダンボールなどでしっかりと梱包した荷物を佐川急便の営業所へ持ち込むか、集荷サービスを利用して発送します。

佐川急便は日本郵便やヤマト運輸のように提携しているコンビニ自体が存在しないため、コンビニからの発送は行えません。

また、営業所自体も郵便局の窓口やヤマト運輸の営業所ほどはたくさんあるわけではないので、多くの方が集荷サービスを利用しています。

◼飛脚ラージサイズ宅配便の送料

飛脚ラージサイズ宅配便の送料は送る荷物のサイズと配送元と配送先の距離に応じて変わってきます。例として170サイズの荷物を栃木県からそれぞれの都道府県に送った場合の送料を以下に掲載します。

栃木県から茨城県で2,376円・栃木県から大阪府で3,078円・栃木県から山口県で3,348円・栃木県から福岡県で3,564円・栃木県から鹿児島県や北海道で3,888円

佐川急便では沖縄県への発送は発送する場所によっても別途料金が変わってきますので、詳しくは担当する営業所へお問い合わせください。

◼170サイズ以上は集荷がおすすめ

佐川急便では集荷サービスを利用せず、荷物を自分で営業所まで直接持ち込むと持込割引として送料から荷物1個につき100円を値引いてくれます。

しかし、170サイズ以上の荷物ともなると、かなりの大型でかつ重いものが大半のため、自分で持ち込むのはかなり難しくなっています。また、佐川急便の営業所自体も郵便局やヤマト運輸の営業所ほどたくさんあるわけでもありません。

そのため、170サイズの荷物であれば集荷サービスを利用するのがおすすめです。佐川急便の集荷サービスは荷物1個から無料で引き取りにきてくれます。

また、170サイズの荷物ともなればなかなか梱包材のダンボールを見つけることも苦労しますが、集荷の際にダンボールを持ってきてもらうように依頼すれば、有料でドライバーからダンボールを購入することもできます。

佐川急便での集荷の依頼方法は、最寄りの営業所へ電話で申し込むかインターネットの集荷依頼ページから行います。

東京都や大阪府の一部地域では集荷を24時間している場所もありますが、基本的には日本郵便やヤマト運輸と同様、朝から19時(夜7時)ぐらいまでの集荷となっています。

また、集荷自体は無料ですが、当然100円の持込割引は受けることはできません。

関連:佐川急便の集荷を電話とインターネットを使って依頼する方法

メルカリの場合



フリマアプリのメルカリの取引の際には、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便という2つの便利な発送方法が利用できます。

らくらくメルカリ便はメルカリがヤマト運輸と提携しているサービスで、同様にゆうゆうメルカリ便はメルカリが日本郵便と提携しているサービスです。

しかし、らくらくメルカリ便で送れるのは60サイズから160サイズまで、ゆうゆうメルカリ便で送れるのは60サイズから100サイズとなっており、170サイズ以上の荷物は送ることができません。

また、ヤマト運輸が配送を行う大型メルカリ便というサービスもありますが、こちらは主に家具の配送向けのサービスで、200サイズ以上の荷物を対象としており、送料も4,320円からとかなり高額になっています。

そのため、メルカリでの取引で170サイズの荷物を送る場合は、通常のゆうパックやヤマト便を利用するのが一番おすすめの方法です。

過去の実際の追跡結果

参考までに今回紹介したゆうパック・ヤマト便・飛脚ラージサイズ宅配便で送られた170サイズの荷物の過去の実際の追跡結果を以下に掲載します。

◼群馬県から福島県に1日で配達完了したゆうパック

状態発生日 配送履歴 取扱局 県名等
08/08 17:22 引受 太田郵便局 群馬県
08/08 19:42 中継 群馬南郵便局 群馬県
08/09 13:29 到着 喜多方郵便局 福島県
08/09 16:14 お届け先にお届け済み 喜多方郵便局 福島県

8月8日(火曜日)の夕方に群馬県太田市から発送されたゆうパックは、翌日の8月9日(水曜日)の夕方に配送先である福島県喜多方市に配達が完了しています。

◼静岡県から富山県に2日で配達完了したヤマト便

荷物状況 日付 時刻 担当店名
発送 06/19 20:33 浜松若林センター
配達完了 06/21 10:11 氷見阿尾センター

6月19日(月曜日)の夜に静岡県浜松市から発送されたヤマト便は、6月21日(火曜日)の午前に配送先である富山県氷見市に配達が完了しています。

◼︎東京都から神奈川県に1日で配達完了した飛脚ラージサイズ宅配便

荷物状況 日時 担当店名
↓集荷 06/22 10:51 江東営業所
↓輸送中 06/22 18:03 関東中継センター
↓配達中 06/23 07:16 川崎新羽営業所
⇒配達完了 06/23 10:00 川崎新羽営業所

6月22日(金曜日)の午前に東京都江東区から発送された飛脚ラージサイズ宅配便は、翌日の6月23日(土曜日)の午前に神奈川県横浜市の配達先に配達が完了しています。

関連:170サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便60サイズの荷物を安い郵送料金で送る発送方法と梱包方法
郵便ポスト厚さ1cm以上の荷物を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
郵便ポスト厚さ2cm以上の荷物を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
郵便ポスト厚さ5cm以上の荷物を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
郵便ポストA4サイズの封筒を安い郵送料金で送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ